*

スマフォをめぐる攻防戦。Fちゃんが田舎へ帰ってしまう。

公開日: : 最終更新日:2015/01/24 2015年1月~3月パタヤ沈没日記 ,

沈没生活4日目

目が覚めるとFちゃんは、どこかへ出かけていた。
LINEでメッセージが入る。
近くにある知り合いのバービアで遊んでいるそうな。

ほんとは目覚めの一発がやりたかったのだが。
しかたない。迎えに行く。

こんな朝っぱらからバービアはすでにオープンしていた。
しかもすでにファランがビールをあおっている。
うーん、同じような沈没組だけど、こいつらには勝てん。

わたしは、大人しくホットコーヒー。30バーツ。

バービアコーヒー

とにかくひらすらスマフォ欲しがるFちゃん。
ああ、もう好きにして。

勢いに押されて、そのままセントラル・フェスティバルの地下にあるAISへ。
が、時間が早くてセントラル自体がまだ開店していない。

ビーチロード・ソイ9のローカル食堂

先に食事をすませよう。
セントラルのすぐ近くの食堂で食事。
ソイ9の警察署の横にある、ローカル食堂街である。

ソイ9食堂

ソイ10近辺のホテルを取っているなら、ここが一番近いローカル食堂街。
ソムタムから麺料理まで各種揃っている。
セントラルの綺麗なレストランではなくて、ローカルな雰囲気を味わってみたい人はぜひどうぞ。
ハエがたかってきたりと、お世辞にも清潔とはいえないけど、別に問題なし。

ソイ9食堂2

ソムタムプーパラ、イサーンのスープ(ゲーンペット)、カイトム(ゆで卵)、カオパオ(白ご飯)を注文。
しめて110バーツ。うーん、安い。

ソイ9食堂ソムタム

ソムタムがプー(蟹)入りなのが、少々心配。ちょっとつまむ程度にしておいた。
食堂の衛生面以前に、蟹の食あたりが怖い。
ゆで卵は半熟で、これまた少々怖い。
ま、結果的にお腹はまったく大丈夫だったけど。
訪タイ歴が長くなるにつれ、胃腸もタイ仕様になってきたのかもしれぬ。

ローカルな屋台メシについては、この本がとても役立つ。

スマートフォン攻防戦

AIS

セントラルが開店したので、さっそくAISへ。
浮き浮き顔のFちゃんである。

展示品を手にとって吟味している。

AISショップ

2390バーツのスマフォをほしがる彼女。
いいじゃないか、1690バーツのほうで。
どうせ、すべての機能を使いこなせるとは到底思えないし。
が、2390バーツの機種じゃないと嫌だと言い張るFちゃん。

呻吟するわたし。
2390バーツはちょっとなあ。

わたしが渋っていると、Fちゃんが呆れ始める。
買ってくれないなら、今日帰ると言う。
お母さんの調子が悪いから、帰って世話をしないといけない。
だから早く帰りたいと。

でも、2390バーツのスマフォを買ってくれるなら、明日の朝に帰るねと言う。

オッケー。じゃあ、買ってあげるから、ブンブン3回ね
それくらいしないと、投資が無駄になる。

しかし、Fちゃんの返事はノー
マイサバイだからとできないとの返事。

おい。
まだ一回しかしてないぞ。
これで交通費1000バーツとスマフォ代2390バーツを合わせると3390バーツの出費となる。
いや、これはダメだろ。
我ながらまったくセコイ話だが、貧乏長期滞在者の身、コストパフォーマンスがとにかく重要なのだ。

うーん、と考え込んだ結果、やはり無理という結論に達する。
スマフォ、買ってあげませーん。
心を鬼にせねば、節約など不可能。

買ってもらえないとわかると、すぐに帰郷するという彼女。
現金なものである。
まあ、お互い様か。

お駄賃として1000バーツを追加。
これで2000バーツの出費。
バービアでロングで連れ出しのと同じくらいか。
これなら許容範囲。

あっさりと彼女はイサーンへ帰っていった。

なんだかなあ。
少々胃が痛い。
わざわざイサーンから出てきてもらったのに、ちょっと悪いことをしたような気がする。でも、すっかり振り回されたような気もする。

まあ、たぶん、1ヶ月もすれば、何事もなかったかのように連絡してくるに違いない。

そんなものだ。
お互い気にしないのが一番。
付かず離れずでやっていくのが肝要だ。
深入りしすぎると、出費がどんどん増えていくのが条理というもの。
お互い、傷が深くならないようにすべし。

カオカイジアオとムートート

夕食はカオカイジアオとムートート。
カイジアオとは、タイ風オムレツのこと。オムレツというより、薬味を混ぜた溶き卵を油で揚げたもの。
ちょっとピリ辛でおいしい。それをご飯の上に載っけたものがカオカイジアオ。
チリソースをかけて食べるのが定番。
これで30バーツ。

豚肉を油で素揚げにしたものがムートート。屋台に吊るしてあるのが、その豚肉。
一本10バーツ。2本くらい注文するのがちょうどよい。
もちろん、カイジアオも豚肉揚げも単体での注文可能。ビールのあてにいいかもね。

トータル50バーツ。満腹である。

カイジアオ屋台

カオカイジアオムートート

 

もう今日は夜遊びする気力なし。
バービアでビールを飲むだけ。
大人しく寝る。

4日目終了。

 

日本で買えるSIMフリーの格安スマートフォン。デュアルSIMスロット機能なので、日本とタイのSIMカードを両方さして利用可能。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新3軒追加)


関連記事

パレスゴーゴー

ウォーキングストリートのゴーゴーバーめぐり。新規オープンのパレスほか。

(5日目つづき) ホテルの部屋へ戻る友人たちを尻目に、一人でゴーゴーバーめぐりすることに。

記事を読む

バービア嬢

ノースパタヤからブッカオまでバービアめぐり。最後は22歳をペイバー。

(48日目続き) ドリンキング・ストリート ナックルアのバービア捜索を終えて、ノースパタ

記事を読む

リンガベル1

バービアでリンガベル。あの鐘を鳴らすのは誰だ?

18日目 サンドイッチとムーカタ 起床は昼前。 前夜の深酒が残っており、ちょっと気分が悪い。

記事を読む

テキーラローズ

元バービア嬢姉さんに飲まされた夜。性格とスタイルの良いバービア嬢にフェーンができていた。

パタヤ沈没生活も2ヶ月目に突入した。 あと一ヶ月弱あるが、特にやることに変わりなし。 いつもどお

記事を読む

パタヤ看板

2015年パタヤ沈没前半戦終了。1ヶ月15万円の予算で毎日夜遊びしながら滞在できるのか、経過報告。

ちょうど1ヶ月が経過したパタヤ沈没生活。 前半戦終了である。 まだ先はあるものの、とりあえず

記事を読む

ジョーク1

ジョークとジョーク。タダでいいから連れて帰ってと言うバービア嬢。

35日目 暑い。 日中の日差しがきつくなってきた。 1月は歩いていても軽く汗ばむ程度だった

記事を読む

カオムーデーン

カオムーデーンと、ディスコで男を探すフリーランサーたち

28日目 昼食はソイボンコットにあるクィティアオ屋。 ナムトックのスープが絶品だった。

記事を読む

ブッカオ2階建てバービア

パタヤ初日の夜はひたすらバービア飲み歩き

(初日昼の部からのつづき) まず食事。 ブッカオの南側にある屋台でバミーナム。

記事を読む

ガパオプラームック

イカとステーキとビールと美人。でも愛想の悪いバービア嬢にレディドリンクは奢りたくないよね。

31日目 ガパオプラームック 昼飯は、炒めもの料理屋台からお持ち帰り。 ガパオはガパオでも、た

記事を読む

18歳バービア嬢M2

まさかの18歳新人が再降臨でペイバーする

(夜の部つづき) 夜のパタヤをさまよう。 おっと、まあまあスリムでかわいいバービア嬢から呼び

記事を読む

medi8サイドバートップ300×250

medi8サイドバートップ300×250

ソイ7バービア Soi 7 beer bar
ファランに囲われ、イサーンへ帰るバービア嬢

パタヤ沈没日記4 数年前から仲良くしているバービア嬢がいる。

ソイブッカオ常設市場ぶっかけ飯 (3)
【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

貧乏節約型長期滞在者の心強い味方といえば、ソイブッカオにある常設市

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

→もっと見る


PAGE TOP ↑