*

初日はクーデター

公開日: : 最終更新日:2015/07/26 2014年5月~7月パタヤ沈没日記 ,


1日目

ほぼ3ヶ月ぶりのパタヤ訪問。
今回は2ヶ月弱の滞在予定だ。

貧乏旅行者御用達、エアアジアXでクアラルンプール経由バンコク・ドンムアン空港へ。

エアアジアパタヤ初日 017

そういえば、新しくできたKL第2LCCターミナルは規模が大きい。以前の第1とは雲泥の差。綺麗なソファーや、飲食店、免税店が多い。ホテルやスパもある。フードコートは建設中だが、すべて完成すればメインターミナルと遜色ないほどの立派なもの。すばらしい。

エアアジアパタヤ初日 008

さて、ドンムアンから無料のシャトルバスでスワンナプームへ移動。
バス停の前にある受付で、乗ってきた便の半券を見せればオッケーだ。というか、車内チェックは無かったので、別に半券を提示する必要もないだろう。
(追記。2015年現在、スワンナプーム空港発の航空券を持っていないと、この無料バスには乗れない。)

50分ほどでスワンナプーム到着。
スワンナプームからは、パタヤ行きのバスに乗る。134バーツ。なんとか夜9時発のバスに間に合った。
ドンムアンからパタヤへ行くには、おそらく、これが最安の方法。
最短はもちろんタクシー利用。

夜11時過ぎにパタヤ到着。
この時間は北バスターミナルが終点となる。
乗り合いソンテウが1台だけ止まっていたが、ジョムティエン行きとのことで乗車不可だった。ここで客待ちしているバイタクはふっかけてくることが多いので、ノースロードまで行ってからバイタクを拾った。

それにしても辺りが暗い。
バスターミナル入り口にあるファミリーマートの明かりも消えている。
いったい何があったのか?
ソイブッカオに入るも、あらゆるレストランやバーの電気が消えている。
おかしい。今日は禁酒日ではないはずだが。
それに24時間営業のはずのコンビにまで閉まっているのは異常事態だ。
走りながらバイタクのおじさんに聞いてみるも、タイ語がよく聞き取れず不明。
とりあえず、ブッカオの途中で降ろしてもらった。

いつも泊まっている宿は夜間無人となるのでチェックイン不可。
以前から懇意にしいてるホテルに向かうもあいにくと満室。
レストランもバーも閉店しているけど何があったのか、とレセプションにたずねてみると、軍の命令だという。
よくわからんが、とりあえず、今夜の宿を確保せねば。

実は手持ちのバーツが500バーツほどしかなかった。
両替しようにも、両替所どころかあらゆる店が閉まっている。
カシコン銀行の口座を作ってあるものの、残高はない。
周囲にほとんど人はいない。真っ暗だ。
ソイブッカオとソイダイアナの交差点で途方にくれそうになった。
が、すぐ近くにあるホテルに飛び込みで泊まることができた。しかもクレジットカードでの支払いもオッケー。

SUTUS COURT

sutus court
一番安い部屋で650バーツ。
まあ、泊まるだけなら問題なし。
ともかく、これで一安心だ。

テレビをつけてみたが、どこも映らない。
どうなっているのか。
スマホをWifiにつないでみると、日本の友人からメールがきていた。
「タイでクーデター起きたけど大丈夫?」
なるほど。すべて合点がいった。
戒厳令。夜間外出禁止。
そりゃあ、店も全部閉まるし、人も歩いていないわけだ。

が、戒厳令だろうが、腹は減る。
かろうじて細々と営業していたイサーン料理屋台で最後の焼き鳥をまとめて購入。5本で40バーツにまけてくれた。
屋台のおばさんは、これで店じまい、と忙しげに後片付けをはじめた。

ホテルのロビーで焼き鳥をかじりながら、スマホで情報収集。
タイ陸軍によるクーデターが起こり、夜間10時から翌朝5時までの夜間外出禁止令が発令されたと日本のサイトでも報じられていた。
こりゃあ、夜遊びどころではない。
特にすることもなく、大人しく寝るしかない。

初日はこれにて終わり。
飛行機に乗っている最中に訪問先の国でクーデターが起きるなんぞ、めったに遭遇することじゃない。
一日が無事に終わってみれば、これもいい経験だったと思える。
これから一ヶ月以上パタヤで生活するのだ。
先は長い。
のんびりいこう。

SPONSOR LINK

関連記事

ウドンセントラル2

ウドンタニーで1泊。もちろんバービアめぐり。

29日目つづき 【再びウドンタニーへ】   無事にタイ再入国を済ませ、ウ

記事を読む

散髪屋

パタヤで散髪

3日目 さて、気を取り直して本日の任務。 それは散髪だ。 パタヤで散髪屋に行くようにな

記事を読む

pattaya

沈没生活まとめ。パタヤ一ヵ月半の滞在費と夜遊び代

トータル48泊のパタヤ沈没生活。 支出はいくらだったのか、公開してみます。 結論から

記事を読む

センタン映画館

目覚めの一発から映画デート

32日目 【Nと目覚めの一発】 Nは午前中から病院に行く予定とのこと。 9時には一度自分の部屋

記事を読む

クイジャップ3

ガパオプラームック、クイジャップ、大雨

35日目 早朝まで日本代表戦を見ていたので、起床は昼過ぎ。 曇り空であまり暑くない。

記事を読む

バービア姉さんたち

バービア沈没ファランスタイル

20日目 一晩中エアコンを付けっぱなしで寝ていたせいか、喉が荒れ気味だ。少し調子が悪い。 無

記事を読む

イカ焼きとえのきベーコン

今日もだらだらバービアで沈没

39日目 昼食はファミリーマートの冷凍弁当。 日本式のカレーライスをチョイスしてみた。

記事を読む

ムーカタ

バービア嬢Nが部屋に来る。それからムーカタへ

34日目 昼過ぎ、LKメトロのケバブ屋で昼食。60バーツ。 なんだかんだ言って、週に

記事を読む

ヤム

タップタップ

15日目 軽い二日酔いで少々気分が悪い。 ご飯を腹に入れておこうと、カオマンガイを昼飯にした

記事を読む

soibuakao

クーデターから一夜明けて

2日目 到着日にクーデター遭遇というアクシデントから一夜が明けた。 熟睡していたようで、目が

記事を読む

medi8サイドバートップ300×250

medi8サイドバートップ300×250

ソイ7バービア Soi 7 beer bar
ファランに囲われ、イサーンへ帰るバービア嬢

パタヤ沈没日記4 数年前から仲良くしているバービア嬢がいる。

ソイブッカオ常設市場ぶっかけ飯 (3)
【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

貧乏節約型長期滞在者の心強い味方といえば、ソイブッカオにある常設市

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

→もっと見る


PAGE TOP ↑