パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2017年~2018年パタヤ沈没日記

パタヤの元日はテンション低め

投稿日:2018年1月2日 更新日:


沈没日記

1月1日。日本でいうなら、元日。
大盛り上がりの年越しを終えたパタヤ。

二日酔い、ハングオーバー、遊び疲れの人多数。
わたしも、朝まで飲み歩いてぐったり。アパートのメーバーンが掃除に来る日だったが、明日に延期してもらい、部屋でひたすら寝る。
ハッピーニューイヤーのLINEメッセージ到着音で午前中に一度目が覚めたが、二度寝。結局、起きたのは午後2時過ぎ。
頭がふらふら、喉はがさがさ。
まったくテンションが上がらない。
日本なら、おせち料理をつまみながらテレビでも見るか、ふらふらと初詣に行くところだが、パタヤにはおせちも神社もない。
外はいい天気だ。
でも出かける気力はない。
とにかく、テンションの上がらぬままだらだら過ごすだけ。無駄に動画サイトを巡回して、無為に時間を過ごす。

食事も手抜きそのもの。

コンビニ弁当

コンビニ弁当である。おいしいが、どこか寂しい。
でもテンションは上がらないし、食欲がそもそもない。義務的に食べるだけ。

ずっとPCをいじったり、動画を見ていると、いつの間にか午後11時過ぎ。
気力はないが、とりあえず外出。

バイクでソイブッカオ、セカンドロード、ビーチロードをざっと一走り。
昨晩とはうって変わって、交通量が激減。
ところどころのバーでパーティをやっているが、どこか盛り上がりに欠ける印象。
パタヤ屈指のバービア群であるソイ7は、びっくりするほど、客もバービア嬢も少なかった。
まるでお通夜状態。

知り合いのバービアへ顔を出してみると、見るからにみんなの顔が疲れている。
ママさんとキャッシャー以外のバービア嬢は一人だけ。
客はファラン一人。あまり元気なさそうにぽつりと飲んでいる。
ママさんに話を聞くと、どこのバーも一緒。ファランはカウントダウンで飲み疲れて部屋で寝ている。バービア嬢は、固定客に連続ペイバーされていて、仕事には来ない。
大晦日はたとえペイバーされていてもバーに出勤する必要があったそうだが、1月1日はペイバーされていたら出勤の必要なし。
そりゃあ、みんな、あれだけ大騒ぎしたら、翌日は大人しくしていたいよ。当然。

別のバービアへ寄ってみると、知り合いバービア嬢がすでにダウンして、カウンター内で寝ていた。
昨日の疲れと今日の酒で体が持たなかったそうだ。

普段はハイテンションなバービアだが、今日ばかりはみんなおとなしい。
客のファランもおとなしい。
いや、たまたま客でいたインド系の若い男だけがテンション高めだった。こいつらは年中テンションが高い。
見ているだけで、さらに疲れる。

ウォーキングストリートやLKメトロへ行く気力はすでにない。
おそらく、惨憺たる出勤状態であると容易に想像がつく。
ほぼ間違いなく売れっ子どころは連続ペイバー・予約ペイバー済みで、そもそも出勤していないだろうし、二日酔いで欠勤する人も多いはず。
そんなひどり有様を確認するのも一興かもしれないが、完全に気力体力切れ。

まったくテンションの上がらぬ元日パタヤ。
部屋に帰って、一日遅れの絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時をこっそりと視聴しながら、眠りについたのだった。
祭りのあとの寂寥感、ここに極まれり。
明日からはまた笑って過ごしたい。

SPONSOR LINK

-2017年~2018年パタヤ沈没日記

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.