*

ソイブッカオ、ブアカーオ、ボッカオ、ブーカオ、ブァッカーオ?どれが正しいの?

公開日: : エッセイ


タイやタイ語に関する日本語の文章を書いていると、どうしても悩ましいのが、カタカナ表記だ。
どこまで実際の発音に近づけて書くべきなのか、独自の表記にすべきなのか、それとも人口に膾炙している表記をそのまま使うべきなのか、そもそも自分の聞き取り能力は正しいのか。
などなど、実に悩ましい。

実際、タイ語の教本では、タイ語のプロが書いていても、それぞれカタカナ表記が違っていたりする。
「美しい」が「スワイ」だったり「ソワエ」だったりと、おいおいどっちなんだよ、とタイ語学習初期の頃は突っ込みたくなったものだ。

まあ、いつもブログを書くときは、その時の気分でテキトウにカタカタ表記している。

カノムヂンだったり、カノムジーンだったりするし、
ムートートだったり、ムゥトーッだったりする。

過去の記事を漁れば、同じものを違う表記していることもある。

ソイブッカオ?

で、そんな中、一貫しているのは「ソイブッカオ」。
これはずっとブッカオと表記している。

わたしはタイ文字が苦手だが、おそらくタイ語でブッカオはこう書くはずだ。

บัวขาว

現地のアルファベット表記だと、「BUAKHAOW」とか「BUAKHOUW」とか「BUA KHAO」となる。

ソイ15の標識
ソイブッカオ標識

ブッカオクリニックの看板
ブッカオクリニック

ブアが蓮、カーオが白色で、合わせると「白い蓮」という意味だ。

K1でも活躍していたムエタイ選手のブアカーオ・プラムックのブアカーオと同じ。

表記どおりに普通に発音すれば、ブアカーオとなる。

が、パタヤに滞在して思うことは、誰も「ブアカーオ」とは発音していないこと。

実際の発音は、縮まって「ブッカーオ」みたいな感じになる。
丁寧に「ブア カーオ」と分けて発音する人はまずいない。
タイ人は一息に「ブッカーオ」と発音する。
(少なくとも日本人のわたしにはそう聞こえる。)

でも、日本語読みでブッカーオと平坦に発音しても通じにくい。
ややボッの音に近いようなブッの音で始めて、続けざまにカーォゥみたいに発音する。
声調もあるわけで、カタカナだけでは表現しようがない。

おそらく、蓮を表すブアの声調が日本人にはまったく馴染みのないせいかと思われる。
「飽きる」のブアはわりと簡単な発音なのだが、蓮のブアはちょっとむずかしい。
それにくわえて、次に続く「カオ」とリンキングするものだから、さらにややこしくなってしまうのだ。
これは、別々の単語が組み合わさった熟語ではなくて、「ブッカオ」という一つの単語として捉えるべきなんだと思う。

ついでに言うと、「ソイ」も実際には「ソーイ」とやや延ばしたような音だと思う。
タイ人相手にタイ語で会話するときは、「ソーイ」と発音している。でも、日本人相手に日本語で会話する時は普通に「ソイ」と延ばさずに平坦なイントネーションで発音。
慣れてくると普通に使い分けできる。

ブッカオも同じ。
ブログ上はブッカオと表記していて、日本人同士で会話する時はブッカオと平坦に発音しているが、実際にタイ人やファラン相手に話す時は、「ブッカーォゥ」みたいに発音している。

さらに言うと、カオも同じ。
ご飯を食べるなら、「ギンカーオ」と延ばして発音している。でも「カオパット」のように頭にカオが来る場合は、ほとんど延ばさずに発音している。
それで問題なく通じている。

よって、カタカナで表記するなら「ソーイ ブッカーォゥ」が現地での発音の近似値なのだろうけど、もう面倒なので慣例にしたがい「ソイブッカオ」にしてある、といった次第。

ブッカオでも、ブアカーオでも、ボッカオでも、ブーカオでも、ブァカーオでも、ブァッカーォゥでも好きにすればいいと思う。
正解なんてない。どれも間違いだ。

もうこのあたりは、タイ人が発音しているのを耳で聞いて、実際に自分であれこれ発音してみて通用度を上げていくしかない。
自分で発音してみてタイ人に通じたものが正解だ。

もともと発音の違う外国語を正確な日本語表記にすることなど不可能なのだ。
しかも現地では教科書通りの発音をしないことも多い。
細かいことを気にしたってしょうがない。
あくまでカタカナ表記は参考程度にしておいて、あとは実践あるのみ。
言葉は道具だ。
いくら理屈をこねたって、通じなければ意味はない。

最後に

これはパタヤで働いているタイ人の発音を基にしています。
ひょっとして、いわゆる中流階級上流階級のタイ人の上品な発音は違うかもしれない。

が、年間100日以上のブッカオ滞在をここ3年ほど続けてきた経験上、「ブアカーオ」と綺麗に発音するパタヤのタイ人には、お目にかかったことがありません。

蓮の実を食べた記事で少し書いたけれど、その時説明してくれたタイ人は、わざわざ「ブアカーオ」と丁寧に発音して説明してくれた。この時、はじめて「ブアカーオ」と綺麗な発音を耳にしたくらい。

かといって、ブアカーオが間違っているわけでもないし、ブッカオが正しいわけでもない。

繰り返しになるけど、正解なんてない。
実際に通じた発音が正解だ。

そんなわけで、これからも「ソイブッカオ」と表記していきますが、わたしの頭の中では現地での発音が鳴っております。読者におかれましても、自分流の発音に脳内変換しながら読んでいただきたく存じます。

ああ、タイ語は、悩ましい。

 

タイ語のカタカナ表記の悩ましさについては、以下の本がとても参考になります。秀逸なエピソード満載の好著。登場するタイ語は全部覚えましょう。

関連記事:パイナイ?と聞かれたら、こう答えろ。とにかく便利なタイ語、ミートゥラ。

SPONSOR LINK

関連記事

タイ観光局統計

タイ・パタヤの観光客数。その人数と消費金額など。パタヤだけで数千億円?

先日、2014年度のタイへの旅行者数の統計が発表された。 このニュース記事で知った。 P

記事を読む

ウォーキングストリート夜景2015年2月

パタヤでなるべく安く夜遊びする方法は?値引き交渉とバーファイン代ゼロを目指す

円安とチップの高騰により、遊びづらくなってきた感のあるパタヤ。 それでもやっぱりパタヤが好

記事を読む

Gダイアリー

Gダイアリー最新号発売。今月号から日本国内は電子版のみの発行。

毎度おなじみ、紳士の雑誌「G-Diary」が発売になった。 が、以前から周知されていた

記事を読む

イサーン語スラング

タイ語学校では教えてくれないイサーン語スラング。でも使っちゃダメよ。

英単語でイサーン語の発音ができるというおもしろい画像のご紹介。 それもイサーン語のスラングです。

記事を読む

Gダイアリー

久々にGダイアリーを購入してみたら最強マップが増えていた

タイ好きの紳士の雑誌といえばGダイアリー。 購入したのは、G-DIARY2015年11月号。目下の

記事を読む

ウォーキング夜景 1

ゴーゴーバーから立ちんぼまで。タイ夜遊び旅行初心者一名様パタヤご案内

今年(2014年)の1月、パタヤに沈没していた時の話。 日本の知人が4人でパタヤへ遊びにき

記事を読む

ソンクランバービア嬢

ゴーゴーバーに転職するバービア嬢。田舎っ子Pちゃんがスレっ子へ。

パタヤに星の数ほど存在するバービアとそこで働くバービア嬢たち。 そのほとんどが、年齢的にもルックス

記事を読む

addiction

タイの夜の女性たちの薬物使用について。ヤーバーとヤーアイス

オブセッションの夜 去年、パタヤに沈没していた頃の話。 懇意にしているバービア嬢がいた。 夜中

記事を読む

スーパーガール2

スーパーガール閉店(?)について思うこと

ここ最近、珍しくウォーキングストリートへ顔を出す機会が多い。 すると、夜だというのに、ソイ

記事を読む

コンビニのペットボトル

セマクテ?シンメチョーダイ?キクアノネ?ミヤビ。タイで耳にするよくわからん日本語。

パタヤに限らず、タイで遊んでいると、変な日本語にでくわす機会が多い。 商品名が奇妙な日本語表記して

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 芽きゃべつ より:

    確かにタイ語の発音は通じにくいですよね。
    私など気にしないで発音を変えて相手が理解してくれるまで
    繰り返しています、でもそれも少ないですね ほとんど判ってくれますので日本語タイ語丸出しに<そい・ぼっかお><すわい>の様に発音しています。外国人が喋ればタイ人も理解しようとしてくれるので それ程気を遣わなくて楽ですが、ブログ等の記事にする時にはやはり考えますよね、まあ気楽に面白い食べ物ネタをお願いいたします。

    • pattayan night より:

      パタヤのタイ人には外国人のなんちゃってタイ語はかなり通じやすいですね。
      タイの田舎へ行くと、かなり通じにくくなります。声調がちょっと違うと、さっぱりわかってもらえないこともしばしばです。

  2. 緑のキツネ より:

    始めまして
    最近発見して楽しく見させて頂いております
    いいですねーパタヤ 会社員の短期出張組なんで
    滞在はシラチャで日帰りでご飯食べに行く
    くらいですが 自分も住んでいる様な気分が
    味わえます
    今度の訪泰時(といっても半年先)は
    週末一泊なんてサイコーと勝手に妄想してます
    シラチャからバスで行くとしたら
    お勧めのホテルなんかありませんかね?

    • pattayan night より:

      はじめまして。
      シーラチャーからバスですと、スクンビット下車ですね。
      結局、安くて便利なのはソイブッカオ周辺なんで、ブッカオまで移動になります。
      ドゥアンナムインというホテルはちょっと古めですが、ベランダもプールもあって快適で、おすすめです。
      こちら

  3. 緑のキツネ より:

    ご返信ありがとうございました
    なるほど管理人様の常宿ですね 参考にさせて頂きます
    もしお会いするような事がありましたら
    よろしくお願い致します

    • pattayan night より:

      いえいえ、どういたしまして。
      ドゥアンナムインは、以前の定宿です。さすがに月極だと、それなりに高いもので。

  4. 高田 より:

    >シラチャからバスで行くとしたら、 お勧めのホテルなんかありませんかね?

    シラチャからパタヤへは現在は大型バスはありません。
    全てミニバス(ロットー)になっています。
    ロビンソンデパートの向かい側から乗車します。
    パタヤのセントラル(パタヤ・カーンと言うと通じます)で降車し、歩道橋を渡り、ビーチ側に出ます。
    セントラルパタヤ通りにはノースパタヤ方面行きのソンテウが客待ちしています。
    これに乗って、ソイ・ブカオの入り口で降車し、サウスパタヤ行きのソンテウに乗り換えます。
    面倒な方は、ミニバスを降りたらバイクタクシーが客待ちしてるので乗ればいいです。
    ソイ・ブカオ近くのソイ・レンキーには500~800Bの手頃なホテルが山ほどあるので予約無しでもOKです。

    ★なお、ソイ・ブカオの発音ですが、「ブッ」ではなく「ブ」、「カーオ」ではなく「カオ」が、タイ人の発音では多数派です。

    • pattayan night より:

      パタヤカンとスクンビット交差点の道路工事のせいで歩道橋まで遠回りするのがちょっと大変になりましたね。汗だくになります。
      ブカオは、はじめて聞いた表現ですね。たしかに、ブとカオの間はほとんどありません。

  5. 鈴木 より:

    自分は知りたい発音の文字が分かるときははgoogle翻訳の発音を聞くボタンでチェックしてます。
    翻訳の精度は別として、発音は概ねネイティブと変わらない気がします。

    https://goo.gl/1c2bkf

    • pattayan night より:

      コメントありがとうございます。もちろん、わたしもグーグル翻訳の読み上げ機能使ってますよ。
      翻訳はむちゃくちゃなケースが多いですね。特に日本語タイ語間の文章はひどいです。わたしは英語タイ語で使っています。
      タイ語の単語単位の発音は問題なさそうです。文章になると、ちょっと怪しくなりますが。

アドステア

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

→もっと見る

PAGE TOP ↑