パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2015年5月~6月パタヤ沈没日記

またしてもパタヤ沈没はじまる

投稿日:

パタヤ沈没日記2015年5月~6月はじめに

約2ヶ月のインターバルを置いて、またもやパタヤ沈没がやって来た。
もう何度目になるのか、数えるのはやめた。

体は日本にいても、心はパタヤにある。

まるでブラックホールに吸い寄せられる星間物質のように、
まるで月の潮汐力で寄せては返す波のように、
引き合うことが宿命づけられたN極とS極のように、
夜の灯りに引き寄せられる蛾のように、
砂糖に群がるアリのように、
ゴキブリホイホイにおびきよせられる…

って、だんだん例えが悪くなっていくが、まあ、そんな感じで、やっぱりタイに引き寄せられてしまうわけなのである。
もう病気なのでしょうがないとあきらめている。

逆に2ヶ月もタイを離れていたら、心身とも病んできてしまう。
体調は悪くなるし、ストレスで胃腸がおかしくなってくるし、日本にいてもいいことがない。
本来なら6月からタイへ行こうと思っていが、我慢できずに繰り上げ決行。
エアアジアのプロモーションで約2万円で往復のチケットが手に入ったからヨシとしよう。

関空エアアジア

というわけで、関空からドンムアン空港へひとっ飛び。
イミグレーションはまったく問題なく通過できた。
訪問目的も滞在予定日数も聞かれなかった。
厳しくなった時期もあったけど、最近また緩くなってきたのかな。
タイ入国の三角形スタンプだらけのパスポートでもマイミーパンハーだ。
ありがとうタイランド。

スワンナプーム空港バスターミナル

そしてバスを乗り継ぎ、パタヤへ無事に到着。
「帰ってきた」とつい口ずさんでしまうのは、タイ中毒者の典型的な症状の一つである。
祖国でもなければ故郷でもないくせに。困ったものだ。

 

今回の沈没は、比較的短めの1ヶ月。
せいぜいプチ沈没といったところか。年単位でリアル沈没している人から見れば、ちんけなもんである。
短期滞在組から見れば、充分すぎるほど長いだろうけど。

例によって、予算は15万円だ。
これは譲れない一線。
先ほど両替に行ってきた。TTカレンシーのレートが、1万円=2760バーツだった。

TTカレンシー両替レート

つまり15万円で41,400バーツとなる。

よって、目標は41,400バーツまでの出費に抑えること。
これで、宿代、食事代、飲み代、遊び代、チップもすべてまかなう。

さてさて、どうなることやら。

それにしても、パタヤ、暑いぞ!

ちょろっと諸注意を

リアルタイムで沈没日記を更新しくつもりですが、ほぼ間違いなくディレイしていきます。
たぶん完結までは1ヶ月以上かかりますので、あしからず。

あと、最近サーバーの調子がわるいので、エラーが出るかもしれません。
その時は時間をおいて再度アクセスしてください。
いらいらしてF5アタックするのは勘弁してください。サーバーにさらに余計な負担がかかりますんで。
近々、サーバー移転も考えていますが、タイの通信速度だと時間がかかりそうなんで、思案中です。

まあ、パタヤの生ゆるい空気のように、生ゆるい気持ちで読んでいただけたら幸いです。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-2015年5月~6月パタヤ沈没日記

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.