*

新年度。NHK「おとなの基礎英語」で旅行英会話を習おう。タイ旅行にも役立つよ、たぶん。

公開日: : プチ情報・便利帳


タイをはじめ、海外旅行の際にどうしても必要なのが外国語。
特に英語は欠かせない。

もっと英語が話せたら旅行が楽しくなるだろうなあと思っている人も多いんじゃなかろうか。

昔、学校で習ったきりで、ほとんど話せないし、今さら勉強するのも面倒だ。
いや、やっぱり、少しは話せるようになりたい。
でも、いまさら教科書みたいな分厚い教材を買ってきたり、英会話学校に行くにも手間だし値段もそこそこする。
挫折するかもしれないのに、高い料金は払うのは躊躇してしまう。

もっと気軽に安く始めたい。

そこで天下のNHKを利用しよう。
見るだけ聞くだけならタダだ。

SPONSOR LINK

NHKおとなの基礎英語

NHKの英会話番組といえば、「ラジオ英会話」が定番中の定番。

わたしは、高校生の頃、この番組でひたすら英語を覚えた。
その後、海外に出るようになって、実践の場で英語を使っているうちに、とりあえず旅行するぶんには、特に問題なく英語が話せるレベルになった。
かかった元手は、テキスト代くらいだ。

が、年齢を重ねて英語学習にブランクのある人には、「ラジオ英会話」はちょっと難しいと思う。
ましてラジオを聞く習慣なんて、ほとんどの人がないだろうし。

そんな人のために、こちらをどうぞ。

おとなの基礎英語 NHK Eテレ
NHKおとなの基礎英語

ホームページ
https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/english/otokiso/

放送時間
放送 :月~木曜日 午後10:50~11:00
再放送:翌週 月~木曜日 午前10:15~10:25
再放送:翌週 水曜日(火曜深夜) 午前1:00~1:40(4回分)

 

昨晩(4月13日)の放送分を実際に見てみた。

ドラマ仕立てになっており、サイパン旅行に行く設定。
今回は、果物屋台で味見しているシチュエーション。

おいしそうなフルーツを見て、名前を聞いたり、感想を述べる。

少し英会話に慣れている人なら、なんでもないようなフレーズばかり。

What does it taste like?

Can I try it on?

Can I have a bite?

でも、まったくの初心者なら、こういう基本的な言い回しすらわからないもの。
このレベルからリスタートしたほうが、とっつきやすい。
実際に使うところをビジュアルで確認できるのも効果的だ。
舞台をタイのフルーツ売り屋台に置き換えて、自分でシミュレーションしてみれば、臨場感が増すかも。

放送時間は1回10分。無理なく進められる。
久しぶりに英語を勉強するには、まずはこれくらいの時間のほうがいい。

できれば、紙のテキストも購入して、理解度を深めるのがベター。
上記HPから、テキストの中身を確認することができる。
解説もさらに詳しく載ってあり、重要なキーフレーズを強調してくれている。

ざっと、チェックしてたところ、海外旅行に必須のフレーズが次々と出てくる。

これは、けっこう使えそうだ。
海外旅行歴20年、訪問先40カ国オーバーのわたしでも、勉強になるほどだ。
(というか、わたしの英語力もたかが知れている。)

テキスト。別途CDも販売している。

とにかく反復と継続が大事

英語にかぎらず、言葉を覚えるには日々の反復と継続しかない。

一年のうち、海外旅行に出かけて、実際に外国語を使う機会は、ほんのわずか。
短期旅行者なら、せいぜい一回あたり7日ほどで、それを年に数回。
あとの300日以上は、日本にいるわけだ。
日本にいる間に、いかに毎日英語に触れるかが大事になってくる。
(これは、タイ語でも何でも同じこと。現地はあくまで実践の場。覚えるのは日本にいる間にすべきだ。)

テレビやCDを一日10分、復習に10分。
通勤時間や休憩時間のあいまに、覚えたフレーズをひたすら暗唱してみる。
これを数ヶ月継続できれば、それなりに英語が口から出てくるようになるはずだ。

あとは、海外旅行の際に実践すればいい。
まあ、たぶん、最初はそれほどうまくいかないと思う。
頭ではわかっているつもりでも、実際のシチュエーションでは、緊張のせいでうまく言葉が出てこないものだからだ。
でも、要は慣れの問題。数をこなせばいいだけ。
2度目3度目の海外旅行では、びっくりするほど成長している自分に気づくはずだ。

少しでも英語が話せるようになるには、コツコツと毎日英語に触れ続けることしかない。
はじめから大上段にかまえて、英会話をマスターしてやろうと意気込んでも、途中で挫折するのは目に見えている。
それが出来る人は、とっくに英語がぺらぺらになっているだろう。
とりあえず、一日10分だけでもいいからはじめてみよう。

一度ならずとも英会話に挫折したひとも、これを機会にふたたび勉強してみてはいかが?
ちょっとでも英語が話せるようになると、海外旅行は断然楽しくなるよ。

タイでも同じこと。バンコクやパタヤの中心部なら、普通に英語が通じるしね。

タイ語を一から覚えるのは大変だけど、英語ならそこまで難しくない。
日本人、英語ヘタ(コンイープン パーサーアングリット マイゲーン)」と思われているのを見返してやろう。

関連記事:タイへ夜遊び旅行するなら覚える言葉は英語、それともタイ語?

 

「おとなの基礎英語」の以前のシリーズでは、タイも舞台になっている。
これなら、学習意欲も増すのでは?

定番のラジオ英会話。キンドルでも読めるようになったのか。時代は変わったなあ。

SPONSOR LINK

関連記事

ドゥアンナムイン1

ソイブッカオ沿いのおすすめホテル、ドゥアンナムイン

ドゥアンナミン ホテル パタヤ (Duannaming Hotel Pattaya)

記事を読む

KIXエアポートラウンジ (12)

関西国際空港「KIXエアポートラウンジ」は意外と使える。しかもJCBゴールドなら2時間無料。

関空の一般エリアにあるKIXエアポートラウンジを利用してみた。 ここは、チェックイン前に時間を

記事を読む

散髪屋 (1)

パタヤの散髪屋は100バーツへ値上げ。それでも安くて早くて便利だよ。

恒例のパタヤで散髪をしてきた。 パタヤの大衆理髪店では、80バーツが定番プライスだった。

記事を読む

スクリーンショット_062116_061052_PM

サプライス(Surprice)が、航空券5000円引きクーポン配布開始。最大7000円引きのチャンス。

Surprice(サラプライス)は、HIS系列の格安航空券販売サイト。 以前から頻繁にクーポン

記事を読む

The Bay Pattaya (3)

ノースパタヤの新ショッピングモール、The Bay。完成すれどテナント入らず。

ノースパタヤ、ビーチロードソイ5に新しいショッピングモールが完成している。 名称は、The B

記事を読む

Good Farmer Homemade & Hydroponics Farm (2)

【パタヤ散策】タップラヤー地区。閑静なタウンハウスと巨大コンドミニアム。

ホテルジング(Hotel Zing)に宿泊したついでにタップラヤー地区をうろうろしてみた。 チ

記事を読む

エアアジア・パタヤマカオ路線

エアアジアがパタヤ・ウタパオ空港で本格運用開始。マカオ路線も新規就航。

タイ・エアアジアが、パタヤ(ウタパオ)空港発着便を増設。 2015年9月25日から、パタヤと中

記事を読む

スクリーンショット_120615_031436_PM

LCCスクートのクリスマスプロモーション。バンコク片道5900円。往復総額17483円。

頻繁にプロモーションを行っているSCOOT(スクート)が、またしてもプロモーションを展開中。

記事を読む

エアアジア ロゴ

エアアジアのフライトを予約する際の各サイト手数料を調べてみた

少し前のエントリーでエアアジアのクレジット決済手数料値上げについて取り上げた。 一区間

記事を読む

khonkaen-superrich-2

コンケーンにも両替所SUPER RICHがあった。タイ地方都市の両替事情。

タイのバンコク、パタヤ、プーケット、チェンマイといった外国人観光客が多く集まる観光地には、私設両

記事を読む

アドステア

アドステア

Walking street 201704 (1)
週末のウォーキングストリート。Dクラブ、パレス、ブリス、最後はルシファーで朝まで。

2日連続してLKメトロとウォーキングストリートのゴーゴーバーをはしごし

Tom yum noodle pattaya tai (5)
ポークリブ満載の無骨な男のトムヤムラーメンふたたび

パタヤタイにあるトムヤムスープのクイティアオ屋。 こ

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

→もっと見る

PAGE TOP ↑