パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2018年パタヤ発チェンマイ・プーケット周遊旅行 タイ地方都市グルメ

チェンマイのサンデーマーケット「ウォーキングストリート」でたこ焼き

投稿日:


チェンマイ旅行記

チェンマイ日曜日の名物といえば、旧市街地内で開かれるサンデーマーケット。

チェンマイサンデーマーケット (1)

車道が閉鎖され歩行者天国となることから、別名「Chiang Mai Walking Street」
チェンマイにもあるウォーキングストリートである。

SPONSOR LINK



チェンマイサンデーマーケット

毎週日曜日、午後4時から11時まで車両進入禁止。
2本の道路が歩行者天国となり、ずらりと露店が並ぶ。
それがチェンマイのサンデーマーケットだ。

午後4時前から訪問。
ちょうど屋台が並び始めるタイミングだった。

チェンマイサンデーマーケット (3)

設営途中の屋台もあって、人混みはまだおとなしめ。
それでもかなりの数の屋台が出ている。

チェンマイサンデーマーケット (4)

チェンマイサンデーマーケット (5)

チェンマイサンデーマーケット (7)

チェンマイサンデーマーケット (8)

チェンマイサンデーマーケット (9)

チェンマイサンデーマーケット (10)

毎日開催しているナイトバザールよりも店舗数ははるかに多い。
ナイトバザールと似たような民芸品や衣類もあるけれど、よりローカル向けの商品が多いような印象。
ナイトバザールはもろに外国人観光客向けで、サンデーマーケットはタイ人をよく見かける。

お寺の境内の中まで屋台で埋め尽くされる。

チェンマイサンデーマーケット (13)

チェンマイサンデーマーケット (17)

また、ナイトバザールと違い、飲食店が多いのも特徴。
うまそうな料理が並ぶ。

チェンマイサンデーマーケット (12)

チェンマイサンデーマーケット (18)

なんちゃって寿司は5バーツから。

チェンマイサンデーマーケット (14)

チェンマイソーセージのサイウアも売られている。量は不明だが20バーツは安いな。

チェンマイサンデーマーケット (6)

でも、一番気になったのは、これだ。

チェンマイサンデーマーケットのたこ焼き (1)

TAKOYAKI!

チェンマイでもたこ焼き

異国の地でたこ焼き。これ以上に関西人の心を揺さぶるものはない。
海外滞在中でも特に日本食を求めるタイプではないが、たこ焼きには惹かれてしまう。たこ焼き屋台を見つけたらなら、食べずにはいられない。これは本能に根ざした行為なのでしかたない。

しかも、サンデーマーケット内にたこ焼き屋台はいくつかあった。
タイではすっかり定着してきたなあ、たこ焼き。

今回はこの屋台で。

チェンマイサンデーマーケットのたこ焼き (2)

しっかりと鉄板で焼いております。

メニュー
チェンマイサンデーマーケットのたこ焼き (3)

TAKO
SPINACH

タコは当然だけど、ほうれん草ってのがよくわからん。
チーズは遠慮しておこう。
普通のたこ焼きで。5個入り35バーツをオーダー。

熱々の焼きたてを容器に入れてくれた。

チェンマイサンデーマーケットのたこ焼き (4)

かつお節、海苔、それにマヨネーズがきちんとかかっている。

大玉のたこ焼きで、外はかりかりに焼いてある。
中はふっくら。

チェンマイサンデーマーケットのたこ焼き (5)

わりと大きめのタコがちゃんと入っている。
たこ焼き自体は合格でしょう。外が少々焼きだけど、これくらいカリッとしたほうがタイ人好みなのかも。

ソースは、タイの他のローカルたこ焼き屋のような甘ったるいものかと思っていたが、意外にも醤油ベースだった。
醤油を薄めて、ちょっと甘くしたような感じだろうか。砂糖醤油ほどは甘くないけれど、たしかに甘みがある。
日本でも醤油系ソースでたこ焼きを提供する店もあるけれど、ここはちょっと違う味。
最初はパンチに欠けて違和感があるけれど、食べ進めていくとこれはこれでアリかと思えてくる。

まさか、チェンマイで醤油系ソースのたこ焼きに出会うとは思ってもいなかった。
たこ焼きとの出会いは大事にしないとね。
ちなみに場所はまったく覚えていません。サンデーマーケットを歩き回っていたら見つかるはずです。

大玉5個のたこ焼きはちょうどいい量。まだまだ食べ歩きは可能。

チェンマイのサンデーマーケットへお越しの際は、ぜひ醤油味のたこ焼きをお楽しみください。
いや、普通にタイ料理やチェンマイ料理を食べたほうがいいと思うし、サイウアやカオソーイを食べるべきなんだろうけれど、それはそれ。
異国の地で食べるたこ焼きがうまいんです。

ちなみに、日が暮れてからのウォーキングストリートはパタヤ同様、すごい人混みになります。
じっくりゆっくり屋台めぐりをしたいなら、夕方の訪問がおすすめ。
B級グルメ食べ歩きをぜひどうぞ。

SPONSOR LINK

-2018年パタヤ発チェンマイ・プーケット周遊旅行, タイ地方都市グルメ

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.