パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

パタヤのソンクラーン、2日目夜と3日目昼の水かけの様子。

投稿日:


本格的に始まったパタヤのソンクラーン。
2日目夜の様子と3日目昼間の様子を軽くレポートします。

SPONSOR LINK



ソンラクーン2日目の夜

4月14日夜、ソンクラーン2日目(公式的には)のパタヤ。
昼は部屋にこもっていたのでわかりません。
でも、外からはでかい音楽と黄色い嬌声がたっぷり聞こえてきた。
たぶん初日よりも盛り上がったように思える。

日没後も騒ぎは続く。
こりゃあ濡れずに外出するもは無理だな。

夜11時過ぎ。
もう大丈夫だろうと外出。

ほぼ終了。
でも、LKメトロ内では、水鉄砲をかまえた呼び込みがちらほら。
まあそこまでひどいもんじゃないです。

ソイ7へ行ってみる。

Soi7

なんじゃ、この寂れたソイ7は。

ほとんど客がいない。呼び込みもいない。

Pattaya Songkran 2017 (1)

こんな静かなソイ7は見たことがない。

昼間に壮絶な水かけをやったんだろうなあ。
各所に激闘のあとが残っていた。

ソイ8も同様に静かなもの。

セイラーバーレストランには、ソンラクーンの垂れ幕がしてあった。

Sailor bar restaurant (2)

ちなみに、夜遅かったせいか、ステーキはほぼ品切れ状態。ポークチョップしか残っていないと言われた。

Sailor bar restaurant (1)

チーズバーガー70バーツをいただく。
ちゃんと肉の味がするなあ。レタスと玉ねぎも入っていて、そこそこ食べごたえあり。
ポテトの量は増やしてほしい。

ウォーキングストリートまで行くのは面倒だったのでパス。
たぶん、初日と同じような状況だったでしょう。

ソンクラーン3日目の昼

4月15日、ソンラクーン3日目。
知り合いに誘われたこともあり、今回初の水かけ参加。

いい天気。

Pattaya Songkran 2017 (3)

出かけたのは午後4時過ぎ。

LKメトロのソイダイアナ側は、水かけ少々。

Pattaya Songkran 2017 (5)

バチェラーのサオノイトックナームもまだやっていない。

Pattaya Songkran 2017 (4)

ソイブッカオ側へ移動すると、こっちは派手にやっている。

Pattaya Songkran 2017 (6)

強行突破したが、やはり狙われてしまった。

Pattaya Songkran 2017 (7)

ソイブッカオも各所でやっているが、比較的おとなしいと思う。

Pattaya Songkran 2017 (9)

こちらはソイハニーイン。

Pattaya Songkran 2017 (8)

路面はずぶ濡れ。でもやっぱりおとなしめ。

セカンドロードへ出る。

Pattaya Songkran 2017 (11)

渋滞しているが、それほどでもない。
今年は、ピックアップトラップに乗った傍若無人の水かけ軍団が少ない印象。

Pattaya Songkran 2017 (27)

まあ、いることはいるのだが、明らかに少ない。
シートベルト規制だの何だの当局からの指導のせいかもしれない。

関係ないが、センタン前を通ると、true coffeeができていた。

Pattaya Songkran 2017 (12)

ソイ7の水かけ

本日のクライマックスはソイ7へ。
水かけといえばここでしょう。

あ、遠目に見ても、派手にやっておりますなあ。

Pattaya Songkran 2017 (14)

路面に水たまりができるほどだ。

氷売りトラック
Pattaya Songkran 2017 (15)

ぬるくなった水をかけられるのはかまわないけど、氷入りの冷水は本当に勘弁してほしい。

激戦区へ。

Pattaya Songkran 2017 (17)
Pattaya Songkran 2017 (16)

向かい合ったバービア同士で打ち合いをやっている。

すごい人出。
歩くのも大変。

まあ、これだけ派手に遊んでいたら、夜にはぐったりするのは当然。
どうりで夜のソイ7が閑散とするわけだ。

いやあ、でもこの雰囲気はいいよね。
完全武装で出かけると楽しい。

ビーチロード

ビーチロードへ出る。

Pattaya Songkran 2017 (18)

歩行者天国にはなっておらず、のろのろ運転ながらも普通に車が走っている。
人が車道にはみ出していて、ところどころ歩行者天国みたいになっているけど。

Pattaya Songkran 2017 (20)

ちなみに、19日のワンライでは完全に歩行者天国となる。

パタヤカンとのT字路付近のビーチでは、伝統舞踊のステージを開催。

Pattaya Songkran 2017 (19)

ビーチロードを歩くと、ばしばし水で狙われる。

Pattaya Songkran 2017 (21)

防水カメラで良かったよ。

センタンのビーチロード側へ。
イベント広場では、ビアガーデン開催中。

Pattaya Songkran 2017 (23)

でも客はまばら。
ステージは演奏準備中。

なお、19日はここでコンサートが開かれる予定。
今年は中止になるかと思っていたが、しっかり開催するそうな。

ソイ8

少し戻って、ソイ8へ。

Pattaya Songkran 2017 (24)

ビーチロード側入り口はとんでもない人だかり。ソイ7より歩きづらい。
ファランも多いが、それ以上に若いタイ人が多い。
明らかに中高生と思しき若いタイ人男のグループがウィスキーの瓶を持ちながら、ふらふらと歩いている。さらに水で溶いた粉を誰彼かわまず塗りたくる。特にターゲットとなるのは、若いタイ女性だ。大っぴらに若い女性に触れるもんだから、下心全開で近づいて塗りたくっている。
かかわりにならないほうがよさそう。
まあ酔ったファランも若いタイ女性の胸元や背中に冷水を注ぎ込んで、一触即発の事態になったりもしているが。本気で切れているタイ女性を見かけた。その後、タイ女性はチンピラ風のタイ男に報告していたなあ。ありゃあ、復讐されるな。

Pattaya Songkran 2017 (25)

なんとか人をかき分け、ソイ8を進む。

セカンドロード側はかなりおとなしい。
さっぱりしたものだ。

Pattaya Songkran 2017 (26)

ソイ6あたりも見学したかったが、今日のところはこれまで。

 

ソイ7とソイ8、ビーチロード方面はほぼいつものソンラクーン。
セカンドロードを越えると、比較的おとなしい印象。
ピックアップトラック軍団が減っている影響が強いかも。

騒ぎたい人が特定の場所に集まって騒ぐのが良いと思う。
祭りとはそういうもんだしね。

さて、個人的には今年の水かけ参加はあと1回だけ、19日のワンライには昼間外出しようかと思う。
去年はけっこう水かけで遊んだんで今年はちょろっとでいいかなと。
あとは部屋にこもって、夜遅くなってから外出します。

ああ、でも、一度もソンラクーンの水かけに参加したことがない人は、せめて一度くらいはこの非日常のお祭り気分を味わったほうがいいと思いますよ。毛嫌いせずに何事も経験なんで。毎日は要らんけど。

SPONSOR LINK

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.