*

コヨーテ嬢とラートナー。ぶっかけ三昧の昼下がりの情事。

(注意。当記事にはダジャレと暗喩に擬した大人向けの表現が含まれております。タイ料理を検索して訪問された方はご注意ください。)

6日目

仕事終わりの深夜にやって来たコヨーテ嬢。
昨晩は、そのまま抱き合って眠った。
さすがにヤル気はない。

わたしが一足先に、起床。
軽くPC作業しているうちに、コヨーテ嬢も目を覚ます。
開口一番、「ヒューカーオ!」。お腹すいた。

ブッカオの名無し食堂でラートナー

一緒に食事へ。
クィティアオが食べたいそうだが、真っ昼間のソイブッカオでクィティアオが食べられる店を探すのは意外と困難だったりする。
サードロードやセカンドロード方面にはいくつかあるが、この炎天下であまり歩きたくない。たかだかクィティアオを食べるのにバイタクも馬鹿らしい。
というわけで、ブッカオの名無し食堂へ。貧民食堂とも呼ぶ。

名無し食堂

なんか久しぶりに入ったような気がする。最近、ソイエキサイト脇道の食堂を利用する機会が多かった。
いつもは大繁盛だが、ローシーズンのせいか、客足は少なめ。それでもほぼすべてのテーブルが埋まっているのはさすが人気店。

注文はラートナー。豚肉入りで、ラートナームーとなる。

名無し食堂のラートナー (1)

きしめんのような太麺(センヤーイ)にあんかけがたっぷり。
クィティアオではないが、同じ麺料理に免じて許してほしい。

混ぜ返すと太麺が現れる。
名無し食堂のラートナー (2)

このラートナー、店によって見た目が多少変わる。
名無し食堂では丼タイプだが、平皿で提供する店のほうが多いかな。
麺は太麺以外に、揚げ麺を使うこともある。このあたりはお好みで注文可能。

タイ人に聞いたところ、
ラートが、「かける」という意味。
ナーが、「顔」という意味、だそうな。
まさに、顔面ぶっかけ麺。
時にタイ料理は面妙なネーミングセンスを持つ。

丼とコヨーテ嬢

面と向かって麺をすするブッカオの昼下がり。
やや白濁としたねばっこい液体が飛び散り、彼女の口の周りはねちゃねちゃとなる。
舌で液体を舐めまわし、「アロイ」というコヨーテ嬢。
アロイとエロイは表裏一体なのである。

腹にずっしりとくる食べごたえであった。
ちなみに、味は、まあ普通。

丼2杯目

食後、部屋に戻って、まったり。

シャワーを浴びて、彼女はバスタオル姿で、ベッドにごろり。
これは、つまり、かかって来いという合図だな。

ふ~じこちゃ~ん

これで、ナーにラートすれば、見事なラートナーの丼ネタが完成するのだろうが、あいにくとわたしはそこまで鬼畜ではない。
ごく普通にフィニッシュ。
大変おいしゅうございました。
ごちそうさまです。

夕方、そろそろ彼女は仕事の準備。
化粧道具を買いたいというコヨーテ嬢に少々お小遣いを上げる。
顔面は大事だよね。
綺麗になって客をたくさんつかまえるんだぞと、送り出すブッカオの夕暮れであった。

いいかげん、メンにまつわる語呂合わせとダジャレを考えるのが面倒になってきた。この辺で、ごめん。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ぶっかけ飯レッドカレー

バービアでケンカはやめて。酔っ払いファランとタイ人男たち。

6日目つづき夜の部 散髪 コヨーテ嬢を見送ってから、一人で散髪へ。 いつもの散髪屋。 もう顔

記事を読む

スパーガール1

ウォーキングウォーキング、スーパーガールを見学してきた。最後はLKメトロへ。

2日目つづき。夜の部。 パタヤの夜といえば、ウォーキングストリート。 価格上昇と緊縮財政事情

記事を読む

ビリヤード台

ミスしたら負けよ、バービアで集団ビリヤード勝負。マイロンペンマーで犬になれ。

7日目 昼食は焼き鳥とカオニャオとゆで卵 日中はPC作業や用事が立て込んでおり、いろいろと忙しい

記事を読む

ボーイズタウンの看板

ボーイズタウンで男の砲列を浴びてからのゴーゴーバーめぐり

10日目 昼飯はママー 本日の昼飯は、カップラーメンである。 タイでは、「ママー」とも

記事を読む

深夜のウォーキングストリート (1)

深夜のウォーキングストリートは人間観察と出会いがおもしろい

8日目つづき 深夜のウォーキングストリートへ 今回のパタヤ滞在中、ずっと仲良くしているコ

記事を読む

ヤムママータレー

屋台のヤムママータレーうまし。F1とコヨーテ嬢とのダブルレース。

19日目 昨晩はコヨーテさんがやって来ず、一人寝。 快適な睡眠。 でもどこか寂しい。 昼

記事を読む

トムヤムガイ

トムヤムガイ25バーツとムーヤーン40バーツの食事。やっぱりタイのローカル飯は安くうまい。

2日目 よく寝た。9時間以上は熟睡した。 夜中のメールを無視したので、コヨーテ嬢が少々怒

記事を読む

パタヤ看板

2015年5月~6月パタヤ1ヶ月沈没生活終了。当初予算と実際の出費についてのまとめ。

29泊30日。ほぼ1ヶ月のパタヤ沈没生活。 毎度恒例、滞在費や飲み代に関しての実際の費用についての

記事を読む

デスティニー (2)

嬢への家賃補助とLKメトロのデスティニー

16日目 パタヤ沈没後半戦突入。 ベッドでは相変わらずコヨーテさんが熟睡中だ。 後半もこの

記事を読む

スワンナプーム空港バスターミナル

またしてもパタヤ沈没はじまる

パタヤ沈没日記2015年5月~6月はじめに 約2ヶ月のインターバルを置いて、またもやパタヤ沈没がや

記事を読む

アドステア

アドステア

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑