パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

シラチャー

パタヤから一番近いCoCo壱番屋(ココイチ)はシラチャー店。サーモンクリームコロッケカレーを食べる。

投稿日:

カレーライスが好きだ。
カレーを日本食と呼んでいいのか知らないが、とにかく日本式カレーライスが大好きだ。
同じく外来食でありながら国民食と化したラーメンに愛着はないけれど、カレーはやめられない。

日本にいる時は、CoCo壱番屋のカレーを一番よく食べる。
決して高級なものではないし、抜群にうまいカレーというわけでもない。
逆に毎日食べても飽きのこない味になっている。
絶妙なバランスがたまらない。
そんなCoCo壱番屋のカレーが好きだ。

SPONSOR LINK



タイ・パタヤのCoCo壱番屋

パタヤにいても、ふとCoCo壱番屋のカレーが脳裏をよぎる。

が、現在のパタヤにCoCo壱番屋はない。

以前はセントラルフェスティバル(センタン)内に支店があったが、2013年頃だったか、撤退してしまった。
過去一度だけセンタンでカツカレーを食べたことがある。たしかに日本のCoCo壱番屋と変わらない味だった。
でも、パタヤで日本式カレーは流行らなかったようだ。
同じくセンタンから撤退したペッパーランチは、その後復活を果たしたが、いまだにCoCo壱番屋は還らず。

タイにおけるCoCo壱番屋の支店はこちらで確認可能。

https://worldwide.ichibanya.co.jp/map/#%E3%82%BF%E3%82%A4

バンコクにはたくさんあって、地方としてはチェンマイとコラート、そしてシラチャーのみである。

そんなわけで、現在のところパタヤから一番近いCoCo壱番屋はシラチャー店となる。

シラチャーのCoCo壱番屋

別にCoCo壱番屋目当てにシラチャーを訪れたわけではないが、頭の中には常にカレーが浮かんでいたのは確かだ。

CoCo壱番屋のシラチャー店があるのは、パシフィックパーク内。まあ、ロビンソンと呼んでもいい。

CoCo壱番屋シラチャー店 (2)

地図

パシフィックパークは大きなショッピングモール。

CoCo壱番屋シラチャー店 (3)

吹き抜けになっていて、なかなかに豪華ではあるが、決して高級なモールではない。
むしろ庶民的な雰囲気。

日本人の多いシラチャーだけあって、日本食レストランも入っている。
すき家、やよい軒などの定番どころや、ローカル系の日本食もありそう。
そして、CoCo壱番屋。

CoCo壱番屋シラチャー店 (9)

オシャレな内装なのが日本とは違う。

CoCo壱番屋シラチャー店 (1)

一人用のカウンター席はなく、テーブル席ばかり。

基本メニューも注文の流れも日本と同じ。

カレーの種類を選び、御飯の量と辛さを指定する。

CoCo壱番屋シラチャー店 (5)

定番のロースカツカレーが175バーツ。

カレーのトッピングの種類は日本より多いかも。
あと、オムカレーを売りにしていた。
揚餃子なんかも扱っている。
このあたりは、タイローカルに合わせたメニューを考えている。
でも、基本となるカレーは同じ。

CoCo壱番屋シラチャー店 (4)

ドリンクは、水が20バーツ、緑茶が40バーツ。なかなかのもので。

SPONSOR LINK

サーモンクリームコロッケカレー

日本でよくオーダーするのは、クリームコロッケカレーである。

カツカレーもいいが、トンカツはパタヤでも食べることができる。
が、クリームコロッケはパタヤでは難しい。

よって、シラチャーでもクリームコロッケカレーを食べようと思っていた。カニ入りのクリームコロッケだ。税込724円。

が、タイのCoCo壱番屋では、クリームコロッケではなくてサーモンクリームコロッケカレーとなる
175バーツ。

CoCo壱番屋シラチャー店 (6)

テーブルの上には、日本と同じく、福神漬けとスパイスパウダー。

CoCo壱番屋シラチャー店 (7)

サーモンクリームコロッケカレーの到着。

CoCo壱番屋シラチャー店 (8)

見た目は日本のココイチと同じ。

カレールーの味もほぼ変わらない。
うん、これがいい。

クリームコロッケ自体もほぼ同じ。特にサーモン風味が強いわけではないが、普通においしいクリームコロッケだ。
これまたいい。

ご飯も日本米。
炊き加減も違和感なし。

ルーとご飯の量の配分も日本と同じだろう。
わずかにルーが足りないかどうかというあんばい。
これまた絶妙である。

もう、全部が全部、日本のココイチと言っていい。

ああ、これが食べたかったのだ。
シーラチャーまで来た甲斐があったとしみじみと実感。

最終的な会計には、別途サービスチャージ10%がかかる。

CoCo壱番屋シラチャー店 (10)

カレーが175バーツ、水が20バーツ、小計195バーツにサービスチャージを足して合計214バーツ。
日本円になおすと、750円ほど。
ほぼ日本で食べるのを同じ。
ローカルなぶっかけカレー飯が40バーツあれば食べられるので、けっこうな価格とは言える。

営業時間は、平日が午前11時から午後9時半まで、土日祝が午前10時から午後9時半まで。

まとめ

やっぱりCoCo壱番屋のカレーが好き。
大好きだけれど、わざわざカレーだけを目的にシラチャーへ行くことはない。
だから、早くパタヤに戻ってきてほしい、ココイチさん。
価格帯的に頻繁には食べられないけれど、たまには食べに行くんで。

SPONSOR LINK

-シラチャー

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.