パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート ムーガタとチムチュム

おすすめのローカルイサーン料理食堂で宴会。チムチュムうまし。

投稿日:


日本からパタヤへ遊びに来た友人が2人。
2人ともタイ料理のみならずイサーン料理も平気だ。
安くておいしいイサーン料理屋を紹介してくれとのことで、サードロードへ。
以前ブログで取り上げたティーラーブセーブである。

Tee raab zab isaan food restaurant

関連記事:サードロードの安くてうまいイサーンレストラン、ティーラーブセーブ。おすすめはトムセーブ。
関連記事:イサーン料理食堂のコームーヤーンがB級グルメ度100%でうまい。白ご飯とのシンクロ率も100%。

ここは、本当に安くておいしい。
外観があまりにもローカルだし、実際に外国人の客はまず見かけないし、メニューはすべてタイ語のみだけど、料理名だけ知っているいれば注文はなんとかなります。

SPONSOR LINK



ティーラーブセーブ

あらためて場所を紹介。

場所は、サードロードのソイ14入り口付近。

かの有名なステーキ屋、「ステーキガオライサイサーム」のすぐ隣です。
ソイブッカオから徒歩圏内。ブッカオ常設市場からソイ19を抜けてサードロードを渡ったところ。徒歩5分くらいでしょう。
営業時間は、夕方5時から深夜4時まで。

数ヶ月ぶりの再訪。

イサーン食堂ティーラーブセーブ (6)

イサーン食堂ティーラーブセーブ (5)

おっと、店内が広くなっている。拡張工事をしたようだ。ひそかな人気店なのか。
でも、やっぱり客はタイ人ばかり。

われわれ日本人3人だけで訪問した。
本来は、注文表に自分で記入してオーダーするスタイルだけど、そこは外国人ということで、店員が聞き取りでオーダーをとってくれた。

コームーヤーン

イサーン食堂ティーラーブセーブ (2)コームーヤーン

大定番。
豚の喉肉に焼いたもの。
ここのコームーヤーンは脂身多けだけど、それだけにこってりとした豚トロを堪能できる。
ビールのアテにもいいし、白ごはんに合う。

ナムトックムーとソムタイタイ

イサーン食堂ティーラーブセーブ (1)ナムトックムーとソムタムタイ

こてこてのイサーン料理であるナムトックムー。
ここのナムトックムーはかなりの激辛。香草もたっぷり入っている。
酸味は控えめだが、なかなか強烈。
でもうまい。

かたや、ソムタム。元々はイサーン料理だけど、今でもタイ全土で食べられている。
イサーン人は、ソムタムパラーで食べることが多いけれど、ここは無難にソムタムタイ(タイ式ソムタム)で。
それなりに辛いけど許容範囲。味もいい。食べやすいソムタムだ。

ガイトートグルア

イサーン食堂ティーラーブセーブ (4)ガイトートグルア

鶏の軟骨唐揚げ。塩味が付いていて、ビールのアテに最適。
甘いタレがついているけど、付けなくても大丈夫な味。
というか、日本の居酒屋のメニューに追加すれば、ヒット間違いなし。

カオパット

イサーン食堂ティーラーブセーブ (3)カオパット

タイに来たら焼き飯でしょうということで、カオパット。
野菜少なめで、焼き加減も上々。パラパラ感あり。

 

その他、白ごはんとカオニャオも頼んだ。

ドリンクは、LEOビール大瓶2本。

これで600バーツ。
一人200バーツ。660円。
日本のタイ料理レストランだとカオパット一皿しか食べられないが、ここなら宴会も可能。

 

友人2人はたいそう気に入ってくれたようで、二日後にまたもや訪問。
しかも今度はパタヤのバービアで知り合ったイサーン女性2人を各々連れての来店である。
ここでチムチュムをつつきながら宴会しようという企画だ。

まずは前菜シリーズ。

ヌアヤーン

イサーン食堂ティーラーブセーブ (8)ヌアヤーン

イサーン風の牛焼肉。
これは並。肉は固め。やはり、タイで牛肉はなかなかアタリに出くわさない。
でも、オーダーして損はないなあ。味はしっかりしているし、適度に脂身もついている。
普通においしいです。

コームーヤーン

イサーン食堂ティーラーブセーブのコームーヤーン

またしても、コームーヤーン。
これなしでイサーン料理屋はありえない。
このB級グルメ感がたまらない。

ムートートガティアム

イサーン食堂ティーラーブセーブ (10)ムートートガティアム

友人のリクエストは、ムーガティアム。豚肉のニンニク炒めだった。
が、ここのムーガティアムは、豚肉を揚げるスタイルのようで、ムートートガティアムとなった。
が、これはアタリ。
細かく刻んだニンニクを豚肉にまぶして揚げてある。
ジューシーかつ風味たっぷり。
ビールのあてに最適だが、口臭には要注意だ。

タムスア

イサーン食堂ティーラーブセーブ (9)タムスア

イサーン女性がオーダーしたもの。
ソムタムプーパラーに、たっぷりのカノムジンを入れたものだ。
表記が正しいかどうかは不明だけど、タムスアと呼んでいた。
沢蟹入りなんで食あたりを警戒して少しだけつまんでみたいが、かなり食べやすい。下痢もしなかった。
パラーという魚を発酵した調味料を多用しており、これまた口臭には要注意。
まあ、臭いのはお互いさま。イサーン料理食べるなら気にしないことだ。

チムチュム

イサーン食堂ティーラーブセーブ (7)チムチュム

メインディッシュのチムチュムである。
土鍋と七輪の黄金コンビ。
肉は、肝臓などのホルモンもたっぷり。
野菜もたっぷり。

調理方法は、てきとーに具材を放り込むだけだけど、よくわからなければ、同行のタイ人にやってもらおう。というか、彼女たちはこちらの意向などお構いなしに勝手に始めます。

ここのチムチュムは、スープがうまい。
これまでパタヤでチムチュムは数々食べてきたけれど、トップクラスのおいしさ。
具は普通なのだが、とにかくスープがうまい。ダシの取り方がいいんだろうなあ。

5人で鍋をつつくと、あっという間に終了。
思わずおかわり。

 

さすがチムチュムとイサーン料理の効果は大きい。
イサーン女性はすっかり気に入っていた。
やはり、イサーン女性と打ち解けるには、チムチュム・ムーガタ・イサーン料理である。

友人2人は日本から持参した焼酎を持ち込んでいたが問題なし。
その他、ソーダ、水、ビール数本。

5人で訪れて、せいぜい1200バーツほど。
一人250バーツもあれば満腹になれる。というか、チムチュムのおかわりは食べ切れなかったほど。
楽しい宴会となりました。

ティーラーブセーブは、チムチュムもおすすめ。
ここのスープはぜひとも味わってもらいたい。

まとめ

ローカル向けだけあって、英語はほぼ通じません。タイ語必須ですが、最低限の料理名だけ覚えておけばなんとかなります。
タイ語が苦手なわたしの友人は、料理の写真をスマフォで撮影しておき、ローカル食堂ではその料理写真を見せてオーダーしていますね。
あとは、タイ人に同行してもらうのが一番。
タイ初心者にはハードルが高いけれど、ぜひとも勇気を出して、ローカルイサーン食堂に突撃してもらいたい。
価格の安さと味の良さに魅了されるはずです。
もうビーチロードやウォーキングストリートの観光客プライスのレストランには行けなくなります。数分の1の価格で大満足できます。
あとは、イサーン料理が口に合うかが問題ですかねえ。
タイ料理全般にも言えるけれど、最初は苦手でもそのうち慣れてくれると、おいしく感じるようになるもんです。
まずは食べてみましょう。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, ムーガタとチムチュム

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.