*

サードロードにRetox新店オープン。強烈無比なブレックファーストに打ちのめされろ。

公開日: : グルメレポート


洋食レストランの充実したパタヤにあって、ひときわ強烈な安さとボリュームを誇るRETOXのブレックファースト。

Retox本店はソイレンキーにある。

retox-breakfast

関連記事:RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

支店がソイハニーインに。こちらは、ブレックファーストのメニューが本店とは異なり、やや高め。

関連記事:RETOX GAME ON@ソイハニーのブレックファースト95バーツ。肉厚ベーコンと本格的ソーセージがうまい。

そして、サードロードにさらに新しいRetoxが誕生していた。
わたしの知る限り、これでパタヤにRetoxの名前が付く店舗は3つめとなった。

SPONSOR LINK

サードロードのRetox Xtra

Retox Xtra breakfast (7)

看板には、Retox Xtraとの表記。
まあ、別館といった感じでしょうかね。

たぶん、つい先日オープンしたばかり。
食事を求めてサードロードをふらふらと走行していると偶然見つけた。

間口は狭いが奥行きはそこそこある。

Retox Xtra breakfast (4)

天井はまだ作りかけのような雰囲気だ。
元々あった建物を改築したのだろうけど、とても綺麗。新築の香りがする。

Retoxは基本的にスポーツ・バー。店内のあちこちにモニターが配置されていて、各スポーツ中継を流している。
プロジェクターとスクリーンらしきものがあるんで、夜は大型スクリーンでも流すのかもしれない。

Retox Xtra breakfast (5)

本店はファランだらけの環境だけど、新店はまだ知られていないのか、客はわたし一人だった。
こういった雰囲気に慣れていない人でも入りやすいかも。

メニュー
Retox Xtra breakfast (2)

妙齢の女性店員に聞いたところ、メニューはソイレンキーの本店とまったく同じだそうな。システム的なものも全部一緒。でも店はすべてブランニュー。「でも、あたしはnewじゃないけどね」と笑っていました。

さて、何を食べようか。いや、考える必要なし。
Retoxでは、これを食うべし。
朝の時間帯なら、ほぼ自動的にBAHT BUSTERと呼ばれるブレックファーストで決まりです。

コーヒーか紅茶を選択するだけ。あと、卵料理の指定があるなら、付け加えればいい。わたしはスクランブルエッグにしておいた。何も言わなければ目玉焼きになります。

オレンジジュースとコーヒー
Retox Xtra breakfast (3)

これはRetox新店内で淹れていた。

が、料理はRetox本店から運ばれてくる模様。
というのも、この新店のすぐ裏手に本店があるから。

来ました、バーツバスター。
恐怖のワンプレート。
これが3度目のRetoxのブレックファーストとなるが、何度見てもおそろしい。

Retox Xtra breakfast (6)

特徴はなんといっても、イギリス名物のブラック・プディングと揚げトーストだ。
特に揚げトーストは何度食べても戦慄の食感。噛めば噛むほど口の中へ油が染み出してくるという凶暴なやつだ。
ブラック・プディングの臭みもまたすごい。
ソーセージとベーコンは普通においしいですな。
個人的には、ポテトが大好物。揚げ加減が絶妙で、ぱりぱり感とホクホク感を同時に味わえる。

でも、全体を覆い尽くすのは、その油っぽさであろう。
どれもうまいが、とにかく油ギッシュである。

わたしは完食できなかった。
揚げトーストに敗北を喫してしまった。

ま、大満足ですけどね。このあと8時間以上腹が減らなくなるのはお約束です。

このフルセットで、お値段わずか99バーツ。(98バーツと看板に書いてあるけれど、100バーツ札で払っても実際にお釣りが返ってくることはありません。)
おそるべしバーツバスター。
破壊されるのは、財布の中のバーツではなくて、胃袋のほうだ。財布には優しい。

ちなみに、バーツバスターの上はバンクバスター。銀行を破壊するそうだが、たぶん胃袋だけでなくて健康そのものを破壊されかねないほどの量だろう。

間違いなくうまい。こんなものは日本ではめったにお目にかかれないだろう。あったとしても、この価格では無理。

パタヤへお越しの際は、ぜひともRetoxのバーツバスターにチャレンジしてほしい。

ただし、二日酔いの朝に食べてはいけない。まじで吐きそうになるから。
逆にこれがぺろりと食べ切れるようならその日の体調は良好ということだ。健康をはかるバロメーターとしても使える。ま、毎日食べていたら、確実に不健康になるだろうけど。

食べ終わると満足するのだが、同時に満腹と胸焼けで後悔もする。
でも、半年に1回くらいは無性に食べたくなるのだ。
油の中毒性ってこわいね。

パタヤのRetox地図

Retox新店の場所は、ソイレンキーをサードロードへ出て、右手へ少し進んだところ。

Retox Xtra breakfast (1)

あいだに空き地があるけれど、本店がすぐ裏手にある。

本店
Retox Soi Lengkee

この近さで新しい店舗を開く意味がよくわからないが、もし本店が満員になっても、こちらの新店へ客を回せるという意図なのか。

ソイレンキーの本店は24時間営業。
こちらの新店は朝9時からの営業になるそうな。閉店時間は聞きそびれた。
どちらも店内禁煙。喫煙は外でどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

15バーツわんこクイティアオルア (2)

パタヤにあるアユタヤボートヌードルは15バーツわんこクイティアオ。濃厚で辛めのスープがしびれる。

パタヤタイのトゥッコム裏、1杯10バーツで食べられるクイティアオルアは以前に紹介した。 まさに

記事を読む

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)

特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。 英語でチキンヌード

記事を読む

baritaliabygiegieバーイタリアパタヤ (3)

センタン2階にあるBAR ITALIAは、テラス席が気持ちいいイタリアンレストラン

用事があって、友人とセントラルフェスティバル(通称センタン)を訪問。 その後、センタン

記事を読む

49b-steak-5

ソイブッカオの新しいステーキ屋は49バーツから

ソイブッカオの南側に新しいステーキ屋の看板が上がっていた。 たしかに49バーツと書

記事を読む

豚のトン焼 (1)

ししゃもフライと豚のタン。ミミガーも買えるよ@ブッカオ常設市場。

庶民の台所といえば、市場(タラート)。 パタヤの中心部では、パタヤタイのワットチャイモンコン向

記事を読む

tonkotsu-ramen-4

タイ・セブンイレブン新商品、とんこつラーメンを食べてみた

タイのセブンイレブンの冷凍食品シリーズに新しい1品が加わった。 ずばり、とんこつラーメンである

記事を読む

mcdonald-namtok-salmon-1

日泰合作。タイのマクドナルド限定メニュー、北海道サーモンナムトックライスとバーガー。

ドナルドがワイ(合掌)している姿が有名なタイのMcDonald。 タイのマクドナルドで

記事を読む

イサーン料理屋ギンニャンの料理

気軽に食べられるイサーン料理専門食堂@パタヤアベニュー裏。生肉サラダも置いてるよ。

セカンドロードとブッカオの間で気軽に食べられるイサーン料理専門店をご紹介。 かなりローカルな雰

記事を読む

パタヤヒル展望台カフェ (6)

パタヤヒル展望台にある絶景カフェ。パタヤ湾を眺めながらコーヒーとチョコトーストを。

パタヤヒル(プラタムナック)の頂上にある展望台。 ここからパタヤ湾を一望することができる。

記事を読む

チムチュム2

パタヤの中心部でチムチュム

チムチュム チムチュムとは、イサーン地方の鍋料理のこと。 日本では、タイ風ハーブ鍋と呼ば

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑