*

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。


酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。
タイ料理なら、ジョークである。

連日連夜の飲み歩きと、連日連夜のタイ飯で、わたしの胃袋はすっくりくだびれている。
でもバービア通いはやめられない。
そんな折、真夜中に近い夜11時ころ、ふと見かけた一台の屋台。
あの大きな鍋はきっと、ジョークに違いない。

ジョーク屋台 (2)

知り合いのタイ人に聞いてみると、やはりジョーク屋台だと。

さっそく、注文してみた。

SPONSOR LINK

屋台のジョーク

ジョークとは、お粥のこと。
ご飯粒が原型をとどめないほどに煮込んである。

ジョーク屋台 (3)

大きな鍋からすくう。
具材は好きなものを指定。
わたしは、普通の豚肉とゆで卵(カイトム)入りで。
豚の肝臓入りでもいいかもね。

ジョーク屋台 (1)

ゆで卵が三種類おいてあるが、白色は塩漬け卵で普通のゆで卵ではないので、要注意。ピンク色はピータンだ。
薄茶色のものが普通のゆで卵。カイトムと注文すればオッケー。

店によっては、半熟卵がデフォルトでついてくる。

あとは、パクチーとしょうが(キン)とにんにくチップがデフォルトで添えられる。
苦手な人は、それぞれ「マイサイパクチー」「マイサインキン」「マイサイガティアム」と告げよう。

今回の屋台ジョークのできあがりはこんな感じ
ジョーク (1)

スープに味は、ほとんどついていない。
唐辛子や酢など、おなじみの調味料で味付けする。

ジョークの味付けで特徴的なのは、中華醤油みたいなやつ。
タイ語で「シーイウ」。
ショウユとよく似ているから、おそらく語源は同じ中国語だろう。
白醤油(シーイウカオ)と黒醤油(シーイウダム)があるそうで、ジョークに入れるのは白醤油。

たぶん、これが白醤油。黒いけどなぜか白醤油。黒醤油は炒めもの用らしい。
ジョークの醤油

ジョークを出す屋台や食堂には必ず置いてある。
これで味付けすると、ほどよい味に。

ジョーク (2)

ピンぼけ写真で申し訳ないが、ジョークの横に調味料が置いてある。
ナンプラーの左横にあるのが、中華醤油。
ナンプラーよりも、こっちをかけるべし。

唐辛子や酢をちょろっと足すと、味に変化が出ておもしろい。
が、入れ過ぎると、せっかくのあっさり味が台無しなのでほどほどに。

味を整えたら、かき混ぜてから、レンゲで食べる。
うん、これなら、疲れきった胃腸にも優しい。

油っこいタイ料理とビール三昧の日々には、こういったあっさりした料理が五臓六腑にしみわたる。

カオトムとジョーク

ジョークと似たような料理に「カオトム」がある。こちらは、雑炊に近い。

カオトムは、一般的なタイレストランや食堂には置いてあるかな。
日中でも普通に食べることができる。
ブッカオの名無し食堂でも何度も食べたことがあるけど、量が多すぎて、わたしは完食できたことがない。
ジョークに比べると、スープに味がついている。そのままでも食べられる。

「パックブンロイファー」のように、レストランによっては、味なしのプレーン雑炊「カオトムパオ」も提供している。
これは白ご飯のかわりに食べるもので、味はまったくついていない。

一方、パタヤの中心部で、ジョークが食べられる店はそれほど見かけない。
早朝と深夜の食べ物らしくて、その時間帯だけ屋台が出没するケースが多いようだ。
市場では、ちょこちょこと目にするかな。袋詰して売ってある。

ブッカオ近辺でジョークが食べられる店は少ない。
たぶん、ビーチロードやセカンドロードではほとんどない。

ブッカオの常設市場近くにあるロータス前の固定屋台。
ここは、昼過ぎか夕方くらいから営業しているジョーク屋。

ロータス前のジョーク屋

こだわりのジョーク屋で、最初わからずに「カオトム」と注文したら、「カオトムマイミー」と怒られた。
写真付きのメニューもあるんで、注文は簡単。
何度か食べたことがある。味もいいよ。
タイ人もよく食べに来ている。

ソイエキサイトとサードロード交差点にあるファミリーマート前の食堂。
ソイエキサイト食堂2

ここは昼間からジョークを提供している。
味はそこそこいける。

以前食べた時の写真。ここは半熟卵がデフォルトでついてくる。
ジョーク1

こちらは肝臓入り
ジョーク肝臓入り

 

あとは、夕方以降になると、サードロードにちらほらと屋台食堂が現れるかな。

前述のとおり、夜遅い時間帯になると、バービア街にジョーク屋台が出没するケースが多い。
バービアで働く人達がよく購入している。夜食にぴったりだ。

わたしは早起きしないので詳細はまったく不明ながら、早朝の時間帯にもジョーク屋台が出現するようだ。むしろ、早朝がメインかもしれない。

もともとは中華料理のはずで、中華系の比較的少ないパタヤではあまり見かけないのかも。
バンコクなら、ヤワラーなんかでは朝からお粥が食べられる店が多いと思う。
昔、バックパッカーをやっていた頃、ヤワラーに宿泊して朝からお粥を食べていた覚えがある。

まあ、日本でもタイでも、お粥は病人や体が弱っている人の食べ物と見られているんで、どこでも食べられるものではなさそう。
見かけた際は、ぜひジョークを注文してみてほしい。

コンビニのカップジョーク

どうしても食べたい時は、コンビニへどうぞ。
カップジョーク、CUP JOKという名前で売っています。
15バーツくらいだったような。
カップなしで、粉だけ買うと、さらに安い。

カップジョーク

湯を注げばできあがり。
底に固まりが残りやすいので、熱湯のうちによくかきまぜておきましょう。

言わずもがなですが、タイのコンビニはレジで精算する前に商品を開封して湯を注いでオッケーですよ。
なんなら、ジュースだって先に飲みきっても大丈夫。
カラになったビンのバーコードを読み取って、きっちり支払うシステム。
どうせカネを払うんだから、先に食べたっていいじゃない。
ある意味、合理的。

まあ、しょせんは、カップジョーク。
米粒の原型はほとんどなくなり、単なる白いペースト状の物体と化している。
味に期待は禁物ですが。

(参考図書)

SPONSOR LINK

関連記事

バンコク銀行ATM (1)

タイのATMや銀行窓口を使ってタイ国内送金する方法(バンコク銀行)

ごくごく一般的な旅行者には特に必要はないだろうが、熱心なリピーターとなってタイ人の知り合いが増え

記事を読む

小鳥の丸焼き屋台 (2)

小鳥の丸焼き、ノックヤーン屋台

変わり種のタイ屋台料理シリーズ。 バービア群でかわった屋台を発見した。 何やら棒

記事を読む

スクリーンショット_030616_073717_AM

本日朝10時からスクートがプロモ開始。バンコクまで8000円。

何かというとプロモーションばかりやっている印象のLCC、スクート(SCOOT)。 今回のプ

記事を読む

マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーがうまいブッカオとパタヤカン交差点のぶっかけ飯屋

ソイブッカオの北端、パタヤカン(セントラルパタヤロード)との交差点付近に出ているぶっかけ飯屋があ

記事を読む

ハーバーパタヤKFC (1)

ハーバーパタヤのKFCはお得。セット90バーツ、BOX99バーツ。あと十勝豚丼のチョコカレー。

タイの外資系ファストフードといえば、KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)かマクドナルドだろう

記事を読む

シーフードトムヤムスープクィティアオ屋 (3)

これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋。

少し前の沈没日記で取り上げたサードロードにあるクイティアオ屋。 満席で座れなかったり、

記事を読む

FRYDAYのフィッシュアンドチップス (5)

99バーツのフィッシュ&チップスがボリューム満点でうまい店、FRYDAY。ソイニュープラザにあるよ。

パタヤにあるフィッシュ・アンド・チップスの有名店を紹介したい。 たぶん正式な店名は、「EV

記事を読む

ブッカオ沿いイサーン屋台 (1)

ソイブッカオ沿いの新しい屋台群のイサーン料理屋。トムセーブがうまい。コームーヤーンもあるよ。

ソイブッカオの通り沿いに新しい固定屋台群ができている。 場所は、LKメトロから行くなら、北へ向

記事を読む

タマリンドシャーベット

タマリンド(マカームワーン)は、シャーベットにすると食べやすくておいしい。

タイはフルーツ天国。 市場に行けば、さまざまなフルーツが山盛りで売られている。 中には、

記事を読む

Chicken world Pattaya (3)

カレー風味の巨大ガイヤーンにかぶりつけ!Chicken World@ソイブッカオ

ソイブッカオの南側に以前から気になっているガイヤーンの店がある。 店頭に大きなグリルがおいてあ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 猫大好きパパ より:

    タイ米は焼くとか煮るのがやっぱり美味しく食べれる感じですねぇ。。そのままだと正直美味しくないです><次回ジョークに挑戦してみます^^

    • pattayan night より:

      タイの白ご飯は、けっこう当たり外れがあります。炊き方の上手な店は、繁盛していますよ。白飯だけ買いに来るタイ人も多いです。
      食事として食べるなら、カオトムのほうがおすすめです。

  2. 幻のまんまの釣り師 より:

    私は以前、アルノタイに住んでいたことがあります、
    ジョークは、早朝の幼稚園、小学校の、
    入口近くで見れます、
    若い母親達が、同じ制服を着た沢山の小さな子供達に、
    ジョークを食べさせています、
    一種、異様な光景に見えます、
    タイでは、母の手作り朝食は、無いようですね、

    屋台にお詳しい管理人さんに、質問があります、
    ブッカオ・タラートにもあるのですが、
    ゴーヤ、豆、バジル等ハーブ類を、
    各種別に茹でて、輪ゴムや糸で縛って、並べてあります、
    コンタイの人達は、よく買って行きますが、
    どうやって食べるのでしょう、
    何かタレを付けるとか、炒める、煮る?

    御新香かな、と思って一度買った事があるのですが、
    一切の下味はついていませんでした、
    あれは何なのでしょう?

    所で管理人さんは、ご自分の部屋で、
    調理はなさらないのですか?

    • pattayan night より:

      アルノタイ小学校付近は、屋台が多いですよねえ。
      タイの都会では母の手料理は少ないみたいです。イサーンの田舎では、朝からお母さんがナムプリックを手作りするみたいですが。

      ご質問の件ですが、マメはインゲン豆とかですよね。
      それなら、おそらくナムプリックとかガピ(アミペースト)とかをつけて、そのまま食べるものだと思われます。
      一種の野菜スティックみたいなもんですね。
      違っていたら、すいません。

      「タイ料理 ガピ」でグーグル画像検索してみてください。サラダメニューが出てきますよ。

      あと、自分で調理はまったくしませんよ。キッチンもないですし、面倒なんで。

      • 幻のまんまの釣り師 より:

        早速のご解答、ありがとうございます、

        ガピか~、確かに合いそうですよね、
        クイティアオ、バミーナーム、ヘンにも入れますし、
        カオパットにも入れます、タイでは珍しく唐辛子を使っていない、ペースト、薬味?ですよね、

        参考になりました、ありがとうございました。

        • pattayan night より:

          ガピは、ペースト状ですね。灰色というか薄赤茶色というか、ちょっと変な色しています。辛くはないです。
          ガピの容器は、クイッティオ屋のテーブルに置かれていますね。フタを開けると、臭い匂いが漂ってきますけどね。
          スープに入れてもいいし、付け合わせの野菜にガピを直接つけて食べてもおいしいですよ。
          あと、ガピ炒めご飯なんてのもありますね。食べたことないんで、今度見かけたら、食べてみます。

  3. 芽きゃべつ より:

    ナムプリックとかガピ・・・・・・

     超辛いイーサンソースですよね。
    まだ慣れないので 辛さばかりしか感じられませんが 常食にする人達・・・・信じられません。
     ソムタム作るより小さい臼で作るのを見ましたが 信じられない程の赤唐辛子を入れて・・・・・少し味見をしましたが それだけで顔から、頭から大汗が吹き出しました。
     アレを美味しいと、辛くないと思わないと イーサン人には成れないですね。

    • pattayan night より:

      ナムプリックはいろんな種類がありますが、基本辛いですね。イサーンの朝食は、野菜やカオニャオにナムプリックをつけて食べるのが基本らしいです。
      ガピは、辛くないですよ。エビの塩漬けを発酵させたものですかね。かなり臭みがありますが、意外と野菜に合うんですよね、これが。

アドステア

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

→もっと見る

PAGE TOP ↑