*

ファランころがしの熟女バービア嬢

先のパタヤ滞在中の話。

ソイダイアナバービア群

バービア群をうろうろしていると、遠くからわたしの名前が呼ばれた。

声の主は、知り合いのバービア嬢だった。
年齢は35歳くらいで、二年ほど前からの知り合い。
店を転々としているようで、最近姿を見かけなくなっていた。
こんなところにいたのか。

せっかくの再会なんで隣に座って一緒に飲む。

が、彼女はこのバーで働いているわけではない
ファランの上客を何人も抱えており、単に暇つぶしで友だちのいるバービアに飲みに来ているだけだ。
ついでに新たな客となりそうなファランを見つけられたらラッキーといったところか。
いわばフリーランスのバービア嬢のような存在。

現在は、スウェーデン人をつかまえて、よろしくやっている。
そのカレが、深夜まで飲み歩いており、電話がかかってくるのを待っているそうだ。

35歳の彼女。
失礼な言い草で申し訳ないが、一般的な日本人男性から見たら、おおよそペイバー対象からは外れるであろう容姿をしている。決して美人でもなければ、スリムでもない。
35歳というと、日本ではまだ熟女と呼べない年齢かもしれない。でも、イサーンから出てきた35歳の女性たちは、わたしの目からは熟女に見えてしまう。
彼女は、そんなどこにでもいそうな熟女バービア嬢だ。
でも、ファランには大人気。

性格はとても明るくて、なおかつ甘え上手。
男心を絶妙にくすぐってくる。
英語のスピーキングもうまい。
たしかにファランから人気があるのもうなずける。

つねに複数のファランを転がしている。

わたしも実際にそのうちの一人や二人を紹介されたことがある。

マイダーリンよ、うふっ

おい、ダーリンが何人いるんだよ、まったく。
他にもいっぱい男がいるって、そのファランにばらしてやろうか。

お相手は、だいたい50代から上は70歳くらいまでのファラン。
おとなしめの初老のファランが多い印象。

彼女とファランがバービアに飲みに来るとする。
まわりには彼女の友だちのバービア嬢が何人もいて、一緒に飲むことになる。
その輪の中にわたしもお呼ばれする。
バービア嬢同士の会話はもちろんタイ語で、わたしも会話に参加する。
すると、タイ語のわからないファランは完全に蚊帳の外となってしまう。

たまに、彼女がファランをフォロー。
ついでにドリンクもおねだり。
彼女にデレデレのファランは、もちろんオッケーして、彼女やバービア嬢たちにドリンクを奢る。
なぜか、わたしにもドリンクがまわってくるという寸法。
わたしは、このパターンでタダ酒を飲むケースがとても多い。

蚊帳の外におかれ、ドリンクをたくさん奢らされていても、ファランはニコニコ顔だ。
みんなハッピーなんで、これでよし。

 

まあ、とにかくファラン転がしの名人だ。
過去、最高で月7万バーツの送金を受けていたらしい。

パタヤ滞在中で一緒に過ごしているファランがいても、隙を見ては別のファランにビデオコール。
で、お約束の「I miss you」「I love you」

もう節操の無さがすごい。
だが、当の本人はあっけらかんとしたものだ。

だって、これが私の仕事で、私はカネを稼ぐ必要があるの、悪いことじゃないでしょ

うん、確かにそのとおりだ。
反論の余地はない。
彼女や彼女と同じようにパタヤへ出稼ぎにきている女性たちは、カネのために働いているのだ。

最後は、数あるファランの中から結婚相手をつかまえて、イサーンの故郷に大きなファラン御殿を建ててもらい、子どもも作れば、一丁上がり。
イサーンにおいては、最高レベルの大出世コース。人生の勝ち組だ。

がんばってね~

 

バービアで35歳の彼女としばらく歓談。
ほどなくして、スウェーデン人ファランから連絡が入る。
これから合流して夜を過ごすようだ。

お互いにチェックビン。
楽しい酒だった。

一緒に店を出る。
彼女は左へ、わたしは右へ。

パタヤにいる限り、またどこかで会えるに違いない。
たぶん、違う男をつかまえているだろうけど、それはそれだ。

うん、自分のため、家族のため、かんばってほしい。

若さという武器は失っているが、器量と愛嬌とコミュニケーション能力でのし上がっていく熟女バービア嬢たちのしたたかさと生命力には、ほんと、感服させられるのであった。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

禁酒日コンビニのお知らせ

タイ禁酒日2016年。パタヤの禁酒日の夜の遊び方。

2016年タイの禁酒日(酒類販売禁止日)カレンダー 2月22日(月):マカブーチャ(万仏祭) 5

記事を読む

スクリーンショット_061516_074709_PM

Gダイアリー最新号のタイ夜遊びブログ34選と、わたしのお気に入りブログ

紳士の雑誌「G-DIARY」最新2016年7月号に気になる記事があったので購入してみた。 タイ

記事を読む

りんな (2)

【ネタ】謎のJKりんなちゃんにペイバー交渉してみた

突如としてLINEに現れた女子高生りんな。 今、巷で話題沸騰中だ。 世の男どもは、何とか

記事を読む

カシコーン銀行パタヤブッカオ支店

コヨーテ嬢からの送金依頼来たる。送金してしまう男の気持ちとは?

送金依頼 パタヤ滞在中にずっと付き合っていたコヨーテ嬢。 日本に帰ってからも、そのコヨー

記事を読む

サメット島バービア嬢2

パタヤガールとの初めての小旅行はサメット島だった。ちょっと淡くも苦い思い出。

バービア嬢との出会い もう何年も前の話。 2回目のパタヤ訪問時に、スワンナプーム空港閉鎖

記事を読む

bangkok

バンコク夜遊び最新情報2015年2月。パタヤとバンコクをちょっとだけ比較してみる。

パタヤからバンコクへ向かった友人のバンコク夜遊び情報をいくつか紹介。 この友人は、最初

記事を読む

Gift

カラオケ嬢が欲しがるお土産は3つ。でも最高のお土産はアレだよ。

タイ訪問まであと少しだが、カラオケ嬢とは毎日のようにLINEのビデオコールでやりとりしている

記事を読む

pattaya-investigation

パタヤのバーガールの浮気を調査せよ

タイの日本人浮気調査 前回の記事で、タイの私立探偵についての本を取り上げた。 これはバンコクで探

記事を読む

体重計

ゴーゴー嬢のウエストは何センチ?ゴーゴーバーへはメジャーとお菓子を持っていこう

体重とスリーサイズ タイのゴーゴーバーやバービアでは、女性に体重を聞いてもオッケー。 少々恥ずか

記事を読む

ウォーキングストリート夜景2015年2月

パタヤでなるべく安く夜遊びする方法は?値引き交渉とバーファイン代ゼロを目指す

円安とチップの高騰により、遊びづらくなってきた感のあるパタヤ。 それでもやっぱりパタヤが好

記事を読む

アドステア

アドステア

Tom yum noodle pattaya tai (5)
ポークリブ満載の無骨な男のトムヤムラーメンふたたび

パタヤタイにあるトムヤムスープのクイティアオ屋。 こ

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

Walking street 201704 Palace
GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリ

→もっと見る

PAGE TOP ↑