パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

大晦日のパタヤの昼間。2018年~2019年カウントダウン花火情報。

投稿日:

2018年12月31日、大晦日のパタヤ。
本日は快晴。

2108年大晦日のパタヤ (1)

朝方は涼しかった。
エアコンはもちろん、扇風機もなしで快適に眠れたほど。

昼間は直射日光がきついが、それほど暑いとは感じない。
実にさわやか。

SPONSOR LINK



為替レート

昨晩10時頃のTTカレンシーのレート。

1万円=2910バーツ

本日午後3時頃のTTカレンシー同店のレート。

2108年大晦日のパタヤ (9)

1万円=2905バーツ

わずかに下がった。

年明けまではこのあたりのレートを微妙に行き来するかどうかといったところ。
やっぱり3000はほしいなあ。

道路渋滞

すでに昼間からパタヤのメイン道路は渋滞気味。
とりわけセカンドロードの渋滞がひどいようだ。

ビーチロードは比較的流れていた。

2108年大晦日のパタヤ (2)

ソイ9の警察署前では、警察官で出て、交通整理にあたっている。

また、バイクで巡回する警察官も目立つ。不法駐車はすぐに動かすように促していた。

ソイブッカオはここ数日、慢性的に渋滞している。
歩行者も多いし、車とバイクも多い。
荷降ろしの車で車線がふさがり、各所で渋滞。
かなり動きづらくなってきた。

ちなみに、大晦日の夜は、各地で大渋滞となる。
やはりビーチロードとセカンドロードがひどい。
ウォーキングストリートへの行き来はソンテウよりも徒歩のほうが早いくらい。
いろいろと動く予定がある人は、早め早めに行動しましょう。

ウォーキングストリート

2108年大晦日のパタヤ (3)

昼間のウォーキングストリートは祭りの前の準備中。
いくつか豚の丸焼き装置を見かけた。

2108年大晦日のパタヤ (4)

バーではカウントダウンイベントが開催される
ゴーゴー内で新年を迎えるのも楽しそうだ。

夜はとてつもない人出となる。
スリと喧嘩には要注意。

カウントダウン花火

現在、バリハイ埠頭では年末年始のフリーコンサートが開催されている。

2108年大晦日のパタヤ (8)

12月30日から12月31日の二日間。
本日は、深夜0時から、カウントダウン花火の打ち上げがある。

2108年大晦日のパタヤ (7)

実際の会場入口はこのあたり。ウォーキングストリートを抜けて、バリハイ埠頭ターミナルのさらに先だ。

2108年大晦日のパタヤ (5)

この付近はタイ人客をメインに大混雑すること必至。
パタヤビーチからでも見られるんで、コンサートに興味がなく、人混みを避けたいなら、パタヤビーチから見ましょう。

なお、ムエタイイベントも開催。

2108年大晦日のパタヤ (6)

また、ノースパタヤとナックルアの交差点にあるデュシタニホテルでは、カウントダウンイベント開催。
ここでも打ち上げ花火がある模様。

大掛かりな花火イベントはおそらくこの2つ。

他にもプライベートな打ち上げ花火は多数あり。
ソイの中でも平気で花火を打ち上げるのがパタヤスタイル。

ふらふら歩いていると花火の直撃をくらいかねない
まあまわりの人間が止めてくれるけど、日付が変わる時間帯はちょっと気をつけましょう。

あと、ソイ7あたりでは爆竹がすごい。

パタヤ新年ソイ7爆竹

これまた要注意。

パタヤの年越しは楽しい

個人的にはこれが5回目のパタヤでの年越し。
何度体験しても、パタヤの年越しは楽しい。
街中がお祭り騒ぎ。
たたでさえ毎日が日曜日のパタヤだが、カウントダウンはその中でも最上の騒ぎっぷり。
この雰囲気を味わってしまうと、もうほかの年越しは考えられなくなってしまう。
まあ、日本でしっぽりとコタツに入って年越しうどん食べながらテレビを見るのもいいけれど、パタヤの年越しはやっぱり楽しい。
現在パタヤにいる人は思いっきり楽しみましょう。

今年のブログ更新はこれが最後。
では、みなさんよいお年を。

SPONSOR LINK

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.