*

ヴィラマーケット内のレストランでブレックファースト@PATTAYA AVENUE

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 グルメレポート, ブレックファースト


PATTAYA AVENUE(パタヤアベニュー)はセカンドロード沿いにあるショッピングモール。

Pattaya Avenue

現在はアウトレットが主流で、あとは映画館、ボーリング場、レストランが入居している。
中に入ったことがなくとも、セカンドロード沿いのマクドナルドやスターバックスを見かけたことがある人は多いだろう。
新しいわりにはちっとも人気の出ないモールである。いつまで続くことやら。

その一角にVILLA MARKETというスーパーマーケットがある。

Pattaya avenue villa market

主に輸入品を扱っていて、やや高級店の趣き。客層は長期滞在や移住のファランたちがメイン。あと、ちょっとハイソっぽいタイ人。
そこまで高級スーパーでもないが、輸入品を買うには便利。普通に日本のお菓子やアイスクリーム、焼酎や日本酒なんかも売っているが、お値段高め。

スーパーマーケットを入って左手に小さなレストランがある。
ここでブレックファーストを食べたみた。

SPONSOR LINK



THE DINERS EXPRESSのアメリカンブレックファースト

Villa market breakfast (2)

THE DINERS EXPRESSという店名のようだ。ダイナースエクスプレスか。

朝食68バーツの売り文句につられて、ついつい食べてしまった。

Villa market breakfast (3)

午前8時から11時までが68バーツ。それ以降は88バーツにて終日提供となる。

コーヒーor紅茶、オレンジジュース、トースト1枚、卵2個、ハム、ベーコンorソーセージ、サラダというセット内容。

正直まったく期待していなかった。そして、実際、期待どおりのものが出てきた。

コーヒーとオレンジジュース
Villa market breakfast (4)

コーヒーはまずまずかな。ちゃんとミルクも用意してくれるし。

本体
Villa market breakfast (5)

ソーセージ、ちっちゃいなあ。ミニタコだよ。
パンは全粒粉で少しだけ風味あり。

まあ、68バーツだし、こんなもんでしょう。
安いアメリカンブレックファーストは、どこで食べても似たような結果となりますね。

Villa market breakfast (1)

朝から買い物して小腹が空いていたら、食べてもいいかなといったレベル。
コーヒーにちょっとおかずが付いたものと考えれば、お得感があります。
特におすすめはしませんけどね。

他には、Honey Ham Breakfast setが98バーツ。
パンケーキセットが118バーツ。
イングリッシュブレックファーストが118バーツ。
さらに、ブレックファーストステーキセットが159バーツだ。
ステーキセットは、ブレックファーストではなくて、お昼ごはんとして食べればちょうどいいかも。

もちろん、普通のタイ料理や洋食も揃っている。
タイ女性が一人で来て、トムヤムクンなんかを食べていましたね。
あとはファラン客がほとんど。
英字新聞が置いてあって、コーヒー片手に読んでますね、ファランは。

地図

ヴィラマーケット前に駐輪場あり。無料。

Pattaya avenue parking

この駐輪場はセカンドロードからも、裏手のソイブッカオ15からでも出入り自由。アクセスは便利。また、抜け道としても重宝できるわけだが、まあ常識の範囲内で利用しましょう。
駐車場は一定時間(たしか2時間くらい)までは無料。たまにタクシーも抜け道として利用していますね。

以上、パタヤアベニューのヴィラマーケット内レストランのブレックファーストのご紹介でした。
ショッピングついでに訪れるところであって、レストラン目当てに訪れる必要はないですね、はい。

SPONSOR LINK

関連記事

The haven breakfast the works (3)

パタヤ最強かも。THE HAVENのブレックファースト100バーツ。

パタヤのブレックファーストシリーズはまだまだ続く。 いったい、パタヤにはいくつものファラン向け

記事を読む

Market cafe soi new plaza マーケットカフェグリル (4)

ソイニュープラザのザ・洋食屋でミックスグリルとブレックファースト

ファランの町、パタヤは洋食天国だ。 いたるところに洋食を扱うレストランがある。 洋食を全面に

記事を読む

Tun Chiangmai2 Khao soi (5)

【パタヤでカオソーイ】トゥンチェンマイ2号店

夜7時半頃、晩飯を求めてサードロードを走っていると、どんぶりと箸の看板を見つけた。 バイクを止

記事を読む

カオチー屋台 (3)

カオチーは、ラオス名物フランスパンサンドイッチ。あふれかえるパクチーが魅力だよ。

ラオスは元フランス領。フランスのパンといえば、フランスパン(バゲット)。 バゲットをサ

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (2)

酷暑のタイ・パタヤ。夏バテ防止にニンニクと唐辛子入りの料理を食べよう。ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタム。

暑季まっさかりのタイ王国。 パタヤももちろん暑い。 とにかく暑い。ひたすら暑い。 日中は拷

記事を読む

ソイ6食堂 (1)

ソイ6のど真ん中にあるローカル食堂(追記あり)

パタヤビーチロードソイ6といえば、とてつもなくいかがわしい通りである。 普通の観光客が

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツライス (2)

ラーメンチャンピオンでカオムートートと注文するとカツライスが出てきた

カツ丼が食べたくなった。 海外滞在中でも日本食へのこだわりは、ほとんどない。 これまで海

記事を読む

BBQ moogata soi bongkot (5)

ソイボンコット2軒目の食べ放題ムーガタ屋は、189バーツ

以前、ソイボンコットにある食べ放題ムーガタ屋を紹介した。 139バーツという破格値であった。

記事を読む

カイパロー・ムーパロー (1)

カイパローは、タイ版の豚の角煮と煮玉子。ソイメイドインタイランドの食堂でぶっかけ飯30バーツ。

ソイメイドタイランドで飲んでいると、小腹がすいてきた。 近くに食堂がある。 そこで軽くテイク

記事を読む

ソイARのブレックファースト99バーツ (5)

ペルシャ人レストランでイングリッシュブレックファーストを食べる。99バーツ。

パタヤカンのソイ12(通称ソイAR)をずっと進むと、長期滞在向けのホテルやサービスアパートメント

記事を読む

medi8サイドバートップ300×250

medi8サイドバートップ300×250

ソイ7バービア Soi 7 beer bar
ファランに囲われ、イサーンへ帰るバービア嬢

パタヤ沈没日記4 数年前から仲良くしているバービア嬢がいる。

ソイブッカオ常設市場ぶっかけ飯 (3)
【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

貧乏節約型長期滞在者の心強い味方といえば、ソイブッカオにある常設市

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

→もっと見る


PAGE TOP ↑