*

AIS 1-2 Callのデータ通信パッケージプランはどれがお得か?一ヶ月用と一週間用を比較してみた。


タイでの滞在が長くなると、外出先でもLINEやフェイスブックを使う機会が増えてくる。
現地タイ人との連絡には、もはやLINEは欠かせないツールである。
何かというと、LINEやフェイスブックのメッセンジャーで連絡を取り合う。

もちろんガラケーで電話したり、SMSを利用してもいいのだが、ちょっとしたやり取りなどはすべてLINEで済ますようになってしまう。
また、出先でちょっと調べ物をしたい時に、スマートフォンでネット検索できれば便利だ。

ホテルやカフェでWi-Fi接続すれば、ネットは閲覧できる。
でも、外出先でいちいち接続先を探すのは面倒だ。
スマフォのデータ通信を利用して、いつでもどこでもネットにつなげるようにしたい。

そんなわけで、わたしは、タイのスマートフォンを購入して、AISの1・2コールを利用してネット常時接続している。
タイ滞在時には、手放せないツールとなった。

(なお、本記事はAIS限定のものとなります。他のキャリアに関してはさっぱりわかりません。)

SPONSOR LINK

データ通信を1ヶ月使うには?

さて、本題。

タイのスマートフォンのデータ通信のプランについてだ。

日本でスマフォを使用しておらず、この分野に関してはズブの素人だった。
よって、一番最初の申し込みはAISの直営ショップに相談しに行った。

AIS
条件は1ヶ月使えるプラン。
その時すすめられたのが、1ヶ月無制限(Unlimited)399バーツのプラン。

こちら
AIS_Data_Packages (2)

それ以降、何回かそのプランを使用。
今回のパタヤ滞在でも同じものを使っていた。
ちょうどキャンペーンをやっていて、1ヶ月1.5GBまで3Gでの高速回線での利用が可能だった。
(3月現在キャンペーン終了で、1GBまで。)

しかも、AISのWi-Fii利用も無制限。
まさに至れり尽くせりのプラン。
速度も特に問題なく利用可能。

が、スマートフォンでは、せいぜいLINEとかフェイスブックに使ったり、たまにニュースサイトをのぞく程度。
重たい動画系は、Wi-Fi利用のPCで見る機会が多いため、データ通信のパケット容量がなかなか減らない。

宿のWi-Fiが利用できなくなったときには、テザリングで使うつもりだった。
テザリングすると、動画サイトはちょっと動きが遅くなるけど、なんとか見られる速度。
通常のサイトなら問題なく見られる。
写真のアップロードに時間がかかるけれど、ブログの更新もできる。

速度が気になる場合は、AISのWifiがつながる場所(セントラルフェスティバル他、たくさんある)へPCを持っていけば、快適なネット回線が利用できる。

が、今回、宿のWifiは問題なかった。
実際はちょこちょこ断線していたが、隣のホテルのWifiも使えたので、問題にならなかったのだ。

しかも宿の部屋にいるときは、スマフォをWifi接続しており、その間はパケットの使用はゼロ。
そりゃあ、減らないはずである。

で、1ヶ月後のパケット残高がこれ。

AISデータ通信 (1)

1ヶ月間で使用したパケットがたったの320MB。
(残高が4GB181MBと表示されているのは、3ヶ月単位で合算してくれる仕組みだから。)

これでは、399バーツがもったいない。
宝の持ち腐れである。

データ通信プランの再検討

そこで、もっと安いプランを検討してみた。

AISのHP
http://www.ais.co.th/3g/en/package.aspx?id=4&type=mobile_package#tips

少々わかりにくいAISのホームページとにらめっこ。

で、今回、お試しに選んだのがこちら。

AIS_Data_Packages (1)

1週間使い放題のプラン。
69バーツ。
AISのWi-Fi利用はついていない。

今回の申し込みは、AISへは行かずに、スマフォから番号を打ち込んで送信した。
すると、すぐにSMSが届いて手続完了となる。

AISデータ通信3

750MBまでは384Kbpsという通信速度で、それを超過すると低速となるようだ。

384Kbpsという数値がどれほどのものかはわからないけど、スマフォでLINEやフェイスブックを見る程度の使い方だと、特に支障はなかった。
スマフォ側の問題かもしれないが、動画サイトではちょこちょこと一時停止が起きた。
動画を見なければ大丈夫なので、これで様子を見てみる。

さて、その結果。
やっぱりほとんどパケット残量が減らない。

AISデータ通信 (2)

残り722MB129KBという結果になった。
一週間で、たった28MBしか使っていない。
スマフォで動画を見なくなった影響も大きいだろう。

従量制と定量制

従量制にすると、どうなるか?
つまり、パケットを使ったぶんだけ課金されるシステムだ。

AISのサイトを見ても、どうにもはっきりしない。
おそらく、1MB=2バーツ。
速度はよくわからない。

1週間のパケット使用量が28MBだった。
かりに従量制で利用していたとしたら、56バーツだったことになる。
これまた微妙な結果。
1週間で56バーツ。
4週間なら224バーツとなる計算。

では、無制限ではない定量制のプランはどうか?

30日有効で、300MBまでのプランがある。
199バーツ。

3G max speed for 900 MB
(3ヶ月で900MBまで)

動画サイトを見ないかぎり、おそらくこの定量制で間に合うはずだ。

とりあえず、従量制は却下。

 

なお、AISのHPでは、ネット接続の使用頻度をそれぞれ入力すれば、おおよそのパケット使用量を計算してくれるページがある。
が、肝心の項目がタイ語のみで、どうにもはっきりしないのが難点。

AISパケット計算

http://www.ais.co.th/3g/en/data-calculator.aspx#tips

項目をすべて埋めると、最適なパッケージプランを提案してくれる。
アイコンで何となく意味がわかるので、一度試してみてほしい。

LINEでのメッセージのやり取りや、サイトの閲覧程度では、なかなかパケットは使わない。
動画やゲームのダウンロードなんかを頻繁にしている人は、すぐに減っていくかも。

結論

1ヶ月間データ通信を行うには、以下の選択肢が残った。

1ヶ月無制限プラン:399バーツ
30日間300MBまでの定量制:199バーツ
1週間無制限プラン:69バーツ×4=276バーツ

30日間300MBまでの定量制なら199バーツ。
ライトユーザーなら、このプランで1ヶ月持つ。

が、もしも部屋のWi-Fiなどが利用できなく可能性も考慮すると、やはり無制限プランのほうが好ましい。
わたしの場合は、PCで作業する時間が長く、インターネット環境を切らすわけにはいかない。

69バーツの1週間プランをその都度更新すると、4週間で276バーツ。
でも、このプランだと、1週間ごとに申し込む必要がでてくる。面倒くさい。
しかも28日間なので1ヶ月には足りない。

結局、安心料も込みで考えると、一か月399バーツのプランがベターという結論に落ち着いた。
おまけに通信速度も早い。動画も見られる。
AISのWi-Fiも無料で付く。

というわけで、次回タイに1ヶ月以上滞在するときは、1ヶ月使い放題399バーツのプランにする。
ふう。無駄に遠回りしてしまったような気もするが、やっぱり使い放題が楽でいいや。

一週間ほどの短期旅行者におすすめのAISデータ通信プラン

今回のわたしのケースは、1ヶ月の利用が前提だったので、いろいろと考える部分があった。
多くの短期旅行者は、1週間程度の滞在だと思われる。

動画やゲームのヘビーユーザーでなければ、1週間69バーツのプランでいけそうだ。
ホテルの部屋ではWi-Fi接続でネット利用。外出時にLINEやフェイスブックをチェックするくらいの使いからなら、なおさら問題なし。

ヘビーユーザーには、上位プランの利用をおすすめしたい。
といっても他の1週間プランは、79バーツか249バーツの選択肢しかないが。

また、短期旅行者に便利なのが、トラベラーSIMカードだ。

AIS TRAVELLER SIM

AISトラベラーズSIM

http://www.ais.co.th/roaming/visiting/sim-for-traveller-en.aspx

3種類に分かれている。

299バーツのトラベラーズSIMカードの場合。
1週間のデータ通信無制限で、1.5GBまでは高速で接続可能。
100バーツの通話代も含まれている。

ごく一般的なユーザーならこれで充分だろう。
入手は、スワンナプーム空港到着フロアーにあるAISカウンターで。同様の旅行者用SIMは、DTACなどでも売っている。
コンビニでも入手可能だ。(ちょこちょこ売り切れているみたいだが。)

ただ、これはSIMカードの有効期限が短い。
次回の訪タイの折には、使えない。
年に何度も訪タイするようなリピーターなら、有効期限の長いシムカードを持っておくべし。
(わたしは一年有効のSIMカードにしている。)

接続方法などがよくわからない人は、街角にたくさんある携帯屋でSIMカードを購入すれば、アクティベート作業もやってくれる。ちょっと高いSIMカードを買わされるおそれはあるけど。

最も確実な方法は、AISの直営ショップへ行くことだ。
正規料金で、すべて対応してくれる。

すでにタイのガラケー用のSIMカードを持っている人でも大丈夫。
番号そのままでネット接続可能だ。
アクティベート作業など、これまたよくわからない場合は、迷わずAISショップへ。
その場で料金の支払いから手続きまでオッケーだ。

 

タイでデータ通信するには、SIMフリーのスマートフォンを持っていることが前提となる。
SIMロックのかかった日本のスマフォでは、タイのSIMカードは認識してくれない。

 

日本国内で買える格安SIMフリースマートフォン。1万円ほどとお買い得。
SIMカード2枚挿せるから、日本とタイそれぞれのSIMカードを常時セット可能。
タイの携帯番号で認証すれば、タイ専門のLINEが登録可能。スタンプもタイ仕様となる。

少々割高になるが、旅行前に日本で買えるトラベラーズSIMカード

SPONSOR LINK

関連記事

ドンムアン空港発ローカルバス (3)

ドンムアン空港からローカルバスでスワンナプーム空港やモーチットへ行く方法。バスを乗り換えてパタヤへ。

ドンムアン空港からパタヤへ行く方法 以前、ドンムアン空港からパタヤへ行く方法を紹介した。

記事を読む

下痢薬

タイで食あたり性の下痢になった時の対処法と薬局の使い方

タイで下痢になった時の対処法について、わたしの実体験を基に書いてみたい。 あくまで、医学に

記事を読む

スクリーンショット_120215_015436_AM

タイ国際航空のタイムセール実施中。往復で総額34,280円(諸費用込み)。

タイ国際航空が、TGスーパーディール・WEBスペシャルと題したタイムセールを実施中。

記事を読む

AIS12コールトップアップマシーンキオスク

AISの1・2コールを20バーツでトップアップして有効期限を延ばす方法(手数料なしで最長1年)

タイの携帯電話会社といえばAISの1・2call。 他にも会社はあるが、ワンツーコールを使って

記事を読む

Amazon.co.jp- Kindle for PC1

沈没生活の暇つぶし登場。Kindle for PCなら、Windowsマシンやタブレットで電子書籍がサクサク読める。

海外に長期滞在していると、どうしても昼夜問わず暇な時間ができてしまう。 読書好きなら、本を読み

記事を読む

パタヤタイカオマンガイ (1)

ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。

ソイブッカオとサウスパタヤロード(パタヤタイ)の交差点にあるカオマンガイ屋台に行ってみた

記事を読む

ドンムアン空港のコンビニとフードコート (7)

ドンムアン空港のコンビニと格安クーポン食堂(マジックフードポイント)

LCCの普及で、ドンムアン空港を使う機会が増えてきた。 ドンムアン空港の発着用ターミナ

記事を読む

LINEスマフォ (2)

タイのLINEアカウント乗っ取り詐欺に合う

先日、軽い事件が起きた。 わたしのタイ専用LINEアカウントが乗っ取りにあった。 いつも

記事を読む

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_112316_040904_pm

SCOOTプロモーション最新情報。バンコク往復18640円。

スクート(SCOOT)のプロモーション 毎度おなじみのLCC、スクート(SCOOT)が毎度のよ

記事を読む

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_102916_113438_pm

SCOOT4周年プロモーション中、急げ。バンコク片道8400円、往復15801円。

LCCのスクート(SCOOT)が、新たなセールプロモーションを始めている。 題して

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

→もっと見る

PAGE TOP ↑