パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

2019年3月タイ総選挙実施にともなう禁酒日について

投稿日:

報道によれば、タイの下院総選挙が、2019年3月24日に実施されることが正式に決定した。
2月に行われる予定だったものが延期され、5月4日から5日の新国王戴冠式に影響が出ないよう、3月24日に落ち着いたとのこと。

SPONSOR LINK



タイ総選挙選挙にともなう禁酒日は?

旅行者として気になるのが禁酒日のこと。
禁酒日ともなれば、パタヤのバーは基本的にすべてクローズ。
真っ暗なバーが延々と続く。

禁酒日のソイ7 (1)

タイでは総選挙の投票日が禁酒日となる。これはあるていど有名な話かも。
厳密にいえば、投票日前日の18時から、投票当日の24時までがアルコール類販売禁止となる。
さらに、不在者投票日が1週間前にあるが、この際も、前日18時から当日24時までアルコール類販売禁止となる。

たとえば、以前実施された総選挙が、2011年7月3日だった。
この時のアルコール類販売禁止は、

6月25日18:00から6月26日24:00まで
7月2日18:00から7月3日24:00まで

となっていた。

今回も同じレギュレーションとなる見込み。

今回の投票日が3月24日。

つまり、

3月16日18:00から3月17日24:00まで
3月23日18:00から3月24日24:00まで

が、アルコール類販売禁止となる。

あくまで予定だが、たぶんそうなりそう。

仏日の禁酒日とは様相が異なるが、コンビニや大手スーパーはきっちり守るはず。この間は酒類の購入ができない。

最も気になるのは、夜の店やバー。

ここ最近のパタヤの禁酒日の流れでは、日付の変わる24時をもって営業開始とするバーが多い。
実際はフライング気味に23時ころから営業している店もある。

2日連続禁酒日となると、初日は壊滅状態が決定的。

3月16日と23日は、全滅となる可能性が高い。
3月17日と24日の24時以降は不透明。営業するバーもあるかもしれないし、全滅のままかもしれない。

勝手な予想では、17日と24日の24時以降は営業するパタヤのバーが多いとは思う。
さすがに2週連続土日全滅となれば、パタヤのバーにとっては、あまりにも打撃が大きすぎる。

バンコクでは4日すべてクローズする店が多いような気がする。

パタヤはちょっと特殊。

金曜日は通常営業。
3月16日の土曜日と3月23日の土曜日が完全クローズ。
3月17日の日曜日と3月24日の日曜は、店次第。24時から営業するバーもあれば、クローズするバーもある。

たぶん、パタヤではこのような流れに落ち着きそう気配。
あくまでわたしの勝手な予想なんで、あまり当てにはしないでほしい。
やはり、直前にならないとはっきりしない。
なんなら当日になってようやく当局からお達しが来るくらい。

この間にタイ、パタヤを訪れる人は要注意。
今回はひさしぶりの総選挙。当局がどこまで厳しく取り締まるかは不透明。
パタヤは政治的混乱とはほぼ無縁だが、夜の店が閉まっていたら楽しみは激減。ほとんど何もできないんで。

SPONSOR LINK

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.