パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ゴーゴーバー

【パタヤ・ウォーキングストリート】クレイジーハウス閉店、ライトハウス再開

投稿日:

パタヤ・ウォーキングストリートにあるCrazy House(クレイジーハウス)がクローズしている。

CRAZY HOUSE クレイジーハウス

クレイジーハウスといえば、シャーク系列店にあって異彩を放つ店舗だった。
露出度とバカっぷりが、シャーク系列店らしかぬ雰囲気でおもしろかった。

そのかわり、以前は閉店していたLight House(ライトハウス)が再開となっている。こちらもシャーク系列店だ。

ライトハウス LIGHT HOUSE

ライトハウスに入って聞いてみると、クレイジーハウスはリノベーションのため、2,3ヶ月閉めるとのことだ。
クレイジーハウスのスタッフはライトハウスへ異動した。

なるほど。クレイジーハウスは潰れたわけじゃないのね。
どういう形で復活するかはわからないが、以前と同じような露出度とバカさは維持して欲しい。

なお、シャーク系列店では、深夜1時半から閉店までのハッピーアワーを新設。

シャーク系列店ハッピーアワー (1)

シャーク系列店ハッピーアワー (2)

すべての飲み物(レディドリンク、コロナビール、ブリーザーを除く)が100バーツ。
瓶ビールやカクテル系がお得ですな。

確認したのはライトハウスとブリスだけだが、他のシャーク系列店(パレス、シャーク、ファーレンハイト)でも同様のハッピーアワーをやっているはず。

SPONSOR LINK



LIGHT HOUSE(ライトハウス)

さて、せっかく入店したことだし、ライトハウスもじっくり見ておこう。
オーダーはジントニックで。ハッピーアワーなら100バーツぽっきり。

ダンサーの数が明らかに増えている。
一時閉店前のライトハウスはステージ上にダンサーが数人しかいないこともあったが、今は10人以上踊っている。
ステージが2交代制で、ペイバー済みもいるだろうから、全部で30人近くか。
小さめの箱につき30人もいれば格好はつく。
平均レベルもアップ。
クレイジーハウスからの移籍組のおかげだろう。
かつてのにぎやかだった頃のライトハウスを思い出させる。
ただ、衣装はいたって普通のコヨーテ衣装とビキニ少々。
クレイジーハウスの破廉恥さはない。

現在のライトハウスも悪くないけれど、クレイジーハウスの復活に期待したい。

ちなみに、ライトハウスがクローズしていた間、スタッフはBLISS(ブリス)へ異動していた。
そのときにブリスを訪れてるが、ダンサーが少し増えたかなという程度で大きな変化は感じなかった。
ライトハウス再開後のブリスはまだ見ていない。
ブリスとライトハウスは好きなサイズの箱だし、できればもうちょっと安定的にダンサーの数を増やしてくれたら、リピートしたくなる。

SPONSOR LINK

-ゴーゴーバー

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.