パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

エッセイ

ファランころがしの熟女バービア嬢

投稿日:

先のパタヤ滞在中の話。

ソイダイアナバービア群

バービア群をうろうろしていると、遠くからわたしの名前が呼ばれた。

声の主は、知り合いのバービア嬢だった。
年齢は35歳くらいで、二年ほど前からの知り合い。
店を転々としているようで、最近姿を見かけなくなっていた。
こんなところにいたのか。

せっかくの再会なんで隣に座って一緒に飲む。

が、彼女はこのバーで働いているわけではない
ファランの上客を何人も抱えており、単に暇つぶしで友だちのいるバービアに飲みに来ているだけだ。
ついでに新たな客となりそうなファランを見つけられたらラッキーといったところか。
いわばフリーランスのバービア嬢のような存在。

現在は、スウェーデン人をつかまえて、よろしくやっている。
そのカレが、深夜まで飲み歩いており、電話がかかってくるのを待っているそうだ。

35歳の彼女。
失礼な言い草で申し訳ないが、一般的な日本人男性から見たら、おおよそペイバー対象からは外れるであろう容姿をしている。決して美人でもなければ、スリムでもない。
35歳というと、日本ではまだ熟女と呼べない年齢かもしれない。でも、イサーンから出てきた35歳の女性たちは、わたしの目からは熟女に見えてしまう。
彼女は、そんなどこにでもいそうな熟女バービア嬢だ。
でも、ファランには大人気。

性格はとても明るくて、なおかつ甘え上手。
男心を絶妙にくすぐってくる。
英語のスピーキングもうまい。
たしかにファランから人気があるのもうなずける。

つねに複数のファランを転がしている。

わたしも実際にそのうちの一人や二人を紹介されたことがある。

マイダーリンよ、うふっ

おい、ダーリンが何人いるんだよ、まったく。
他にもいっぱい男がいるって、そのファランにばらしてやろうか。

お相手は、だいたい50代から上は70歳くらいまでのファラン。
おとなしめの初老のファランが多い印象。

彼女とファランがバービアに飲みに来るとする。
まわりには彼女の友だちのバービア嬢が何人もいて、一緒に飲むことになる。
その輪の中にわたしもお呼ばれする。
バービア嬢同士の会話はもちろんタイ語で、わたしも会話に参加する。
すると、タイ語のわからないファランは完全に蚊帳の外となってしまう。

たまに、彼女がファランをフォロー。
ついでにドリンクもおねだり。
彼女にデレデレのファランは、もちろんオッケーして、彼女やバービア嬢たちにドリンクを奢る。
なぜか、わたしにもドリンクがまわってくるという寸法。
わたしは、このパターンでタダ酒を飲むケースがとても多い。

蚊帳の外におかれ、ドリンクをたくさん奢らされていても、ファランはニコニコ顔だ。
みんなハッピーなんで、これでよし。

 

まあ、とにかくファラン転がしの名人だ。
過去、最高で月7万バーツの送金を受けていたらしい。

パタヤ滞在中で一緒に過ごしているファランがいても、隙を見ては別のファランにビデオコール。
で、お約束の「I miss you」「I love you」

もう節操の無さがすごい。
だが、当の本人はあっけらかんとしたものだ。

だって、これが私の仕事で、私はカネを稼ぐ必要があるの、悪いことじゃないでしょ

うん、確かにそのとおりだ。
反論の余地はない。
彼女や彼女と同じようにパタヤへ出稼ぎにきている女性たちは、カネのために働いているのだ。

最後は、数あるファランの中から結婚相手をつかまえて、イサーンの故郷に大きなファラン御殿を建ててもらい、子どもも作れば、一丁上がり。
イサーンにおいては、最高レベルの大出世コース。人生の勝ち組だ。

がんばってね~

 

バービアで35歳の彼女としばらく歓談。
ほどなくして、スウェーデン人ファランから連絡が入る。
これから合流して夜を過ごすようだ。

お互いにチェックビン。
楽しい酒だった。

一緒に店を出る。
彼女は左へ、わたしは右へ。

パタヤにいる限り、またどこかで会えるに違いない。
たぶん、違う男をつかまえているだろうけど、それはそれだ。

うん、自分のため、家族のため、かんばってほしい。

若さという武器は失っているが、器量と愛嬌とコミュニケーション能力でのし上がっていく熟女バービア嬢たちのしたたかさと生命力には、ほんと、感服させられるのであった。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新)


-エッセイ
-,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.