*

サードロードにRetox新店オープン。強烈無比なブレックファーストに打ちのめされろ。

公開日: : グルメレポート


洋食レストランの充実したパタヤにあって、ひときわ強烈な安さとボリュームを誇るRETOXのブレックファースト。

Retox本店はソイレンキーにある。

retox-breakfast

関連記事:RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

支店がソイハニーインに。こちらは、ブレックファーストのメニューが本店とは異なり、やや高め。

関連記事:RETOX GAME ON@ソイハニーのブレックファースト95バーツ。肉厚ベーコンと本格的ソーセージがうまい。

そして、サードロードにさらに新しいRetoxが誕生していた。
わたしの知る限り、これでパタヤにRetoxの名前が付く店舗は3つめとなった。

SPONSOR LINK

サードロードのRetox Xtra

Retox Xtra breakfast (7)

看板には、Retox Xtraとの表記。
まあ、別館といった感じでしょうかね。

たぶん、つい先日オープンしたばかり。
食事を求めてサードロードをふらふらと走行していると偶然見つけた。

間口は狭いが奥行きはそこそこある。

Retox Xtra breakfast (4)

天井はまだ作りかけのような雰囲気だ。
元々あった建物を改築したのだろうけど、とても綺麗。新築の香りがする。

Retoxは基本的にスポーツ・バー。店内のあちこちにモニターが配置されていて、各スポーツ中継を流している。
プロジェクターとスクリーンらしきものがあるんで、夜は大型スクリーンでも流すのかもしれない。

Retox Xtra breakfast (5)

本店はファランだらけの環境だけど、新店はまだ知られていないのか、客はわたし一人だった。
こういった雰囲気に慣れていない人でも入りやすいかも。

メニュー
Retox Xtra breakfast (2)

妙齢の女性店員に聞いたところ、メニューはソイレンキーの本店とまったく同じだそうな。システム的なものも全部一緒。でも店はすべてブランニュー。「でも、あたしはnewじゃないけどね」と笑っていました。

さて、何を食べようか。いや、考える必要なし。
Retoxでは、これを食うべし。
朝の時間帯なら、ほぼ自動的にBAHT BUSTERと呼ばれるブレックファーストで決まりです。

コーヒーか紅茶を選択するだけ。あと、卵料理の指定があるなら、付け加えればいい。わたしはスクランブルエッグにしておいた。何も言わなければ目玉焼きになります。

オレンジジュースとコーヒー
Retox Xtra breakfast (3)

これはRetox新店内で淹れていた。

が、料理はRetox本店から運ばれてくる模様。
というのも、この新店のすぐ裏手に本店があるから。

来ました、バーツバスター。
恐怖のワンプレート。
これが3度目のRetoxのブレックファーストとなるが、何度見てもおそろしい。

Retox Xtra breakfast (6)

特徴はなんといっても、イギリス名物のブラック・プディングと揚げトーストだ。
特に揚げトーストは何度食べても戦慄の食感。噛めば噛むほど口の中へ油が染み出してくるという凶暴なやつだ。
ブラック・プディングの臭みもまたすごい。
ソーセージとベーコンは普通においしいですな。
個人的には、ポテトが大好物。揚げ加減が絶妙で、ぱりぱり感とホクホク感を同時に味わえる。

でも、全体を覆い尽くすのは、その油っぽさであろう。
どれもうまいが、とにかく油ギッシュである。

わたしは完食できなかった。
揚げトーストに敗北を喫してしまった。

ま、大満足ですけどね。このあと8時間以上腹が減らなくなるのはお約束です。

このフルセットで、お値段わずか99バーツ。(98バーツと看板に書いてあるけれど、100バーツ札で払っても実際にお釣りが返ってくることはありません。)
おそるべしバーツバスター。
破壊されるのは、財布の中のバーツではなくて、胃袋のほうだ。財布には優しい。

ちなみに、バーツバスターの上はバンクバスター。銀行を破壊するそうだが、たぶん胃袋だけでなくて健康そのものを破壊されかねないほどの量だろう。

間違いなくうまい。こんなものは日本ではめったにお目にかかれないだろう。あったとしても、この価格では無理。

パタヤへお越しの際は、ぜひともRetoxのバーツバスターにチャレンジしてほしい。

ただし、二日酔いの朝に食べてはいけない。まじで吐きそうになるから。
逆にこれがぺろりと食べ切れるようならその日の体調は良好ということだ。健康をはかるバロメーターとしても使える。ま、毎日食べていたら、確実に不健康になるだろうけど。

食べ終わると満足するのだが、同時に満腹と胸焼けで後悔もする。
でも、半年に1回くらいは無性に食べたくなるのだ。
油の中毒性ってこわいね。

パタヤのRetox地図

Retox新店の場所は、ソイレンキーをサードロードへ出て、右手へ少し進んだところ。

Retox Xtra breakfast (1)

あいだに空き地があるけれど、本店がすぐ裏手にある。

本店
Retox Soi Lengkee

この近さで新しい店舗を開く意味がよくわからないが、もし本店が満員になっても、こちらの新店へ客を回せるという意図なのか。

ソイレンキーの本店は24時間営業。
こちらの新店は朝9時からの営業になるそうな。閉店時間は聞きそびれた。
どちらも店内禁煙。喫煙は外でどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

thips-cafe-8

カイガタもあるよ。Thip’s cafeのブレックファースト。クラブサンドイッチもどうぞ。

パタヤカンとサードロード交差点にあるThip'S Cafe。 パタヤでは老舗の部類の入

記事を読む

ヌアヤーン

カオトムプラジャンバンのヌアヤーンがうまい。ヤムプーマーやクンパオもいける。

パタヤカンのフードランド斜め向かい側にあるレストラン、カオトムプラジャンバン。

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

SOMTUM PAPAYA FORGET HUSBAND (7)

パタヤタイの安いぶっかけ飯屋とガイヤーンのうまいイサーン料理食堂

パタヤタイのワットチャイモンコン前はローカル市場となっている。 周囲の細い路地にも屋台や商店が

記事を読む

ペルシャ料理屋の40バーツケバブ

ブッカオにあるペルシャ料理屋の40バーツケバブサンドを食べてみた。肉もパンもうまし。

少し前にソイブッカオにオープンしたばかりのペルシャ料理のお店。 ケバブ40バーツの看板が上

記事を読む

RETOXGAMEONブレックファースト (3)

RETOX GAME ON@ソイハニーのブレックファースト95バーツ。肉厚ベーコンと本格的ソーセージがうまい。

パタヤのファランな朝食シリーズ RETOXは、ソイレンキーにあるスポーツバーだ。 ここの

記事を読む

Tesco lotus south pattaya (5)

テスコロータスのフードコートのカオパットベーコンがおいしい

カオパットとは、タイの焼き飯のこと。 カオがご飯、パットが炒める。まさに炒飯である。

記事を読む

ブッカオ常設市場のナムトックムー (2)

ブッカオ常設市場のナムトックムー屋台

ソイブッカオ北側にある、ブッカオ市場。 ブッカオとパタヤタイ交差点近くに火曜日と金曜日限定で開

記事を読む

パタヤタイの39バーツステーキ屋 (3)

これがパタヤ最安か?39バーツステーキ屋@パタヤタイ

パタヤタイ(サウスパタヤ通り)をひたすら走っていると、またしてもステーキ屋の看板を発見した。

記事を読む

ソイ6食堂 (1)

ソイ6のど真ん中にあるローカル食堂

パタヤビーチロードソイ6といえば、とてつもなくいかがわしい通りである。 普通の観光客が

記事を読む

アドステア

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑