パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

禁酒日夜のパタヤ、LKメトロとウォーキングストリート

投稿日:


昨日2月19日のタイは禁酒日だった。
丸一日アルコール類の販売が禁止。コンビニやスーパーでは酒は売っていない。レストランはソフトドリンクの提供のみ。
よって酒の提供がメインのバーは閉店を余儀なくされる。
適用されるのは、19日の0時から24時まで。
よって、日付が変わればアルコール販売営業は可能となる。
パタヤでは規制がゆるいのか、営業するバーが多い。

SPONSOR LINK



禁酒日前夜

2月18日。
禁酒日前夜は、24時をもって閉店となるのが基本。
夜11時ころ、LKメトロをのぞいてみたが、ほとんどのバーが営業していた。
ゴーゴーではドールズは営業していなかった。
営業している店も、その後、24時ころに閉店。
ウォーキングストリートは訪れておらず詳細不明。
おそらくほとんどのバーが営業していたが、24時過ぎには閉店になったと思う。
ちなみにバービアでは、24時過ぎに音楽を落とし、ネオンサインを消して、営業を続ける店も多かった。
1時過ぎに警察が見回りにきておしまい。

禁酒日当日

2月19日、禁酒日当日のパタヤ。
夜になってもネオンサインは点灯しない。音楽もほぼ流れない。
ネオンサインと音楽ののないパタヤは暗い雰囲気のまま。

23時前後から徐々にバービアはオープン。基本的にソフトドリンクの提供のみでの営業開始となる。
むろんオープンしないままのバーもある。

LKメトロ

2019年2月禁酒日パタヤ (1)

2019年2月禁酒日パタヤ (2)

深夜1時過ぎ、LKメトロへ。
みごとにゴーゴーは全滅。
これまでの禁酒日の流れでは、クリスタルクラブあたりはオープンしていたものだが、今回はすべてクローズ。
バービアは一部営業しているものの、ネオンサインも音楽も控えめ。
人通りもほとんどない。
閑散としたLKメトロだった。

ウォーキングストリート

LKメトロからウォーキングストリートへ移動。
普段に比べると、人通りはかなり少ない。

2019年2月禁酒日パタヤ (4)

ゴーゴーは半数以上はオープンしているような印象。
ハッピーグループとシャーク系列は軒並み営業していた。
おそらく23時前後に営業開始したものだと思われる。

2019年2月禁酒日パタヤ (3)

センセーションズ、ギンザ、スーパーガール、パンダ、サファイアクラブ、エレクトリックブルー、インフィニティあたりは営業していない。他にもクローズのゴーゴーはいくつもあった。

ウォーキングストリート本通りはまだいいが、ソイ15はこのように暗い状態。

2019年2月禁酒日パタヤ (5)

タントラは営業していたが、系列とおぼしき新店のピンナップはクローズしていた。
また、もうひとつの新店であるティーラックは、まだオープンしていないまま。

まとめ

基本、ここ最近の禁酒日とさほど変わらない。
ウォーキングストリートに関しては、半数近くのゴーゴーがやっていないが、逆に言うと半分は営業している。
LKメトロは壊滅状態。
バービアはそれなりに営業している。
遊ぼうと思えば遊べる状態だが、かなり寂しいのも確か。

なお、次回の禁酒日は、3月24日の総選挙投票日となる予定。
具体的には、投票日前日の23日と24日が禁酒日。
過去の事例では、1週間前の不在者投票日も禁酒日となっていたが、今回は不明。
とりあえず、本投票日の24日とその前日は禁酒日となるのはほぼ確実。
ただし、パタヤのバーでどこまで厳格に適用されるかは不明。
直前にならないとはっきりしない。

SPONSOR LINK

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.