パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ゴーゴーバー

新ダイヤモンドオープン、中身はシュガーベイビー

投稿日:

ソイダイヤモンドにあったDIAMOND(ダイヤモンド)。
しばらく休業して、改装工事をしていた。

と、一昨日訪れてみると、すでにリニューアルオープン。
てっきり別の店になるものと思っていたが、店名はDIAMONDのまま。

ダイヤモンド DIAMOND (1)

でも、以前はなかったドラフトビールを提供しているようだ。80バーツ。
この赤いボードには見覚えあるなあ。

とりあえず入ってみる。
店内は綺麗になった。
広々としていて、しかもエアコンの効き目がすごい。

うーん、ダンサーたちの衣装に見覚えがあるぞ。
前面が開けたひらひら寸足らず白カッターシャツに紺色の短いスカート。
ウェイトレスのシャツにはWindmillの文字が印字してある。

なるほど。
ウィンドミル系列になったわけか。

メインステージ中央には、全裸嬢がくんずほぐれつするマットあり。
さらに、サブステージもあって、そこでもくんずほぐれつ。

もう少し話を聞くと、シュガーベイビー(Sugar Baby)がそっくり移転してきたとのこと。
それで納得。
ドラフトビール80バーツの赤いボード、ダンサーの衣装、まさにシュガーベイビーそのものだ。

のちほどシュガーベイビーがあったところへ寄ってみると、たしかに閉店済みだ。

シュガーベイビー閉店

ウィンドミルのお知らせが貼ってあった。
つまりは、シュガーベイビーがそっくりそのままダイヤモンドに移ってきたことになる。
現在のところ店名はダイヤモンド。伝票もダイヤモンドとなっていた。そのうち変わるかどうかは不明。

さて、移転してきた元シュガーベイビーだが、中身は特に変化なしだと思う。
長いことシュガーベイビーは訪れていなかったが、ここはずっとこんなもの。

ダンサー数はまずまず。
メインステージには14,5人ほど。
レベルはそこまで高くないが、中には日本人好み嬢がちらほらと。
サブステージに2,3人。さらに一人用のお立ち台もある。
サブとお立ち台は完全露出。
近くに座ると、堂々と御開帳。
これが2回転していたので、おそらく40人ほどか。
シュガーベイビー時代はステージが狭くて少々見づらかったが、広くなったダイヤモンドはわりと見やすい。
ただ曲ごとの立ち位置移動があまりないのは残念。

基本は、ウィンドミルと同じ。
だが、過激度はウィンドミルのほうが上だ。
新ダイヤモンドはかぶりつき席が少ない。
この手の過激系店は距離の近さが重要だと思う。
思いっきり派手に遊びたいなら、マットかぶりつき席へどうぞ。

詳しいバーファインの価格は未調査。
訪れたのが深夜遅かったため700バーツでいいと言われたが、本当かどうかは不明。
本当に700ならお得なような気がしないでもない。

客の目を引きやすいウォーキングストリート本通りから、なぜ裏通りともいえるソイダイヤモンドに移転してきたのかは謎。

今のところ客は少ない。
関係者のタイ人やファランが遊びに来ている程度。
元々ダイヤモンドはアジア系客が少ないゴーゴーだった。
シュガーベイビーはアジア客を重視していたはずで、挨拶程度の日本語が使えるダンサーやウェイトレスも少なくない。
ドリンク要請を断ると、「カワイソウ」と日本語で言われることもある。
この立地でアジア系客がどれほどやってくるかは微妙なところ。

本家のウィンドミルが目と鼻の先にある。

ウィンドミル Windmill

ウィンドミル地図

ウィンドミルがハードすぎて苦手という人もいるだろう。ウィンドミルは狭いし、空気悪いし、変態ファランも多い。
新ダイヤモンドは、広々として綺麗な店内。
サービスはほどほどに過激。

興味がある人は、ウィンドミルと新ダイヤモンドをはしごしてみるといい。

パタヤで綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2019年(5月2日更新)


-ゴーゴーバー

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.