パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2015年1月~3月パタヤ沈没日記

豚のニンニク炒めとサードロード屋台散策

投稿日:


45日目

昼飯は豚のガーリック炒め乗せご飯

けっこう好きな料理なんだけど、タイ語の名称がわからない。
屋台で注文する時に困った。
しかもニンニクのタイ語もド忘れ。

ええっと、パットムー、おー、プートヤンガイや。パーサーアングリット、ガーリック。サイガーリックや

と、しどろもどろになって伝える。
わたしのタイ語力なんてこんなものである。
あっさりと理解してくれた屋台のおばさん。
あなたは素晴らしい。

ちなみに、ニンニクはタイ語で「ガティアム」。
ということは、この料理は、「パットムーガティアム」でいいのかな。
ムーガティアムだけでも通じそうな気もするけど、よくわからない。

小さな器に、豚肉とニンニクとタレをいれてマリネ。
しばらくなじませてから、フライパンに投入していた。

炒めもの屋台

完成。
実にシンプルな見た目である。

ムーガティアム
豚肉に味が染みこんでおり、香ばしいニンニクがさらに食欲をそそる。
うまし。
でも、ちょっと単調だな。せめてカイダーオ(目玉焼き)くらい付ければよかった。
お値段40バーツ。

ちなみにこちらは、トゥッコムの地下フードコートで食べたもの。
屋台より、こっちのほうがおいしくて肉の量も多い。たぶん50バーツ。
豚肉のガーリック炒めライス

ブッカオ常設市場のぶっかけ飯屋でも似たようなメニュー見かける。
ぶっかけ飯

豚肉好きにはたまらない一品である。
できれば野菜と一緒にどうぞ。

サードロード屋台捜索

晩飯はソイボンコットのステーキ屋で、ポークステーキ。59バーツ。
それにしても、豚肉ばっかり食べているなあ。

関連記事:ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

 

食後、サードロードをうろうろ。
おっと、おいしそうな屋台をいくつか発見。

これは、ジョーク屋かスープ屋かな。
サードロードの屋台1

こっちはクイティアオとスープの店っぽい。
メニュー写真を見ると、ワンタンスープが置いてある。

サードロードの屋台2

他にも気になる店があった。
やはりローカル向けの安くてうまい食堂や屋台は、サードロードまで来ないとなかなか見つからないな。
ビーチロードとセカンドロードは厳しい。
ブッカオでぎりぎり。
サードロードより東側へ行けば、うまい店は見つかる。
今回の滞在で、そう実感できた。

(夜遊び編へつづく)

SPONSOR LINK

-2015年1月~3月パタヤ沈没日記
-,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.