*

禁酒日のパタヤ。タンブンデートと夜の遊び場。

13日目

泊まりに来たコヨーテ嬢と昼すぎまでダラダラと寝てしまう。
一緒に寝ると、どうにも深い睡眠が取りづらい。
しかもタイ人の長時間睡眠につきあってしまい、無駄に起きるのが遅くなってしまう。
まあ、それを無駄だと感じてしまうのは、時間にうるさい日本人の悪いクセか。
だらだら行こうぜ。

昼食はママートムヤム

二人で昼食へ。
またしてもクィッティアオが食べたいというコヨーテさん。
名無し食堂を通りかかると、ママーの袋を見かけて、これでいいという。

というわけで、注文は「ママートムヤム」となった。具材は豚肉で。
いわば、スープと具材は独自のものを利用したインスタントラーメン。元々インスタント麺に付いてあるスープを少々アレンジしている場合もあるかな。
たしかに、クィッティアオには違いない。

名無し食堂のママートムヤム (1)

かきまぜると、ママー麺が現れる。
どこの店でも似たようなものだけど、ママーの茹で時間が足らなくて、いつも少し固いままなのが残念。それともわざとかね。

名無し食堂のママートムヤム (2)

スープは、うーん、酸っぱ辛い。
それでも、外国人利用の多い食堂なんで、ローカル仕様に比べると、ちょっと抑え気味かも。

名無し食堂らしく、ボリュームはたっぷりだ。
肉も野菜もしっかり入っている。ルークチンも付いているぞ。

ママートムヤム2杯とコーラ1本で、お会計105バーツ。
コーラが15バーツのはずなので、ママートムヤムが45バーツなのかな。

 

さて、この日は、仏日。ヴィサカブーチャーデイ。
アルコール販売禁止で、バーは軒並み休業だ。
仕事に行かずにすむコヨーテさんは、わたしの部屋でダラダラ過ごしている。
おい、また寝るのか。

夕方になり、寝起きの彼女を襲う。

さくっとブンブンをすませて、次はタンブンへ。
もうお決まりの流れだ。

ワットチャイモンコーンでタンブンデート

禁酒日のウォーキングストリート (2)

コヨーテさんと、タンブンデートに出かける。
日が暮れたワットチャイモンコーン、略してワットチャイは、大賑わいだった。
暑い昼間を避け、涼しくなってから参拝しようという人が多いのだろう。
たしかに酷暑の昼間はタンブンどころではない。

とにかくすごい人手。
人いきれで蒸し暑い。

禁酒日のウォーキングストリート (3)

本堂の敷地内に入るにも一苦労だった。

ろうそくと線香に火を灯して、本堂のまわりを3周するのがしきたりだそうな。
わたしももちろん参加。

こんな感じでゆっくり歩く。
禁酒日のウォーキングストリート (4)

靴を脱ぐのもしきたり。
でも、ろうそくがタレてきて、足の甲に直撃したり、床に付着したロウを踏んだりして、熱いのなんの。
気温もまだまだ高くて、3周回ったころには、すっかり疲れてしまった。

禁酒日のウォーキングストリート (5)

最後にろうそくと線香をお供えして、タンブン終了。
日頃の不摂生と不道徳をどうかお許しください。

禁酒日のパタヤの夜

パタヤタイで簡単な夕食後、友だちと会う用事があるとかで、ここでコヨーテさんと別行動。
サロンにも行きたいというので、お小遣いを少々渡して、バイバイ。

せっかくなんで、ウォーキングストリートを一人でのぞいてみることにした。

ウォーキングストリート

禁酒日のウォーキングストリート (1)

時間は夜11時半くらい。
0時になり日付が変われば、原則的にアルコール販売は解禁となる。つまりバーの開店もオッケーだ。
おっと、シュガーベイビーあたりは、フライングでオープンしているぞ。
白いシャツを着たボスファランが店前をうろうろ歩いていた。

ダイヤモンドアーケード内の奥ははひっそりとしている。

禁酒日のウォーキングストリートダイヤモンドアーケート

確認できた範囲内では、あと数店舗ほどがこっそり開店済み、もしくは開店準備中。
あとは、そのまま休業かな。
わずか数時間の営業のために、店をオープンさせる手間はもったいないのだろう。

ビーチロード

禁酒日のビーチロード

ビーチロードも歩いてみる。
ふむふむ、ココナッツ娘さんたちが大活躍のご様子。
インド、アラブ、ファラン系のみなさんと絶賛交渉中ですな。
稼ぎ時なんで、がんばってほしい。

ソイLKメトロ

禁酒日のLKメトロ

ソイLKメトロものぞいた。
あかん。
真っ暗や。
もう12時はまわっているけど、ほぼ全滅。

ブッカオ近辺のバービアはちらほらオープンしている。
いつもの禁酒日の光景。
飲もうと思えば、飲める。

でも、もう今日は酒はいいや。
たまには、休肝日を作ってあげないとね。
おとなしく寝よう。

と、一人で熟睡していると、深夜、コヨーテ嬢からの電話で叩き起こされた。
これから泊まりに来るという。
うーん、せっかくの熟睡タイムが…

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

エレクトリックブルー1

サードロード捜索からウォーキングへ。エレクトリックブルー初入店。新店情報あれこれ。

11日目 サードロードの出会い系酒場? 夜10時ころ、ようやく外出。 サードロードをひたすら歩

記事を読む

ジョムティエンのバービア (3)

ジョムティエンの巨大バービア群でまったり遊ぶ。イングランドとイサーンの融合を見よ。

18日目 起床後。 コヨーテさんがフルーツを食べたいと言う。 昨晩、マンゴスチンとマンゴー

記事を読む

KFCセントラル店 (4)

セントラルのKFCとFUJIレストラン。日本から友人がやって来る。

9日目 コヨーテ嬢と昼12時過ぎまで熟睡。 夜の女性に合わせていると、どうしても生活サイクル

記事を読む

エアアジア機体ドンムアン空港

さらばパタヤ、さらばコヨーテ嬢。また会う日まで。

30日目最終日 パタヤ最終日の朝 本日がパタヤ滞在30日目。 帰国の日だ。 予定通り、朝

記事を読む

ソイチャイヤプーン入り口の屋台

キーキアットなパタヤの日常。食っちゃ寝していると豚になるぞ。

24日目 アーハン・キーキアット コヨーテさんの起床時間がさらに遅くなった。 もう午後3時を過

記事を読む

ソイ3バービア嬢

ソイ6のパーティとソイ3バービアで遊ぶ。ちょろっとだけバービア遊び方入門。

17日目 ブッカオ市場でお買い物 泊まりに来ていたコヨーテさんが、新しい洋服をご所望。 しょう

記事を読む

しゅうまい屋台

パットプリックゲーンと焼売。浮気心がうずくも、やっぱりコヨーテ嬢と眠る。

23日目 例によって泊まりに来たコヨーテさんの起床は正午をぶっちぎり、午後3時。 もうおやつ

記事を読む

スパーガール1

ウォーキングウォーキング、スーパーガールを見学してきた。最後はLKメトロへ。

2日目つづき。夜の部。 パタヤの夜といえば、ウォーキングストリート。 価格上昇と緊縮財政事情

記事を読む

パッタイ屋台

大当たりバービア嬢との再会と、コヨーテ嬢からのヘルプ要請。屋台のパッタイうまし。

22日目 昼飯に豚の喉肉ステーキを食べて、満足。 連日連夜の肉食のような気もするが、まあいい

記事を読む

深夜のウォーキングストリート (1)

深夜のウォーキングストリートは人間観察と出会いがおもしろい

8日目つづき 深夜のウォーキングストリートへ 今回のパタヤ滞在中、ずっと仲良くしているコ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 猫大好きパパ より:

    パタヤ2日目ですが、日中外に出歩きたくないですねぇ(・_・;
    昼ご飯行くまでプールで過ごしてました(~_~;)
    ママートムヤム!家で作ってみます(*^_^*)
    トムヤムスープにインスタントラーメン(´・_・`)
    夜中呑んだ後にのみたくなりそう( ̄Д ̄)ノ

    • pattayan night より:

      昼間のパタヤは暑すぎます。あ、今は曇り空でまだマシですねえ。
      クィティアオのトムヤムの場合は、トムヤムクンなどのトムヤムスープをそのまま利用しているわけじゃなくて、一応は別モノなんですが、まあ、似たような酸っぱさと辛さです。
      意外とおいしいですよ。

  2. 今日だけエスパーあ より:

    もしコヨテ嬢がブンブン代金を受け取らなくなったら、
    そろそろですね。
    年貢の納め時を覚悟したほうがいいのと違いますか?
    22才のコヨテと40才日本人、良い取り合わせと思います。
    前段階の「マン」を彼女は期待しているんじゃないでしょうか。
    そう、テンガーン前の「マン(契り)」です。
    迎えに行くから、しばらく田舎で待ってろ。
    って事になるのもいいんじゃないかと思います。
    それともずっと蝶々さんでいくんですか?
    それはあなた次第な事ですけど。

    このコヨテ嬢なら、たまによそであなたが蝶々するのは許してくれそうな感じがします。
    彼女は金蔓としてではなく、亭主としてあなたを掴まえようとしている。と思います。

    最近、ビールがおいしく感じないなあとか、
    睡眠がちょっと変だなあと思うのであれば、身体が少し壊れていますよ。

    • pattayan night より:

      うーむ、そうなるとこのブログも「イサーン千夜一夜」に変更しないといけませんね。
      それはそれでおもしろそうですが、もうちょっとだけ遊びたいような気もします。
      どうなることやら。
      ビールはおいしいですし、一人寝だとがっつり熟睡できます。

  3. 猫大好きパパ より:

    やっぱりスープは、違うんですね(・_・;
    家でトムヤムスープする時は、中に棊子麺入れて食べたりしていたもので(*^_^*)

    • pattayan night より:

      本場のトムヤムクンに入れた麺を啜ると、むせて大変なことになりそうな気が。
      麺スープにする時は、かなり抑えめにしてあると思います。それでも酸っぱ辛いですけどね。

アドステア

Bachelor (2)
【LKメトロ】カオスは混沌、レディラブは盛況、バチェラーは門職人

先週訪問したLKメトロのゴーゴーバー3軒のレポート。 一週間で3軒だ

no image
ザ LD ブティック宿泊レポート。サードロードなら新築で広い部屋のホテルが700バーツ。

Agodaのパタヤのホテル地図をチェックしていると、見慣れぬホテル

Drinking street
ノースパタヤで軽くバービアめぐり。ドリンキングストリートとソイ3バービア群。

沈没日記4 友人二人はパタヤ4日目。 3日目の昨晩、初パタヤの

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

→もっと見る

PAGE TOP ↑