パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

エッセイ

アンヘレスで出くわしたパタヤ沈没ファランの正体

投稿日:

フィリピン旅日記の中で触れたが、顔なじみのパタヤ沈没ファランとアンヘレスでばったり遭遇した。
わたしがパタヤでよく訪れるバービアの常連客の一人だ。
それほど交流があるわけではなく、挨拶を交わす程度の関係。
見た目年齢はおそらく50代半ばくらい。
毎日のようにどこかのバービアで飲んだくれている典型的なパタヤ沈没ファランである。つまり、わたしと完全に同類。

アンヘレスフィールズアベニュー沿いゴーゴー

そのファランとアンヘレスのフィールズアベニュー沿いにあるゴーゴーバー店内でばったり出くわしたときはびっくりした。
まあ、海外夜遊び好きなら、日本人だろうがファランだろうが、行動パターンは同じ。パタヤへ行くなら、アンヘレスへも行くだろう。
びっくりはしたけど、それほど珍しいことじゃない。

バックパッカー時代の話だが、カンボジアのキャピトルゲストハウスで出会った日本人と半年後にインドのカルカッタにあるマリアゲストハウスのドミトリーで再会したこともある。同じドミトリーのすぐ近くのベッドだった。

要するに同じような行動パターンをしている旅行者はごまんといて、その中から偶然に再会するケースがあってもおかしくない。
海外旅行好きのあるあるである。

パタヤとアンヘレスなんぞ、外国人向け東南アジア二大夜遊びスポットである。
知人と出くわしてもおかしくない。

アンヘレスで遭遇したとはいえ、お互い女連れだし、この時は特に会話はなし。
これがアンヘレス滞在最終日のこと。
わたしは、マニラで1泊して、マニラからバンコクへ飛び、その足でパタヤへ向かった。

パタヤに帰還した夜、なじみのバービアへ顔を出すと、なんとアンヘレスで出くわしたファランとまたもや遭遇。
どうやら同じ日に戻って来たようだ。
偶然ってあるもんだよねえ。

その後、ゆっくりとサシで話をする機会があった。

てっきりパタヤ沈没ダメファランかと思っていたが、実はそうではなかった。
アンヘレスへは2ヶ月ごとに訪問。それを何年も続けているという。
今回のアンヘレス行きの目的は、とあるゴーゴーバーの買取交渉のためだったそうな。
フィールズアベニュー沿いで売り出しているゴーゴーバーといえば、アンヘレスマニアならすぐにぴんと来るはず。

コットンフィールズ目指してパタヤから出港して、ビッチで熾烈な交渉をしたそうだが、今回は価格面での折り合いがつかず購入は断念したそうだ。苦い結末か。
そのかわり、別のバーを購入したという。
フィールズアベニューからは少し離れたところにあるスポーツバーらしい。写真を見せてもらったが、なかなかの広さ。
これから改築してオープンさせるとか。

そもそも、パタヤでもバーのオーナーだと発覚。単なる酔っ払いじゃなかったのね。
これまでいくつもバーを経営してきていて、現在はたまたますべて売り払ったタイミング。
またパタヤでもバーを買収する予定だとか。

ただの沈没ファランと見誤るなかれ。
まあ、大多数は本当にただの沈没ダメファランなのだが、たまにリアル金持ちオーナー系もいるんで侮れない。

よし、沈没ファランとはこれからも仲良くなっておこう。
パタヤとアンヘレスの両方でのバーオーナーともなれば、これから何かと便宜を図ってくれそうな気がする。
うむ、我ながらセコイ発想だけど、カネがあろうとなかろうと、沈没ファランどもは陽気なやつらが多いし、そこまで深い会話するわけでもなく、だらだら一緒に飲むには悪くない関係。日本人同士のような変な気づかいも不要。楽なもんだ。
これからも沈没ファラン相手に楽しくパタヤとアンヘレスで過ごそうと思う。

ま、本当のダメファランも多いんだけどね。でも、そういうリアルダメ系はバービアで楽しそうに飲んだりはしていないので接触する機会もない。
ゴーゴーで最安値のドラフトビールをひたすら舐め続け、ジョッキを下げようとするウェイトレスと喧嘩する。たちんぼを物色し500バーツで交渉。バービアからペイバーしようとする際は、ドリンクをオーダーせずいきなりロング1000バーツで持ち帰ろうとする。
こういうファランはさすがにタイ人からも鼻白まれていますな。
楽しく飲みたいもんである。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-エッセイ

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.