パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート

THE COFFEE CLUBで日本式カツカレーライスとタイティー

投稿日:

コーヒーチェーン店であるThe Coffee Club(コーヒークラブ)。
どうやら発祥はオーストラリアらしいのだが、タイにも店舗が多い。
パタヤでは、ターミナル21やロイヤルガーデンなど。
ローカルカフェと比べると、価格は高めで、スターバックスと似たような印象。
コーヒークラブの存在は長年知っていても、これまで利用したことはない。
と、例によって、フードデリバリーアプリを眺めていると、コーヒークラブを発見。
しかも大幅割引中。料理はカツカレーときたものだ。
これはオーダーするしかない。

SPONSOR LINK

COFFE CLUBのデリバリー

コーヒークラブのデリバリーメニューはこんな感じ。

コーヒークラブフードパンダデリバリー (2)

アイスコーヒーが125バーツ。
ローカル系カフェの倍以上はする。

フードメニュー多数あり。こちらも良い価格。
ただ、プロモーションも多い。

コーヒークラブフードパンダデリバリー (1)

チキンシュニッツェルが49%引きで199バーツ。
チキンカツカレーは40%引きで199バーツ。
ということは、元値は350バーツ以上する。

が、カツカレーにはさらにお得なプロモーションもあり。

コーヒークラブフードパンダデリバリー (3)

Curry set with Iced Tea が199バーツ。
カツカレーとアイスティーのセットでも、カツカレー単品と同じ価格である。
これにしよう。
元値は445バーツ。えぐいね。日本より高い。

コーヒークラブフードパンダデリバリー (4)

カレーは、カツカレーかマッサマンカレーを選択可能。むろんカツカレーで。
ティーは、タイティーかグリーンティーで。これはタイティーで。

199バーツ以上のオーダーで60バーツ割引となるバウチャーがあったので利用。配達料は無料だ。
元値445バーツのところ、最終的な支払額は139バーツに。

コーヒークラブフードパンダデリバリー (5)

ありえないレベルの割引率だが、こうでもしないと、なかなかコーヒークラブではオーダーできない。

SPONSOR LINK



チキンカツカレーとタイティー

20分ほどできちんと出前されてきた。
ドリンクはこぼれないよう固定されている。

The Coffe Club コーヒークラブのカツカレーとタイティー (1)

まずはカレーライスから。

The Coffe Club コーヒークラブのカツカレーとタイティー (2)

ご飯、目玉焼き、別容器に入ったカレールー、チキンカツのセット。

ルーの蓋を開けると、紛れもなく日本式カレーの香りが漂ってくる。

The Coffe Club コーヒークラブのカツカレーとタイティー (3)

でも量は少なめ。決して甘ったるいわけではないが、甘口のカレー。
ご飯にかけてカレーライスにする。
うん、普通においしいカレーライスだ。

The Coffe Club コーヒークラブのカツカレーとタイティー (4)

チキンカツはコロッケみたいな形をしている。なぜか、ネギと刻み海苔がのっている。和風を意識したか。
衣の付け方といい揚げ加減といい肉の質といい、なんとも丁寧だ。
味も上品で落ち着いている。

食べかけで汚いが、カツの中身はこんな感じ。

The Coffe Club コーヒークラブのカツカレーとタイティー (5)

上質の胸肉のようで、柔らかくてジューシー。うまい。
ソースを掛け足してやろうかと思ったが、なんだか下品な気がしてそのままカレーとご飯と一緒に食べる。
実にマイルドな味わい。

カツとご飯の量はそこそこあり、ルーは少ないものの、腹は充分に膨れる。

上品な見た目。調理も丁寧。味も上品。
まさにこれが外資系おしゃれカフェの日本式カツカレーといったところか。

The Coffe Club コーヒークラブのカツカレーとタイティー (8)

アイスタイティーは、いたって普通。
街角のドリンク屋台のアイスティーよりも上品な味はする。
たしかにいい茶葉は使ってそうだ。
甘さもやや控えめ。
ただ、ローカル向けの安いタイティーと、そこまで大きな違いはないかと。
コーヒーなら、25バーツの屋台アイスコーヒーと、外資系コーヒーショップではかなり違いがあるが、タイティーではそんなに変わらない印象がする。

なお、出前の袋にはコーヒークラブのチラシも入っていた。

The Coffe Club コーヒークラブのカツカレーとタイティー (6)

Buy 1 Get 1 Freeもやっているようだ。
二人でいけば、ドリンク代は安くなりそう。
他にも店舗限定のバリューセットもあり。

The Coffe Club コーヒークラブのカツカレーとタイティー (7)

元値は高いが、こういったプロモーションを活用すれば、コーヒークラブでも安く楽しめそう。

パタヤの宅配カツカレーでは、カレーブラブラがおすすめ。

関連記事:パタヤの新しい日本カレー屋、Curry Blah Blah。トンカツ、ふわふわオムレツ、ニンニクチップのせカレーは日本の味。

パタヤの出前生活はやめられない。
プロモーションとバウチャーのダブル利用すれば、実店舗よりも安く食べられる。

SPONSOR LINK

-グルメレポート

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.