パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート ステーキ・洋食

ソイユメのお手頃ステーキ&カフェ、コストコビストロ

投稿日:2018年2月11日 更新日:


ソイユメのパタヤカン寄りに新しいステーキ屋ができている。
ちょうどビッグCエクストラの駐車場出口の前あたりだ。

ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (21)

ステーキは69バーツからとお手頃価格。
ドリップした豆を使ったコーヒーが40バーツ。
店内はエコアンが効いていて清潔。
味と量は値段相応だが、使い勝手のよい洋食屋と言えよう。

(更新:2018年5月追加メニューあり)

SPONSOR LINK



Costco Bistro

ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (9)

ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (1)

看板とメニューによれば、店名はCostco Bistro。コストコビストロと読むのかな。

入口にはステーキの立て看板。

ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (8)

店内には木目調のテーブル。まだオープンして間もないようで、とても清潔。

ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (15)

ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (5)

エアコンあり。暑い日中は入口を閉めて、エアコンを効かせている。涼しくなる夕方夜間はたまにエアコンを切って扇風機だけにしているようだ。
室内禁煙だが、表のテラス席では喫煙可能。

メニュー
ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (4)

メインは洋食系。

スナック。唐揚げもある。
ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (12)

ステーキ
ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (11)

パスタは69バーツから
ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (2)

ご飯ものとスープもあり
ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (14)

スムージーとソフトドリンク
ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (3)

無料の水はない。でも、ペットボトルの水が10バーツとローカル価格なのはありがたい。

紅茶やイタリアンソーダも
ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (13)

コーヒー
ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (10)

ホットが40バーツ、アイスが45バーツからとお手頃価格。

他にも、韓国式かき氷のビンスーも置いてある。
ステーキ&カフェ&スイーツの店といった感じか。

フィッシュアンドチップス

最初に食べたのがフィッシュアンドチップス。79バーツ。

ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (6)

写真では小さく見えるが、そこそこの大きさ。
付け合せはフライドポテトとサラダ。
確かにフィッシュアンドチップスと言える。

ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (7)

衣はさくさくしておいしい。肝心の中の魚は脂っぽくて身が薄め。
ただし、自家製っぽいタルタルソースは上品かつおいしい。
こういったローカル系レストランでのフィッシュアンドチップスは、ただの魚フライと考えたほうがいい。

本格的なフィッシュアンドチップスなら、イギリス系の専門店がおすすめ。

関連記事:フィッシュアンドチップスがボリューム満点でうまい店、FRYDAY。ソイニュープラザにあるよ。
関連記事:パタヤの日曜日は、Marqueeでサンデーローストを。フィッシュアンドチップスもあるよ。どれでも100B!

コストコビストロでは79バーツと安価。まあ、こんなもんでしょう。

チキンステーキ

続いては、定番のチキンステーキ。69バーツ。

ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (17)

チキンステーキの量は、この手のローカルステーキ屋としては、標準的だろうか。
付け合せのサラダとポテトは、フィッシュアンドチップスよりも明らかに多い。ポテトの揚げ加減は好き。サラダも新鮮でマヨネーズ系のドレッシングは食べやすい味。
ここのポテトとサラダは美味しいと思う。

別角度でステーキを。

ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (18)

肉厚があり、柔らかい。
ソースはペッパーソース。胡椒の実がそのまま乗っかっている。がつんとした胡椒が刺激的。
ジューシーな鶏肉とピリ辛ペッパーソースとの相性がいい。
これで69バーツなら充分でしょう。

サードロードにあるガオライサイサムの79バーツチキンステーキに比べると、ボリュームがやや足りないが、価格を考えると上出来。

(追記)
後日、また食べてみた。

コストコビストロチキンステーキ

皿が木製となり、チキンステーキがハート型になった。
ハート型はたまたまかもしれないが、女性ウケするルックスへと変貌。味は特に変わらず。
ポテトがシューストリングに変わっている。

(追加)ポークステーキ

コストコビストロポークステーキ

その後食べたポークステーキ。79バーツ。
やや肉は固めだが、ジューシーで食べごたえあり。
ソースはペッパー系。

アイスカプチーノ

食後にカフェをいただく。

ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (16)

アイスカプチーノ。45バーツ。
マドラーがちょいオシャレ。
コーヒーはドリップしてあり、きちんと苦味と旨味も出ている。
まあ、高級店には到底叶わないが、エアコンの利いた店で飲むコーヒーとしては安いほうでしょう。

ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (19)

テラス席では喫煙可能。
食事は涼しい店内で、食後はテラス席に移動してコーヒーのみながらタバコで一服。
愛煙家はこのスタイルがおすすめ。
ソイユメ沿いということで、ちょっと車がうるさいが、これくらいはしょうがないですな。

地図

パタヤカンからソイユメ(Paniadchang)に入り、少し進んで右手。
ビッグCエクストラの駐車場目の前。

ソイユメのコストコビストロステーキ屋 (20)

斜め前の路地には、AKGという日系旅行代理店のオフィスが見える。

また、近くにAPUSという日本人人気の高いコンドミニアムもある。

ソイユメのAPUSコンドミニアム

ビッグCの駐車場を抜けた先には、これまた日本人にわりと人気のサービスアパートメントもある。

関連記事:パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

このあたりは意外と日本人が多いエリア。
ビッグCエクストラ至近、さらにハーバーパタヤも徒歩圏内と実に便利。

コストコビストロの営業時間:午前10時半から午後10時まで

昼飯としての訪問がおすすめです。

まとめ

料理の価格はお手頃。味と量は、価格に充分見合っている。
この手の安いローカルステーキ屋でエアコンが効いている店舗は少ない。これは高評価。
食後にテラス席で一服できるのもありがたい。
チキンステーキとコーヒーを合わせても100バーツちょっと。
コスパは上々。
昼間にのんびりとステーキとコーヒーを味わいたい人向けです。
とはいえ、わざわざ遠方から訪れるほどの店ではない。近所に滞在しているか、ビッグCエクストラでの買い物ついでに寄るのがよさそう。

(当記事はツイッター経由で読者の方に教えてもらい、実地調査してきたものです。情報提供してくださった方、ありがとうございます。)

SPONSOR LINK

-グルメレポート, ステーキ・洋食

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.