パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

アンヘレス情報 フィリピン・アンヘレス関連

フィリピン全土禁煙令でアンヘレスの禁煙喫煙状況はどうなっているのか?

投稿日:


2017年7月より、フィリピン全土禁煙令が実施された。

アンヘレスの街角のいたるところに、こんな看板が掲げられている。

フィリピン禁煙令

Nationwide Somking Ban。全土喫煙禁止。
屋外も室内も車両内も、ほとんどの場所で禁煙。
もしも警察官に見つかると罰金が課せられ、何度も繰り返すと逮捕拘禁されることもあるとか。

強権を持ってなるドゥテルテ大統領である。やる時は徹底的にやる。

さて、アンヘレスにおける禁煙令の現状やいかに?

SPONSOR LINK



ウォーキングストリート内

アンヘレスウォーキングストリート (1)

喫煙取り締まりのためかどうかは不明だが、たしかに警察官の巡回が見られる。
大通りで吸うのはかなり危険。

フィリピン人に聞いたところ、警官に見つかると1回目は罰金500ペソ。2回目は1500ペソ。3回目は1万ペソの罰金ないし警察署に連行され一晩拘置所で過ごすことになるぞ、と脅かされた。本当かどうかはしらないけど。
(ネットで調べてみても、各種罰則はいろいろで詳細不明。)

でも、吸っている人は吸っている。
ハイソサエティ向かい側の暗がりでは、フィリピン人や外国人がこぞってぷかぷか。
深夜の時間帯は警察の巡回がなくなるとかなんとか。

バーの中

バー内も禁煙。
警察の巡回はバーの中までやって来るようで、バーのママさんいわく、客に喫煙させているところを見つかると、罰金2000ペソと言っていた。これまた本当かどうかは不明。

ただし、きちんとした換気扇を備えた喫煙ルームがあれば、喫煙可能。
このようなデザインのステッカーが貼ってあるところは正規に許可された場所らしい。

アンヘレス喫煙可能エリア

たとえば、EQUUSなどは、奥に専用の喫煙ルームがある。ガラス張りになっていて、遠巻きながらもステージを眺められる。
他にもこういったバーはいくつかある。
プリメタ地区でいうと、Platinumにも喫煙ルームが備わっている。

あとは、トイレの中で吸えと言われることが多い。たとえば、ドラゴンバー。原則上、これはダメなような気もするが。
ウォーキングストリートの大通り沿いはバーの表でも基本的には禁煙。(吸っている人もいる。)
裏通りにあるバーは、表に灰皿が置いてあり、いちおう喫煙は可能。(ただし、正規に許可されたものかは不明)

レストランやショッピングモール

ショッピングモールのSMは当然禁煙。以前と同じ。
同様に、ジョリビーやマクドナルドのようなレストランは元々全面禁煙だったし、特に影響ない。

また、カフェレストランでも室内は禁煙で、テラス席のみ喫煙可能だった。
現在は、オープンテラス席であっても、原則は喫煙不可となっている。とりわけウォーキングストリート内やフィールズ通り沿いの目立つ店ではテラス席でも禁煙。ココモスやマルガリータステーションの通り沿いの席でも吸えない。
ちょっと中心部から外れるカフェでは表でタバコが吸える店もあるが、これまた正規の喫煙所かどうかは不明。

喫煙は、専用のスモーキングルームのみ。これが原則。
ウォーキングストリート界隈でいうなら、フィリーズの2階奥にはきちんとした喫煙ルームが新設されている。

フィリーズ喫煙

アンヘレスフィリーズ喫煙所

ここは二重ドアになっていて、完全に隔離されている。
スモーキングルーム内に椅子はなく、食事はできないようだ。

関連記事:【アンヘレスの朝食】Phillies Sports Grill&Barで大盛りブレックファースト125ペソ

ホテル

ホテルも全館禁煙が基本。
専用の喫煙ブース以外は禁煙となっている。

レッドプラネットでは、玄関横の灰皿の置いてある場所のみ。
950コンドテルでは、屋上レストランのみ喫煙可能だった。

アンヘレス950コンドテル屋上

以前は室内喫煙可能だったホテルでも、全室禁煙に切り替えている。

たとえば、フェニックスホテルは喫煙可能な部屋があったが、現在は禁煙。
プールサイドに喫煙所が設けられている。

アンヘレスフェニックスホテル喫煙所

フェニックス ホテル (Phoenix Hotel)⇒アゴダ

 

が、例外もある。

ホテルによっては、いまだに室内でも喫煙可能だ。
普通に灰皿が置いてあったりするし、頼めば灰皿を持ってきてくれることもある。

ココモススイーツは室内喫煙可。灰皿が置いてある。

アンヘレスココモススイーツ喫煙

ココモス スイーツ ホテル (Kokomos Suites Hotel)⇒アゴダ

 

アパーテレロイヤルは、灰皿を用意してくれて、室内喫煙可となった。

アパーテレ ロイヤル (Apartelle Royal)⇒アゴダ

 

むろん、部屋によっては同じホテルでも禁煙かもしれない。
他にも探せば、室内喫煙可能のホテルは見つかるはず。
比較的新しいホテルは、ほぼ全館禁煙だと思われる。

喫煙者としての感想

わたしは喫煙者だけれど、規制自体は賛成。
きちんと分煙化すればいいだけだと思う。
特に客のたくさん入っているバーの中で煙がもくもくしている状況は、喫煙者にとっても息苦しいほど。きっちりブースを分けてあるのは正解。まあ、カネがかかるしスペースの問題もあって、なかなか厳しいだろうけど。

あとは、バーやカフェにかぎらず、オープンテラスになっている場所では堂々と喫煙可にしてほしいかなあ。

ホテルは部屋ごとにきっちりわけるか、せめて屋上か中庭で吸えればそれでいい。
パタヤのホテルのようにバルコニーがあれば、ほぼ解決する問題なのだろうが、治安的にフィリピンでは厳しいかも。

現在のところ、愛煙家には肩身が狭いアンヘレスである。
とりわけウォーキングストリート内は厳しい印象。ホテル内がダメ、外に出てもダメ。きっちり守ろうとすると喫煙難民となりかねない。
プリメタ方面は比較的緩いが、ルールは守りましょう。
これを機に禁煙するのもアリでしょうかね。いや、禁煙すべきでしょう。

SPONSOR LINK

-アンヘレス情報, フィリピン・アンヘレス関連
-

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.