*

ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で


ラオス・イサーン旅行記18

ノンカーイは1泊だけですます。
次はお隣のウドンターニーへ。
ウドンも1泊だけですませて、それからパタヤへ戻る予定を立てていた。
いろいろとパタヤで待ち構えている人もいるもんで、そろそろ旅を終わらせないと。

出発前に、朝のノンカーイ散歩を少々。

Nongkhai Mekong river (1)

メコン川を眺める。

Nongkhai Mekong river (2)

雲が出ているが、いい天気だ。暑い。
以上、ノンカーイ観光終了。
じゃあウドンへ。

去年のイサーン旅行では、ウドンターニーからロットゥーでノンカーイへ移動した。

関連記事:ウドンターニーからノンカーイへ行くにはロットゥがおすすめ。50バーツ。

今年はそれを逆向きにしてみるだけ。

SPONSOR LINK



ノンカーイのトゥクトゥク

まずは、ノンカーイバスターミナルへ。
クランムアンホテルからバスターミナルまでは徒歩圏内。10分くらいで行ける。
が、あまりの炎天下のため、荷物をかついでの徒歩は断念する。体力をセーブしておかないと、ウドンターニーの夜遊びに影響しそうだ。

Nongkhai to Udonthani Bus (2)

クランムアンホテル前のトゥクトゥクと交渉して、ノンカーイバスターミナルまで。
交渉というか、「パイ ボーコーソー 40バー オーケーな」の一言だけ告げて、乗り込んだ。
トゥクトゥクドライバーは、そばに止まっていたもう一台のトゥクトゥクに対して、「40バーツだってさ」とちょっとため息混じりにぼやいていた。

トゥクトゥク車内には料金表あり。

Nongkhai to Udonthani Bus (1)

さらにバスターミナルにも料金表が掲示してある。

Nongkhai bus terminal (2)

バスターミナルからメコン川沿いのター・サデット市場まで一人40バーツ。

やっぱり、40バーツが適正価格じゃないかよ。
ま、ほぼ初乗りに近い距離だとはいえ、トゥクトゥクが40バーツでチャーターできるなら、現在のタイでは安いほうなんだけどね。

なお、バスターミナルから鉄道駅までは60バーツ。
国境のタイ・ラオス友好橋までは80バーツとなっている。

ノンカーイバスターミナルからウドンターニーへ

Nongkhai bus terminal

ノンカーイバスターミナルはさして広くない。

Nongkhai bus terminal (1)

ウドンターニー行きのロットゥ乗り場は、正面から入って一番奥右手にある。

これからウドンへ向かうと告げておくと、トゥクトゥクはロットゥ乗り場まで行ってもらえた。運ちゃん、いいやつ。

Nongkhai to Udonthani Bus (3)

チケット売り場はすぐ横のテーブル。おつまみ食べながら、チケットを売ってくれた。

Nongkhai to Udonthani Bus (5)

ノンカーイからウドンターニーまでは50バーツ。
チケットを購入したら乗車。
すでにほぼ満席。
タイミングが良かったようで、すぐに出発となった。
いちおうロットゥにも時刻表はあるようだが、人数が集まったところで出発するパターンが多い。

ノンカーイからウドンターニーへ行くには、ロットゥの他に、大型バスもある。
ロットゥは大きなスーツケースの持ち込みをすると追加料金を取られることがあるんで、荷物が多い人は普通のバスのほうがいいかも。

nongkhai-to-khongkean-3

たとえば、このバスならノンカーイからウドンまで40バーツとなっている。
他にもありそう。
注意点は、ウドンターニーの郊外にあるバスターミナルへ到着するおそれがあること。
数年前に利用したときはウドン郊外のバスターミナルで降ろされて、中心部へ移動するのにトゥクトゥク代が80バーツかかった。
ウドンターニーのどこに到着するのかは確かめておいたほうがいい。

バスとロットゥの価格はほぼ変わらないし、手っ取り早いのは断然ロットゥ。
とかくロットゥは飛ばし勝ちだが、この路線は距離も短いし、近距離往復便みたいなもの。高速道路を爆走するわけでもないし、特に不安は感じなかった。
よほど大きなスーツケースがないかぎり、ロットゥ利用がおすすめ。

Nongkhai to Udonthani Bus (6)

約1時間でウドンまで。
あっという間です。
最終降車場所は、ウドンターニー中心部のセントラルプラザ(センタン)前だが、途中下車も可能。ルート上ならどこでもいいみたい。

Nongkhai to Udonthani Bus (7)

わたしはセンタン前で下車。ほとんどの乗客もここで降りた。
ここは一般的な旅行者にとっては、ウドンターニーで一番便利な場所といえる。
ウドンターニー最大のショッピングモール入口だし、長距離路線バスの発着するバスターミナルまでは徒歩2,3分。
外国人が多く宿泊しているソイ・サンパンタミットまでも徒歩2,3分。
初めてウドンターニーを訪れた人が降ろされても、途方に暮れることはない。
ロットゥ、便利です。

 

さて、今晩の宿は、ソイ・サンパンタミット内にある定番のトップマンション。
ウドンターニー訪問は、かれこれ10回近い
もう慣れたもの。

ソイ・サンパンタミット(通称ソイサンパン)で左折。

Nongkhai to Udonthani Bus (8)

少々歩いて、さくっと到着。

Top mansion Udon

ここ数年よく見かけるレディボーイのレセプションは健在だった。
さて、ウドンでは何をしようかね。

ウドンターニーでは、トップマンションかアットホームアットウドンに宿泊しておけば間違いないです。

トップマンションをAgodaでチェック

アットホームアットウドンをAgodaでチェック

SPONSOR LINK

関連記事

Vangvien to Vientian Bus (5)

バンビエンからビエンチャンへ。VIPバスのはずがマイクロバスに。

ラオス旅行記10 バンビエン滞在を終えて、ラオス最終目的地であるビエンチャンへ向かう。

記事を読む

Udonthani Fried egg Khaikata (1)

ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で」か

記事を読む

Yakitori Nongkhai (1)

ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ」

記事を読む

Luangparaban to Vanvieng minivan trip (1)

ルアンパバーンからバンビエンへ、ミニバンで移動

ラオス旅行記6 (5ルアンパバーンで異文化交流の1日。最後はニューヨーカーとラオス飯。)か

記事を読む

Laong dao (4)

ビエンチャン初日。食事難民になりかけながらも置屋見学。

ラオス旅行記11 (10「バンビエンからビエンチャンへ。VIPバスのはずがマイクロバスに。」か

記事を読む

Udonthani night life bars (1)

ウドンタニーで恒例のバービア遊び。でも一番かわいいバービア嬢はペイバー不可で撃沈。

ラオス・イサーン旅行記20 (19「ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ」から

記事を読む

Udonthani to utapao pattaya airport (19)

ウドンタニーからパタヤへエアアジアでさくっと帰還。ウタパオからパタヤ市内への行き方。

ラオス・イサーン旅行記21 ウドンターニーに1泊して、パタヤへ帰還する日がやって来た。

記事を読む

Vientiane to Thailand Bus (8)

タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取ってから、12時ぎりぎりまで待ち

記事を読む

Mojo Guesthouse (2)

世界の村で発見こんなところに日本人なルアンパバーンの宿。あと、食べ放題ぶっかけ飯&ナイトマーケット。

ラオス旅行記3 ルアンパバーンのゲストハウスにチェックイン。 木造の典型的なラオス式邸宅

記事を読む

Laos foods (5)

ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニャオ

ラオス旅行記13 (12「ビエンチャン・ナンプ広場近くでカオピヤックと日本式豚骨ラーメンの

記事を読む

アドステア

アドステア

ソイユメのカオマンガイ屋 (1)
ノースパタヤバスターミナル近くのおいしいカオマンガイ屋さん@ソイユメ

ソイユメとパタヤヌア(ノースパタヤ)通りの交差点近くにカオマンガイ

バチェラー4周年 Bachelor (1)
オフィス7周年パーティとバチェラー4周年パーティ

8月16日のLKメトロの様子です。 時刻は深夜0時過ぎ。

Pangpond cafeのカイガタ (1)
サードロードのちょいおしゃれカフェでアラビカ種コーヒーとカイガタ

サードロードとパタヤカンの交差点近くに新しいカフェができている。

ラーメンチャンピオンのたこ焼き
【パタヤでたこ焼き】ローカル食堂ラーメンチャンピオンでたこ揚げと揚げ餃子

たこ焼きが好きだ。 海外滞在中だろうが日本にいようが、ふいにたこ

Ginza ギンザ
【昨晩のウォーキングストリート】アイアンクラブ火事閉店、ギンザとミスティーズ訪問

昨日8月14日のウォーキングストリートの様子。 月曜日の

→もっと見る


PAGE TOP ↑