*

豚のニンニク炒めとサードロード屋台散策


45日目

昼飯は豚のガーリック炒め乗せご飯

けっこう好きな料理なんだけど、タイ語の名称がわからない。
屋台で注文する時に困った。
しかもニンニクのタイ語もド忘れ。

ええっと、パットムー、おー、プートヤンガイや。パーサーアングリット、ガーリック。サイガーリックや

と、しどろもどろになって伝える。
わたしのタイ語力なんてこんなものである。
あっさりと理解してくれた屋台のおばさん。
あなたは素晴らしい。

ちなみに、ニンニクはタイ語で「ガティアム」。
ということは、この料理は、「パットムーガティアム」でいいのかな。
ムーガティアムだけでも通じそうな気もするけど、よくわからない。

小さな器に、豚肉とニンニクとタレをいれてマリネ。
しばらくなじませてから、フライパンに投入していた。

炒めもの屋台

完成。
実にシンプルな見た目である。

ムーガティアム
豚肉に味が染みこんでおり、香ばしいニンニクがさらに食欲をそそる。
うまし。
でも、ちょっと単調だな。せめてカイダーオ(目玉焼き)くらい付ければよかった。
お値段40バーツ。

ちなみにこちらは、トゥッコムの地下フードコートで食べたもの。
屋台より、こっちのほうがおいしくて肉の量も多い。たぶん50バーツ。
豚肉のガーリック炒めライス

ブッカオ常設市場のぶっかけ飯屋でも似たようなメニュー見かける。
ぶっかけ飯

豚肉好きにはたまらない一品である。
できれば野菜と一緒にどうぞ。

サードロード屋台捜索

晩飯はソイボンコットのステーキ屋で、ポークステーキ。59バーツ。
それにしても、豚肉ばっかり食べているなあ。

関連記事:ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

 

食後、サードロードをうろうろ。
おっと、おいしそうな屋台をいくつか発見。

これは、ジョーク屋かスープ屋かな。
サードロードの屋台1

こっちはクイティアオとスープの店っぽい。
メニュー写真を見ると、ワンタンスープが置いてある。

サードロードの屋台2

他にも気になる店があった。
やはりローカル向けの安くてうまい食堂や屋台は、サードロードまで来ないとなかなか見つからないな。
ビーチロードとセカンドロードは厳しい。
ブッカオでぎりぎり。
サードロードより東側へ行けば、うまい店は見つかる。
今回の滞在で、そう実感できた。

(夜遊び編へつづく)

SPONSOR LINK

関連記事

フルーツ屋台

パタヤラストナイトもバービア。でも水と栄養ドリンクとフルーツで過ごす。

50日目 パタヤ滞在残り一日。 パタヤの夜を楽しめるのも今日が最後。 でも悲しいかな下痢に

記事を読む

元バービア嬢F2

21歳の元バービア嬢と再会。ちょっと淡白なブンブン。

沈没生活3日目 現在のパタヤは夜間とても涼しい。 寝るときはエアコン要らず。 しかも布団を

記事を読む

焼き鳥とカオニャオピン

中華弁当と焼き鳥屋台。バービア嬢から逆ぺイバーを迫られる。

38日目 昼飯は中華弁当 食選びに面倒になった時、重宝するのがコンビニ弁当。 意外とメニューも

記事を読む

ナックルアバービア群 (3)

ナックルアの真新しいービア群、VIP CENTER BARで飲む

48日目 ナックルアへ 夜7時頃外出。 ナックルアのバービアを捜索することにした。 噂で

記事を読む

ソイハニー

ソイハニー。想定外のスペシャルマッサージで一発抜かれてしまう。

(21日目つづき) 下痢気味だし、ビールもそこそこに、もう今日はいいかと、大人しく帰るつもりだ

記事を読む

ソムタム

ブッカオのバービアで今回初のペイバーするも不発におわる

(10日目つづき) まだまだ続くバービアめぐり ノースパタヤのバーめぐりを終え、ソイ6からソンテ

記事を読む

コヨーテバービア

ソイ6からドリンキングストリートまで、ノースパタヤの夜遊びスポットめぐり

パタヤ沈没10日目 本日の昼飯 なんとなくコンビニ弁当を選択。 魚のチリソース炒めご飯

記事を読む

ソイ6-2

友人二人がパタヤへ。パタヤ初心者をまずはソイ6へ連れて行く。

11日目 前夜ペイバーしたバービア嬢を宿の一階まで見送る。 見送りに行くことをタイ語で「パイ

記事を読む

カオムーデーン

カオムーデーンと、ディスコで男を探すフリーランサーたち

28日目 昼食はソイボンコットにあるクィティアオ屋。 ナムトックのスープが絶品だった。

記事を読む

ドンムアン空港 (8)

さらばパタヤ、さらばタイ女性たち、また会う日まで。日本帰国。

51日目 本日は帰国日。 名残惜しいが、パタヤともお別れだ。 どうせ2,3ヶ月もすれば戻っ

記事を読む

アドステア

アドステア

KIX to CLARK (15)
同日乗り継ぎで関空から香港経由でクラーク(アンヘレス)まで飛んでみた

アンヘレスの最寄り空港であるクラーク国際空港まで日本からの直行便は

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

→もっと見る

PAGE TOP ↑