*

大卒バービア嬢Fをふたたび連れ出す

公開日: : 最終更新日:2014/10/24 2014年5月~7月パタヤ沈没日記 , ,

16日目

【連れ出し作戦】

3日間まったくペイバーせず。
そろそろ欲しくなってきた。
例の大卒バービア嬢Fをペイバーしよう。
が、田舎から母親が出てきているのでロング不可。
そこで策を練る。
早めの時間から連れ出し、夜12時頃に帰るまで2発やろう作戦だ。
なんともせこい作戦だが、2発やるならチップはロング分払ってもいいし。
ふふ、これで元は取れるぞ。

夕方6時ころ、バービアへ向かう。まだ日は明るい。
途中のコンビニで栄養ドリンク「M-150」で滋養強壮をはかる。
M150

これで準備万端だ。
鼻息荒くバービアへ。
挨拶を交わすなりペイバーを切り出す。
が、ドリンクを注文しない場合、ペイバー代があがるとのお達し。

どうどう。まあ、落ち着け。

とりあえずビールを一本注文。
さっと飲み干し、Fを連れ出す。

【部屋でブンブン】

F2

部屋に戻り、さっそくシャワー。
一緒に入ろうと誘うが拒否される。
先にFが浴室へ入るも、鍵をかけていない。

ふふっ、隙があるぞ。

これはチャンス。
シャワーの流れる音を確認してから、浴室へ突入。

黄色い悲鳴

Fは、素っ裸で便座の上にまたがり、股間にシャワーをあててじゃぶじゃぶと洗っている真っ最中だった。

シャワーの音ってそれかよ!?

悲鳴を上げたいのはこっちだ。
なんて洗い方をするのだ。

そそくさとFは浴室を飛び出していった。
これでシャワーは終了らしい。
ちょっと、すかされた気分だ。

気を取り直し、一人でシャワーを浴びて、いざ。
今日は電気を消さずに、明るいままでオッケーのようだ。
裸体がよく見える。
やはり明るいほうが興奮する。
まあ、バイク事故でのアザや色黒な部分が強調されるのは逆効果だけど。

胸を舐めると、少し塩辛い。
やっぱりちゃんとシャワー浴びてない。

む、ちょっとサービスが低下している。
あれほど熱心の応じてくれたキスもちょっと遠慮気味。
スモークも嫌だといって、ほんの少しだけ。
それでも、今回はドーピングに頼ることなく屹立。
が、ちょっと味気ないまま一回戦終了。

まあいい。
部屋で少しのんびりしてから、夕食を取りに行き、その後でもう一回やろうと考えていた。
先にFがシャワーを浴びて、こちらが浴び終わるとFはすでに帰り支度を済ませていた。
帰る気マンマンの様子だ。

いやいや、ゆっくりしようと提案するが頑なに拒否。何か用があるとか何とか。
まあ、嫌がるものを強制的に居残らせてもしかたあるまい。
ショート代だけ渡して帰らせる。

こうして低レベルの作戦は見事に失敗に終わった。
完全に不完全燃焼だ。

まことに自分勝手な理屈だが、もうFをペイバーすることはないだろう。
終わった。さらば。

 

【結局、バービアでビリヤード】

時刻はまだ夜7時くらい。
ブッカオにある屋台食堂で一人、夕食。
カオ・ムゥ・デーン。焼き豚ライス。40バーツなり。
タレは2種類からお好みで。
カオムーデーン

 

それから馴染みのバービアへ。
10日ほど前にペイバーしたSがいた。
今日はファランにペイバーされていないようだ。
それにしてもいつもツンとすませた表情である。
でも、ベッドの上では情熱的に応じてくれる。
Fはやめて、やはりこの子にしよう。
いや、そうすべきだったのだ。
が、当然、今日は精神的にも体力的にも金銭的にもペイバーは無理だ。

ビールを飲みながら、S以外のバービア嬢とかわるがわるビリヤード対決。
5ゲームやって負け越し。

ずっとビリヤードをやっていたものだから、他のバービアの人から「You レン プール too much」と英語タイ語交じりでからかわれた。

レン=遊ぶ、play
プール=プールゲーム、つまりビリヤードのこと。英語圏ではビリヤードという言い方はあまりしない。プールゲームと呼ぶのが一般的だ。タイでは「スヌッカー SNOOKER」と言うこともある。

どうにも不完全燃焼のまま、宿に戻る。
あまり寝付けなかった。

待ってろツンデレS、3日後にはペイバーするからな。


関連記事

the castle

サードロードに怪しいフェティッシュクラブ発見。夜、大卒バービア嬢と出会う

11日目 もうほとんど痛みはなくなったが、最後のダメ押しで薬を飲んでおく。 これで下痢ともお

記事を読む

バンコク銀行

ATM使用不可。残金60バーツ。でもマイペンライ

41日目 いよいよ7月に突入。日本も暑くなっていることだろう。 パタヤはもっと暑い。ここ数日

記事を読む

ウドンセントラル2

ウドンタニーで1泊。もちろんバービアめぐり。

29日目つづき 【再びウドンタニーへ】   無事にタイ再入国を済ませ、ウ

記事を読む

バス修理2

バス爆発。パタヤへの長い道のり。ビザランまとめ。

30日目 【ウドンタニーの朝】 早朝5時起床。 日本対ギリシャ戦。 ひどい内容だった。 こ

記事を読む

Uちゃん

新人バービア嬢をペイバーするも

40日目つづき Nとバイバイして、一路、ブッカオのバービアへ。 Uは今日もいた。 まだ働い

記事を読む

crazy house

ウォーキングストリートの格安屋台群とCRAZY HOUSE

21日目 昼飯はから揚げ(ガイトート)とカオニャオ、それとおかず屋台でラーブ。 これで計45

記事を読む

マッサージ屋個室

怪しいマッサージ屋へ

4日目つづき 【エロマッサージ屋で】 宿への帰り道、とあるソイの怪しげなマッサージ屋密集地帯。

記事を読む

407バス

急遽、ラオス・ビエンチャンへのビザランをすることに

28日目 【パタヤからのビザラン】 そろそろタイに入国してから一ヶ月になる。 滞在期限が迫

記事を読む

soi7

ソイ7のバービアでペイバーして連れ出す

2日目続き 初日はクーデターで夜遊びどころではなかった。 2日目にして初の夜遊びだ。 向か

記事を読む

センタン映画館

目覚めの一発から映画デート

32日目 【Nと目覚めの一発】 Nは午前中から病院に行く予定とのこと。 9時には一度自分の部屋

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑