パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

麺類(クイティアオ・バミーなど)

ソイP.P.のおいしいクイティアオ屋。牛肉入りナムトックスープがおすすめ。

投稿日:


数ヶ月前からだろうか、ソイP.P.に新しいクイティアオ固定屋台が出ている。
ソイP.P.とは、サードロードのソイ21のこと。P.P.Body Massagaeがあるソイだ。
クイティアオ屋台自体は、あちこちで見かけるタイプのもの。
基本的なスープや具材は同じなのだろうと思われるが、あとは各店舗独自の味付けしだいといったところか。
あまり期待せずに食べてみたが、これが思いのほかおいしかった。

SPONSOR LINK



ソイP.P.のクイティアオ屋

ソイPPのクイティアオ (1)

店名があるかどうかも知らないけれど、とりあえずソイP.P.のクイティアオ屋としておく。
路地の片隅で営業している。

ソイPPのクイティアオ屋ナムトック (1)

テーブルが5台ほど。利用しているのはローカルばかり。
でも、屋台には英語と中国語併記の見本写真が貼ってある。言葉が不安な人は指差しで注文できるだろう。
メインは牛肉をつかったクイティアオ。

スープは2種類。
ナムサイとナムトックだ。
ナムサイは、一般的なクリアスープ。
ナムトックは、牛や豚の血を混ぜた濃厚なスープ。

あとは、麺の種類を指定する。

センミー=極細麺
センレック=細麺
センヤーイ=太麺
バミー=中華麺

メニュー指差しでオーダーすると、麺はおそらくセンレックになると思う。

ナムサイ

最初は無難にナムサイから。
麺も無難にセンレック。
要するに、クイティアオ屋台では一番の定番もの。基本中の基本。

ソイPPのクイティアオ (2)

特にこれといって特徴はない。
ごく普通のスープ。
すっきりしていて飲みやすい。
でも、どこか深みのあるスープ。
どこかどうとは説明できないのだが、なぜか癖になる味。

具は、牛肉。ちょっとだけモツ系も入っている。

あと、こういったクイティアオ屋台のルークチン(つみれ)は安い既成品を使っていて、あまりおいしくないことが多いけれど、ここのルークチンは不思議とうまい。

いや、ほんと説明できずに申し訳ないが、謎においしいのである。

後日、もう一度食べてみる。

ソイPPのクイティアオ

やはり謎においしい。不思議でしょうがない。
あと、冬瓜がほろほろに煮込まれていて、やたらとうまい。

並盛り40バーツ。

ナムトック

ナムサイは二度食べたので、次は牛肉入りのナムトックスープにしてみた。麺はバミーで。

ソイPPのクイティアオ屋ナムトック (2)

濃厚なスープだ。実に黒黒としている。

まずはスープを一口。
ちょっと塩分強め。
砂糖を入れてやると緩和。
でも、深みがあって、このスープはうまい。
が、味も塩気も強いので、そのまま飲むとけっこうしんどいかも。

ソイPPのクイティアオ屋ナムトック (3)

具材との相性がいい。
もちろんバミーを啜ってもうまいのだが、それよりも牛肉とスープを一緒に食べるとすごくうまい。
野菜とスープでもいい。
タイ人はこれでもかと野菜を放り込んで、スープと一緒に食べている。
たしかにこのスープには野菜がよく合う。
付け合わせの野菜は基本生野菜。
それなら、麺なしのガオラオにしてもいいくらい。ガオラオだと、野菜は茹でてくれる。

地図とまとめ

地図

だいたいこのあたり。
ソイブッカオからソイに入って徒歩1分くらい。
営業時間は不明だが、午後3時くらいから深夜遅くまでといったところ。

ソイブッカオ界隈で働くバービア嬢たちからの評判も上々。あそこはうまいという声が増えてきた。
たしかにこの味ならば、タイ人から受けるのも納得。

まずはナムサイを食べてみて、それからナムトックをどうぞ。
ナムトックはかなり癖があるんで、日本人では合わない人も多いと思う。
でも一度トライしてもいい。

この近所では、ソイメンドインタイランドのブッカオ側入り口、カシコーン銀行脇のクイティアオ屋のナムトックもおいしい。

関連記事:ソイブッカオのカシコーン銀行横にあるクイティアオ屋

評価が難しいところだが、同じナムトックでも食べやすいのは、カシコン銀行脇かも。
ソイP.P.のほうがさらに濃厚かつ塩分きつめ。
食べ比べてみるのもおもしろい。

SPONSOR LINK

-麺類(クイティアオ・バミーなど)

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.