パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ夜遊び情報全般 夜遊び情報

規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

投稿日:2017年6月27日 更新日:

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート各店。

その模様は数日前にレポートした。

関連記事:【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

現在でも3時閉店は継続中だ。

では、逆に開店時間はどうなっているのか?
昨日、6月26日夜7時20分頃にウォーキングストリートを訪れて調査してみた。

午後7時オープン

午後7時20分にセカンドロード側からソイダイヤモンドへと入っていく。

いきなり、ウィンドミルが開店していた。
どうやら7時開店のもよう。早いね。

ダイヤモンドアーケード内
Walking street 20170626 (1)

スーパーガールはまだ準備中。ちなみに、オーバーマインドはとっくにクローズしている。

ウォーキングストリートのメイン通りへ。

Walking street 20170626 (2)

この時間帯は中国人団体客が多くて、少々うざったい。
が、それ以外はまだまだ人通りは少なめ。

ゴーゴーバーはまだ開店準備中のところが多い。

すでにネオンがついているバカラのセキュリティに話を聞くと、7時半オープンとのこと。これは従来通りの開店時間。

Walking street 20170626 (4)

ウィンドミルの系列店であるシュガーベイビーはすでにオープンしていた。

Walking street 20170626 (5)

インフィニティ

びっくりしたのが、インフィニティが営業開始していたこと。
店舗前に宣伝ボードを持った呼び込みがわんさかいる。

Walking street 20170626 (3)

ハッピーアワーでドラフトビール49バーツ。
おお、これは安い。
通常ドリンクも1杯注文すれば、もう1杯無料になるようだ。

思わず入店してしまった。

客は少ない。全部で3,4人だろうか。
ダンサーはうじゃうじゃいる。40人から50人ほどか。
以前より照明が明るくなったような気がする。長細い作りだが、なんとか端まで見渡せる。音も若干小さくなったような。
あと、ずっと破れたままだったソファーがいつの間にか綺麗になっている。
ダンサーの質もそこそこ高いと思う。普通の選べるでしょ、これ。
が、ときおり、スモークを噴射するのは勘弁してほしい。ダンサーたちは鼻を押さえて「メーン(臭い)」と漏らしている。誰得だよ、これ。あと、レーザー光線もまぶしい。やめてほしい。

午後7時半オープン

バカラ、ハッピー、ビーチクラブ、ペパーミントのハッピー系列店は通常通り7時半にオープンしていた。

あと、グラスハウスも7時半過ぎには営業していた。

ソイ15では、ワッツアップも7時半オープン。

細かいところまで覚えていないが、他にもいくつかのゴーゴーバーがオープンしていたかも。

ビーチクラブ

Beach club
せっかくなんで、ビーチクラブに入ってみた。

びっくりした。まさかの先客一人。
そして、先客がすぐにチェックビンしたので、ついには広い店内に客はわたし一人となった。

壁際のなが~いソファー席に誰一人座っていない。いや、隅っこに待機中のダンサーが数人すわっているが、客はゼロ。
まあ見晴らしのいいこと。

ダンサーはきっちり揃っている。たぶん、50人近くいるだろう。
でも、この客入りではやる気なさそう。
これだけダンサーがいても、誰一人わたしに営業をかけてこなかった。
やる気ねえなあ。

ちびちび飲んでいると、ようやく次の客が入ってきた。10分以上は一人で過ごした。なかなか厳しい時間でしたな。
選手交代でわたしはチェックビン。

午後8時オープン

Walking street 20170626 (6)

残りのゴーゴーバーは、8時オープンとなる。
現在のウォーキングストリートでは最大勢力を誇るシャーク系列店はすべて8時オープン。パレスも8時にオープン。
シャーク系列店のママさんに確認してみたが、3時閉店はWS内のすべてのバーに適用されるそうだ。本来はディスコもすべて3時まで。
違反すると逮捕されちゃうと手錠をはめられるジェスチャーをしていた。
今回はけっこう厳しくやるみたいですな。(でも、数日前は3時過ぎでもマリーンディスコやマイアミは営業を続けていたけど。)

ライトハウス

Walking street 20170626 (7)

8時台の入店はシャーク系列からライトハウスを選択。
当然のようにがらがら。
先客はファランが一人だけ。

ダンサーはそれなりに揃っているが、遅れて出勤してくる人もちらほら。出勤済みが25人から30人くらいかなあ。
ステージで踊っているダンサーの中には、よほど慌てて出勤してきたのか、ノーメイクの女性もいた。
ステージから降りてくると、これからメイクアップするのと恥ずかしそうに控室へ消えていった。
寝坊したり遅刻する人は多いだろうなあ。

あと、肝心のラインナップですが、明らかに以前よりダウンしてますな。
これなら姉妹店のブリスのほうがいいかも。
でも、選びたい放題なんで、一人くらい好みが見つかるでしょう。

まとめ

ウォーキングストリート内のほぼすべてのゴーゴーバーは8時には開店する。
7時でもいくつか開店済みにつき7時から遊んでも大丈夫だが、数は限られる。
7時半にくれば、選択肢が俄然増えて、もう余裕。
7時半からバカラ、8時からパレスと、オープニングのはしごも楽勝だ

これまでは、バカラなどのハッピー系列が7時半、パレスなどのシャーク系列が8時半と開店時間がずれていて、あまり早い時間帯にウォーキングストリートを訪れても、暇を持て余すことがあった。中には9時頃にならないと本格始動しないゴーゴーもあったくらい。
が、規制のおかげといっては変だが、開店時間が繰り上がった。

8時を過ぎると、もう普段通りのウォーキングストリートだ。
これが深夜3時まで続くことになる。
7時間はたっぷり遊べる。
人によっては朝まで飲みたいというかもしれないけれど、ほとんどの人は7時間あれば充分でしょう。

はっきり言って、がらがらです。
このままでは、また閉店を余儀なくされるバーが出てきそうだ。
店側は規制に対抗しようと開店時間を繰り上げた。
客側が規制に対抗するには、店を訪れること以外にない。

おいでませ、パタヤへ、ウォーキングストリートへ。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新)


-パタヤ夜遊び情報全般, 夜遊び情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.