パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ゴーゴーバー

店舗拡大したPin-up(ピンナップ)訪問レポート

投稿日:

現在のパタヤ・ウォーキングストリートで最も勢いがあるゴーゴーがPin-up(ピンナップ)だろう。

いつの間にか拡張工事をしていて、店が広くなっている。

ピンナップ Pin-up (1)

隣のゲームセンター部分との壁を取っ払い、店舗拡大。

外から見ると、継ぎ目部分がわかる。

ピンナップ Pin-up (4)

店内拡大部分にステージを増設。
旧ステージと新ステージの間のスペースにテーブル席が並ぶ。

おかげで、ステージと客席の配置が変なことに。

壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁
客席客席客席客席客席
旧ステーーーーーージ 入
テーブル席テーブル席 口
席ステーーーーーージ
客席客席客席客席客席
壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁

ざっとこんな感じだ。
ステージとステージの間にテーブル席がある。

壁際の客席に座ると、反対側のステージがすごく見づらい。
柱が邪魔だし、さらにテーブル席に座っている客の顔越しに反対側のステージを見なくてはならず、なんだか興ざめする。
奥にも客席があるが、やっぱり見づらい。
両方のステージを見るには中央のテーブル席に座るのがいいのだろうけど、たぶん落ち着かない。

ダンサーの数は多い。
以前よりもさらに増えた。
コヨーテとモデル合わせて、たぶん60人から70人くらい。
さらにPR兼ホステスも10人くらい。
合計すると、70人から80人ほどか。
ペイバー済みもいるだろうし、出勤80人越えかも。
すごいね。

しかもレベルはそこそこ高い。
さすがはピンナップである。
ジャック・バウアーみたいな肩掛けバッグをしたファランボスは忙しそうにフロアを動き回っている。

ピンナップ Pinup (2)

深夜2時頃だったが、客入りは上々。
東アジア系7割、残りがファランやアラブ系だろうか。

ほぼ席は埋まっており、熱気でむんむんしている。

営業はそれほど執拗ではなく、じっと座っているだけでも問題ないのだが、なんだかちょっと居心地が悪いかも。

うーん、広くなったのはいいけれど、なんだか雑然としすぎ。
パレスほどではないけれど、この雰囲気はあまり好きじゃない。
拡張する前のピンナップのほうが好きだった。

とはいえ、この勢いはすごいと思う。
ダンサーの数、レベルの高さ、ほどよいノリと三拍子揃っている。
気にいるかどうかは別にして、一度は入店すべきゴーゴーなのは間違いない。

パタヤで綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2019年(8月16日更新)


-ゴーゴーバー

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.