パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

MP・マッサージ系情報 夜遊び情報

パタヤのMP調査2018年。全6店舗+1をめぐってみた。

投稿日:

週末の夕方、パタヤにあるMPをまわってみた。
バンコクと違い、パタヤにMPは少ない。
今回まわったのは全部で6軒。
あと、MPとは言い切れないが、ボディマッサージに特化した店が1軒。
計7店舗の調査となる。

パタヤのMP

MPとは、マッサージパーラーの略。
タイでは、ボディマッサージとも呼ぶのが一般的か。
タイ語では、アプオプヌアット。アプが浴びる、オプが蒸す、ヌアットがマッサージ。

店に入ると、ひな壇があり、マッサージ嬢たちが座って待機している。
料金はクラスによって異なる。タマダー(普通)、サイドライン、モデルなどなど呼び方は様々。
基本的に胸につけたバッジの色によってクラス分けされている。
コンシア(コンチア)と呼ばれる案内役が、価格を教えてくれたり、おすすめ嬢を斡旋してくる。
パタヤといえど、多くのコンシアは簡単な日本語が話せる。料金も日本語で教えてくれる。実に簡単。
あとは指名すればいいだけ。
テーブルやソファーに着席して、じっくりと選んでもいい。
ドリンクオーダー可能だが、必須ではない。

ほぼすべての店が90分のプレイタイム。
基本受け身でのサービスとなるため、流れにまかしておけば最後まで遊ぶことができる。

さて、パタヤのMPは、ソイブッカオ界隈に2軒、ノースパタヤに4軒。
バイクがあれば効率的にまわれるが、ソンテウと徒歩でも問題ない。

以下、週末の聞き取り価格をさらっと書いておくが、メモを取っておらず、すべて記憶頼り。
100バーツ前後は間違っている可能性あり。
また、曜日や時間帯によって、出勤人数やラインナップは大きく変わるもの。
すべて参考程度にどうぞ。

ちなみに、バイタクやソンテウドライバーに連れて行ってもらった場合、マージンが上乗せされるケースがないわけではない。自力で訪れるのがベター。

HONEY1(ハニー1)

パタヤのMP (1)HONEY1

HONEY1MP

ソイハニーにある。セカンドロードとソイブッカオの中間で便利な場所。

地図

ひな壇はわりと大きめだが、あまり人は揃っていないようだ。総勢30人弱だろうか。
見学途中でぽつぽつと増えていった。
安いクラスはふくよか系が多い。これはパタヤのMPの特徴。主な客層がインド・アラブ系ということもあり、彼らの好みに合わせているとも言える。
年齢層も高めだ。
上位クラスとなると、若くてスレンダーな日本人好み嬢も在籍しているが数は少ない。これはどこのMPでは同じ。

料金:2000、2500、3800

おそらく3000もいるが、この時は無人だった。

3800がモデルクラスだが、数人のみ。
うち一人は、普通に選べる容姿。が、ちょっと高すぎる。

Rasputin(ラスプーチン)

パタヤのMP (2)ラスプーチン

ソイ6とソイ5の間を入って行った先にあるMP。
ビーチロードからでもセカンドロードからでも訪問可能。

地図

建物はでかいし、顔見せフロアもでかいが、人数は少なめ。

料金:2000、2500、3000

正直、ぱっとしない。
ほとんど印象なし。
オープンした当初はバラエティ豊かで、ちょっと高級色のあるMPだったが、今ではインド・アラブ御用達といった感じ。

SABAI DEE(サバイディー)

パタヤのMPサバイディー (2)

パタヤのMPサバイディー (1)

ノースパタヤのセカンドロード沿い。
セントラルマリーナというショッピングモールの向かい側にある。

地図

パタヤでは老舗のMPグループだ。
入って正面に進むと、ひな壇。
20人から30人ほど。

料金:2000、2400

いかにもパタヤの平均的なMPといったラインナップ。
年増のふくよかな女性が多いが、一部日本人好みが混じっている。
日本人客も多いため、一部のベテラン嬢は日本語可能だったりもする。
ここは後述の系列店サバイルームともどもマットプレイあり。

HONEY2(ハニー2)

パタヤのMP (7)HONEY2

ノースパタヤのセカンドロード沿い。

地図

ソイハニーのHONEY1の系列店だ。

入ってびっくり、すごい客数と女性数。
圧倒的だった。
これほど盛況なMPはパタヤではじめての体験。

数えるのが面倒になるほどの出勤数。
軽く50人越え。

料金設定が細かくわかれて、ちょっと覚えきれない。

料金:2000、2400、2800、3200

さらに上のクラスもいる可能性あり。おそらく3600。
上位クラスのバッジには、VとかMと書いてある。

店内入ってすぐ左手が上位クラスのひな壇。
人数は少ないが、レベル高し。
これまたびっくりするほどの上玉だった。若いのはもちろん、顔が小さくてかわいく、スレンダー。ゴーゴーなら1軍でも通用しそう。
あっというまに日本人が指名していたのも納得。
インド・アラブ系は2000か2400から指名。

今回まわったMPの中では、質・量ともナンバー1。

Sabai Room(サバイルーム)

パタヤのMP サバイルーム (2)

パタヤのMP サバイルーム (1)

セカンドロードを渡ったところ、セントラルマリーナの隣にある。

地図

サバイグループ系列店。

料金:2000、2400

サバイルームとほぼ同じような雰囲気。人数はサバイルームより少なかった。
正直、まったく印象に残っていない。
ひょっとして2800の上位クラスもいたかも。

P.P. Body Massage(PPボディマッサージ)

パタヤのMP (8)PPボディマッサージ

ソイブッカオからサードロード方面へ入っていく。
サードロードのソイ21だが、このマッサージ屋の名前を取って、ソイPPとも呼ばれる。

地図

最近、外装をリニューアル。
中もちょっと綺麗になったような気がする。

料金:2000、2500、3000

きっちりと料金が掲示してあったように思う。
場内はインド・アラブ系の団体でおおにぎわい。ソンテウに10人以上乗ってやってくる団体客多し。

ひな壇には30人ほど。
やはりインド・アラブ系を意識したラインナップ。
3000のクラスが5人ほどいて、ぎりぎり日本人向けといったところ。
でも、ここで3000を出すなら、HONEY2の3200を選ぶべきだろう。

 

以上でパタヤのMPは制覇。
実際にはもう1軒。スクンビット通りにヘブンという複合施設があってMPも入っているようだが、訪問したことがなく詳細不明。

HEAVEN MP

場所も不便だし、無理に訪れる必要はなさそう。

Dream Teen Massage(ドリームティーンマッサージ)

パタヤのMP ドリームティーンマッサージ

MPではないが、マッサージ特化の専門店ということで、ドリームティーンもあわせて紹介。
場所は、ソイPPのブッカオ寄り。
ブッカオ常設市場から歩いて2,3分の好立地。

地図

日本語表記での看板あり。
ママさんは基本英語かタイ語での対応。少しだけ日本語がわかる。

1時間のオイル系マッサージが400バーツ。この料金だと、部屋はシャワー付きのスタンダードルーム。
部屋のグレードを上げると、バスタブやジャグジー付きとなる。
BALLマッサージとは、睾丸のこと。カサーイと言っていた。

受け付けロビーで顔見せあり。もちろん指名可能。
指名後に部屋へ移動してプレイという流れだ。

最低でもシャワー付きの個室での施術となるため、ソイハニーやソイチャイヤプーンにある怪しいマッサージ屋とは一線を画す。
ただしスペシャル込みの料金体系ではないので、あとは女性次第。
最後までで追加チップ1500バーツが言い値。
あとは交渉で。
マッサージはわりとしっかりやってくれるみたいだ。
日本人客ならほぼ100%スペシャルのお誘いがあるはず。バスタブ付きの部屋にすると、実質的にMPと大差はなくなるが、それなら最初からフルサービスのMPを選んだほうがいいかもしれない。

まとめ

今回の調査は週末の夕方頃。
わりと出勤数も多いが、客も多いといった時間帯のはず。
その中でも、やはりHONEY2が突出していた。圧倒的と言える。
あとはどこも似たようなもの。
結局は、自分の好みの一人を見つけ出す作業のため、いくつもまわってみるしかない。
上位クラスはルックスはいいが、サービスがいいとは限らない。これは他の業態でも同じこと。
あとはコンチアの助言を信じるか、自分の直感を頼るしかない。
バービア、ゴーゴーなど、街全体が風俗街のようなパタヤだが、あえてMPで遊んでみるのも一興かも。

MPめぐりをするなら、ノースパタヤの4軒で充分だと思う。
パタヤでMPをメインに遊ぶ人は少数派かもしれないが、ノースパタヤに滞在しておけば、MPめぐりは容易。
このあたりは昔から日本人の多いエリア。最近は中国韓国が急激に増えたが、日本人フレンドリーなエリアなのは変わらず。
日本食レストラン、日本語カラオケもいくつかある。
ウォーキングストリートとの行き来はソンテウ1本。LKメトロやソイブッカオ界隈で遊ぶ予定がないなら、便利な立地。

ノースパタヤのホテルは比較的設備が整ったところが多い。

サイアム アット サイアム デザイン ホテル パタヤ (Siam @ Siam Design Hotel Pattaya)

siam-at-siam-hotel

ノースパタヤを代表する高層ラグジュリアホテル。屋上プールの人気度高し。
すぐ隣がHONEY2という最高の立地。

アゴダ

ベラ ヴィラ プリマ ホテル (Bella Villa Prima Hotel)

テレビはNHKの本放送が映る。紅白視聴可とのこと。ロビーに日本語新聞あり。日本人フレンドリーなホテル。

アゴダ

ミット ビーチ ホテル (Mytt Beach Hotel)

ハロウィーンパタヤ ソイ3ホテル

ソイ3の中にある完全新築ホテル。お値段高めだが、評価も高い。

アゴダ

パタヤで綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2018年(9月16日更新)


-MP・マッサージ系情報, 夜遊び情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.