*

ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニャオ


ラオス旅行記13

(12「ビエンチャン・ナンプ広場近くでカオピヤックと日本式豚骨ラーメンのダブル麺ヘッダー」からの続き)

ビエンチャン3日目。
この日もナンプ広場近くに滞在。
ビザ発給まであと2日ある。
予算節約のためにも、ほとんど何もせずに過ごす。

SPONSOR LINK

タートダム

昼飯を求めて、ちょろっとだけ散歩。

Taat dam vientiane (1)

ビエンチャンの数少ない観光スポットの一つ、タートダムへ。ナンプ広場からは至近距離。

黒い塔。
歴史や詳細は一切不明の謎の塔。
手入れもあまりされておらず、塔には雑草がびっしり。

Taat dam vientiane (2)

タイ女性と一緒に観光しているファランが写真撮影しておりました。
見るからに夜の女性でしたな。
タイの夜の女性とラオス旅行しているファランはちょこちょこ見かける。たしかに、タイ語、特にイサーン語がそのまま通じるんで、通訳兼ガイドには最適でしょう。

タラートサオ方面へ行くと、ビエンチャン最大の観光スポット、パトゥーサイ(凱旋門)が遠くに見える。

Patusai

が、行かない。面倒くさい。
タラートサオショッピングモールも行かない。

Tarat sao shopping mall
売っているものは、タイでほとんど買えるものばかり。しかも別に安くないし。
ビエンチャン唯一といっていいフードコートもあるが、これまた特に安くもない。

散歩はここまで、暑いんで、これ以上は無理。

はて、わざわざビエンチャンに来る意味なんてあるのだろうかと自問自答してしまう。

タイのビザくらいかなあ。あと、乾物屋さんでちょっとしたものを手に入れるくらいか。

ラオコーヒーとサンドイッチ

結局、ナンプ方面へ戻り、定番のラオスコーヒーとサンドイッチを食べる。

ベーコンサンドイッチをオーダー。

Laos foods (2)

マスタードたっぷりの洋風サンドイッチだった。パクチーは入ってません。
ま、これはこれでおいしいけど、何か違うような気がする。
おすすめは、タラートサオ周辺に出ているローカル向けサンドイッチのほう。パクチー山盛りだけどね。
いったい、このラオス旅行でいくつのサンドイッチを食べたことやら。

わずかに苦味のあるラオスコーヒーは、タイの街角屋台のカフェイエンよりも好きです。
サンドイッチとコーヒーで合計25,000キープ。

ガイヤーンとカオニャオ

夜は、リバーサイド周辺を軽くお散歩。

出会いがあるというレストラン、ボーペンニャンはまだ健在。入らないけどね。

Borpennyang vientiane

さて、晩飯。うろうろしていると、おいしそうなショーケースに遭遇。

Laos foods (7)
吸い寄せられるように近づく。

Laos foods (6)

ガイヤーンとムーヤーンだ。
焦げ色がたまらん。

辛抱たまらんので、ガイヤーンをオーダーした。
ついでに、カオニャオも。

まず、竹筒が運ばれてきた。

Laos foods (3)

開けると、溢れんばかりのカオニャオが登場。盛り方が素敵。

Laos foods (4)

つづいて、温め直したガイヤーンが到着。

Laos foods (5)

この焼き加減、うまいに決まっている。
ナムチム(タレ)は、やや酸味のあるラオス特有の風味。タイでは見かけないなあ。

ガイヤーンとナムチムとカオニャオ。いや、これまた最高。

この食堂は、ローカルラオス人と観光客が半々くらい。
英語メニューも置いてある。

Laos foods (1)

写真がぼけていてはっきり読み取れないが、Miss Marivoneと書いてあるような。
Google Mapの登録名は、Maneevone Restraurantとなっている。たぶん、同じ店のこと。

地図(ガイヤーンのおいしいレストランと記載しておいた)

ここはおすすめですね。
ビール大ビンが1万キープと安い。
できれば、ムーヤーンも食べたかったが、一人では無理。
グループで行って宴会すれば最高でしょう。

ガイヤーン1万5千、カオニャオ5千。
合わせて2万キープ。

はい、ここで復習問題です。

2万のことをラオス語でなんと言うでしょうか?

ソンムンじゃありません。
サオパンが正解です。

サオ=20
パン=1000

合わせて20,000となります。

(いや、ソンムンでも通じるけど、ラオス人はまず使いません。)

このサオパン、ラオス旅行ではかなりの頻度で登場してくるんで、タイ語がある程度話せる人でも、必ず覚えておくようにしましょう。

つづいて、もう一問。
2万キープをタイバーツになおすといくらでしょうか?

20,000から、0を3つとって、4をかけるとバーツになりますね。
正解は、80バーツ

1万キープ=40バーツ

と、覚えておくと、物価を測る目安となります(タイバーツに慣れている人には)。

ただし、直接バーツ払いにする時は、店独自レートが適用されて、おおむね1万キープ=50バーツ。よって、2万キープが100バーツとなります。

ラオス旅行する場合は、バーツからキープに両替しておくのがいいです。
さらにいえば、円からキープに直接両替するとレートが悪いんで、一度タイ国内のレートがいい両替所(スーパーリッチとかVASU)で円からバーツに両替して、さらにバーツからキープに両替するのが一番お得です。
ま、ビエンチャン滞在1日とかだけなら、面倒なんで直接バーツ払いでもいいだろうけど。キープの額面の大きさに難渋することもないしね。

と、そんな感じで、ビエンチャン滞在3日目は終了。
ほんと、何にもしてないな。
何の刺激もない、単なる食い倒れ旅日記で申し訳ない。ま、逆に生活密着型でリアルですけどね。

ビエンチャンおすすめの格安ホテルはこちら。

ビエンチャンのおすすめ格安ホテル、フォンパセウス ホテル (Phonepaseuth Hotel)宿泊レポート

今回のガイヤーン食堂へも徒歩圏内です。

SPONSOR LINK

関連記事

Yakitori Nongkhai (1)

ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ」

記事を読む

La ong dao hotel1 (27)

ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニャオ」からの続き) ビエ

記事を読む

Mojo Guesthouse (2)

世界の村で発見こんなところに日本人なルアンパバーンの宿。あと、食べ放題ぶっかけ飯&ナイトマーケット。

ラオス旅行記3 ルアンパバーンのゲストハウスにチェックイン。 木造の典型的なラオス式邸宅

記事を読む

Luangprabang Lao food (4)

ルアンパバーンで異文化交流の1日。最後はニューヨーカーとラオス飯。

ラオス旅行記5 ルアンパバーン滞在3日目となった。 当初の予定では2泊だったが、昨日の体

記事を読む

Luangprabang Sandwich (3)

ルアンパバーン2日目。サンドイッチ朝食とスポーツバーF1観戦。

ラオス旅行記4 ルアンパバーン二日目の様子。 この日も朝から、いい天気。

記事を読む

Malany villa Vangvieng (2)

バンビエンホテル情報。おすすめ格安ホテル、マラニー ヴィラ 1 (Malany Villa 1)宿泊レポート

ラオス旅行記7 バンビエン(ヴァンヴィエン)で宿泊したのが、マラニーヴィラ1というホテル。

記事を読む

Vangvien to Vientian Bus (5)

バンビエンからビエンチャンへ。VIPバスのはずがマイクロバスに。

ラオス旅行記10 バンビエン滞在を終えて、ラオス最終目的地であるビエンチャンへ向かう。

記事を読む

Luangparaban to Vanvieng minivan trip (1)

ルアンパバーンからバンビエンへ、ミニバンで移動

ラオス旅行記6 (5ルアンパバーンで異文化交流の1日。最後はニューヨーカーとラオス飯。)か

記事を読む

Vangvieng food&restaurant (13)

【バンビエンのグルメ】サンドイッチ、フルーツシェイク、パンケーキ、カオピヤックでハッピー&ヒッピー。

ラオス旅行記9 バンビエンに2泊したが、まったく観光らしきことをしていない。 てきとーに

記事を読む

Vientian Japanese foods (3)

ビエンチャン・ナンプ広場近くでカオピヤックと日本式豚骨ラーメンのダブル麺ヘッダー

ラオス旅行記12 (11「ビエンチャン初日。食事難民になりかけながらも置屋見学。」からの続

記事を読む

アドステア

アドステア

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

→もっと見る

PAGE TOP ↑