*

タンブンのあとは、連れ出し置屋でブンブンinウドンタニー

(「ウドンタニーでタンブン」からの続き)

タンブンの次は、もちろんブンブンである。
仏様への冒涜か、罰当たりにもほどがある。
まあ、いいじゃないですか。
人間の本能であります。
煩悩こそが生きる活力、煩悩なくして人生なし。
性への熱い衝動が人類の行動原理なのだ。

DAY&NIGHT1
DAY&NIGHTバービア群

夜になり、まずタンブンへ連れて行ってくれたお姉さんのバービアで少し飲む。
そこのバービア嬢にかわいい子がいれば、お相手してもいいなと思っていたけど、とても残念なルックスの嬢しかおらず。

店が12時で終わるから、みんなで近くのディスコへ遊びに行こうと誘われた。
DAY&NIGHTバービア群のすぐ裏手にある、「タワンデーン」というディスコ。
ディスコというか、タイ風のパブみたいなところ。ウドンタニーでは有名な遊び場。

まだバーの閉店までは、時間がある。
このまま、姉さんのバービアで飲み続けていても、ブンブンにはありつけない。
タンブンの世話をしてくれた姉さんに、ブンブンの世話まで頼むわけにはいくまい。

一度ホテルへ戻るねと、軽くウソを言って、デイ&ナイトを離れた。

ウドンタニーには、DAY&NIGHTの他にもバービアがいくつもある。
鉄道駅方面にある小さなバービア群、「NUTTY PARK」。
細いL字形の路地に10数軒のバービアが並んでいる。
ここで今晩のお相手探しをしたが、ちょっと厳しいレベル。
(でも、たまに大当たりを引くことがあり油断できない。)

ウドンタニーバービア1

すごすごと滞在先のホテル、アットホームアットウドンへ戻る。
するとホテル前に待機しているサムロー(トゥクトゥク)おやじから声をかけられる。
そう言えば、毎晩のよう待機してるな、このおやじ。
もちろん、夜の遊びへのお誘いである。
レディハウスから女性を一人選んでホテルへ連れて帰る方式だそうな。
これで1000バーツ。
もし選べなくても、サムロー代は往復50バーツでいいとのこと。
どこの置屋へ連れて行かれるのか、ちょっと興味があった。
それに何より、ブンブンしたかった。

汚い置屋のヤリ部屋は遠慮したい。
アットホームの綺麗な部屋でゆっくりやりたい。

1000バーツと少々お高いけど、ものはためしだ。
連れて行ってもらうことに。

で、連れて行かれた先は、アドゥンラヤデートのソイ7。
外見上は普通の民家の軒先から中に入って行くと、女性の待機部屋があった。
なるほど、これでは昨日発見できなかったのも無理はない。
たまたま置屋の前でポン引きがいれば、中に入れるだろうけど、何も知らなければ素通りしてしまう。

昼間のソイ7
ウドン soi7

待機部屋はそれもけっこう広くて、10人くらいがソファーに座れるスペースがあった。
でも、この時に待機していたのは4人くらい。
年齢層は、18歳から20歳くらいかな。まあ、例によって自己申告なので実年齢は不明。

色白のすらっとした19歳をセレクト。
ショートで1000バーツ。ロングなら2000バーツと言われた。
ボスの男にまけてくれと頼んだが、拒否された。この男、目が完全にイッちゃって、ちょっと怖い。
素直に1000バーツ払う。

そのままサムローに一緒に乗ってホテルまで。
サムローおやじのマージンはいくらんだろうか。

さて、お相手の女性の名前も忘れたし、写真も撮っていない。
ルックスもスタイルも悪くなかった。
意外と英語が通じた。
わたしが下手くそなタイ語で話しかけると、逆にしらけるぐらい。
うーん、ひょっとして元々外国人向けのバーで働いていたのかも。

別々にシャワーを浴びてさっそくブンブン開始。

サービスは並。
よく言えば、ごく普通のブンブン。
それでも、昨日の一件のフラストレーションがたまっていたせいか、あえなく轟沈。
置屋嬢は、あっさりと帰っていった。
まあ、ショートだから別にいいんだけど、もう少しのんびりしていけばいいのに。

ほどなく夜中の12時に。
バービア姉さんから電話がかかってみた。
これからディスコへ行こう、と。

でも、眠たいので断ってしまった。
なんか一発やってしまうと、賢者タイムというより、怠け者タイムと化してしまう。
バービアでゆるくビールを飲むくらいならいいけど、わざわざ盛り場へ遊びに行こうという気力がない。

姉さんには昨日と今日あれだけ世話になったのに、ちょっと無礼だったと、あとから反省。
一発し終わった男なんて、そんなものなのだ。
賢者ではなく、単なる愚者だ。

これにて、ウドンターニー滞在終了。
結局、3泊した。

この初訪問以降、ビザランの兼ね合いもあり、ウドンタニーのへは4回ほど訪れている。
次回のエントリーでは、ウドンタニーのバービアで知り合った現役女学生の話でもしてみよう。

ウドンタニーバービア嬢G

 

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

ボロブドゥール

はじめてのインドネシア・シンガポール夜遊び旅行まとめ。ジャワ島横断の予算は?

インドネシアとシンガポールをめぐる今回の夜遊び旅行。 ルート、予算、夜遊びについてまとめてみた。

記事を読む

コラートバスターミナル

三度目のコラートへ。ローカルレストランとゴーゴーバー探訪。

モーチットからバスでコラートへ モーチットのチケット売り場がタイ語表記ばかりで、少々わかりづらい。

記事を読む

ナコンチャイエアー乗り場

パタヤのアパートへ帰還。タイ・ラオス周遊夜遊び旅行終わり

コラートからパタヤへ コラートには2泊した。 とりあえず満足だ。 そろそろパタヤが恋しくな

記事を読む

ジョグジャカルタ置屋

ジョグジャカルタで置屋めぐり。Gang3の置屋は座敷牢のようだった。

バンドゥンからジョグジャカルタへ バンドゥンの置屋を堪能したあとは、ジョグジャカルタへ向か

記事を読む

バンドン2

バンドゥン(バンドン)の置屋街はまさに魔窟だった。地図あり。

バンドゥン(バンドン)へ さっさとジャカルタに見切りをつけ、次なる目的地へ。 向かったのは、バン

記事を読む

スワンナプーム空港

アパートを解約して帰国。アジア夜遊び旅行の終わり。

半年以上にわたったパタヤ沈没生活とアジア夜遊び旅行も、終わりの時が近づいてきた。 そろそろ本格

記事を読む

chiangmaigirl

チェンマイの夜遊びスポット。チェンマイのゴーゴーバーは寂れていた。

さくっとチェンマイ観光を終えて、ホテルで一休み。 日が暮れはじめた。 夜遊び開始である。

記事を読む

flag-155928_640

インドネシア編スタート。ジャカルタの夜遊びスポットを捜索するも…

ジャカルタ到着 スワンナプーム空港からタイ航空でジャカルタまでフライト。 同じ東南アジアだか

記事を読む

バービア嬢実家1

コラート2日目。今日も元気な60歳のS氏

元バービア嬢の実家へ 翌日は、ピマーイ近くにあるK氏の彼女の実家へ。 タクシー4人乗り。 さら

記事を読む

万里の長城

日本~北京~パタヤ~コラート

北京へ まだまだ続くアジア夜遊び紀行。 日本への一時帰国を挟んで、ふたたびパタヤへ。 もち

記事を読む

アドステア

アドステア

RAINBOW24 Pattaya (15)
RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

→もっと見る

PAGE TOP ↑