パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2017年フィリピン旅行記

プリメタとウォーキングストリート、アンヘレスでひたすらゴーゴーバーめぐり

投稿日:2017年4月5日 更新日:

アンヘレス夜遊び日記4

アンヘレス滞在3日目となった。

ダニエラズプレイス前のサリサリストアで、コーヒーとクラッカーを購入。

Daniela's place angeles (2)

プールサイドで軽い朝食。

Daniela's place angeles (3)

このホテルは、ほんと、長期滞在向け。
のんびりしていていいところだ。

ビリヤード台も置いてある。

Daniela's place angeles (4)

キッチンもあって、設備は揃っている。
そのかわり、サービスらしきサービスはまったくないけれど。

こんな張り紙までしてある。

Daniela's place angeles (1)

われわれには、要求の多い態度を取る客にはサービスの提供を拒否する権利がある。
ここはバジェットホテルであって、5つ星ホテルではない。
値段相応のサービス提供に最大限の努力はするが、5つ星ホテルのサービスは提供できない。

いいよね、この言い切り方が。
日本のモンスタークレイマーが泣いて逃げ出しそう。

東南アジアの安宿というものをわかっている人にはオススメできるホテルです。

ダニエラズプレイスをAgodaでチェックする

 

と言いつつ、本日は予定通りホテルチェンジ。
プリメタ地区のいろんなホテルを調査してみたかったのだ。

ダニエラズプレイスは宿泊代が安いし、雰囲気も悪くないんで、長期滞在には向いているが、微妙に中途半端な場所にある。
もうちょっとゴーゴーバー密集地に近いほうが短期滞在者にはありがたい。

次に選んだのがフェニックスホテル。

Phoenix hotel angeles

これがドンピシャ。

ホテルから徒歩15秒でゴーゴーバー密集地へ行ける。
最高の立地だ。

Pheonix hotel angeles (1)

Pheonix hotel angeles (2)

部屋もそこそこだし、プールもあるし、テレビは日本のチャンネルもFOX SPORTS(F1やUFC)も映る。プリメタならここで決まりかも。

フェニックスホテルをアゴダでチェックする

プリメタ地区ゴーゴーバーめぐり

ぶっかけ飯で腹を膨らませてから、股間も膨らませんと、プリメタ地区のゴーゴーバーめぐりへ。
なにせ真っ昼間からオープンしている。
しかも、ホテルから徒歩15秒である。

地図

少しだけ離れたところにも別のゴーゴーバー密集地がある。

Angeles perimeter bars (2)

Angeles perimeter bars (1)

飲み代は安い。
たとえば、このバー。

Angeles perimeter bars (4)

ハッピーアワーが昼12時から5時まで。
ローカルビール(サンミゲルとか)が55ペソ、約120円
シングルレディドリンクが100ペソ、220円
ダブルレディドリンクが200ペソ、440円

まあ、すべてのバーが同様のハッピーアワー価格を設定しているわけではないけれど、総じて安い。
フィールズアベニューのウォーキングストリート界隈のゴーゴーバーより圧倒的に安い。

昼間から呑んだくれたい人には打ってつけ。

事前情報は何もないんで、てきとうなバーに入っていく。

Luscious Night Bar

Angeles perimeter bar

まだ昼だがナイトバー。
雰囲気は実にやさぐれている。
うらぶれている場末のバーといった雰囲気だ。
ステージではダンサーたちがやる気なさげにたたずんでいる。
嫌いじゃないね。

客のドリンクは60ペソ。

レディドリンクが、シングル150、ダブル250。

ここは、バーファインがショートとロングで分かれているらしい。
ショート:1000ペソ(2200円)
ロング:2000ペソ(4400円)

1ペソは2.2円と換算

Det5

Angeles perimeter bars (5)

間口は狭いが、中は意外と広い。
ステージも広くて、ダンサーがきちんと揃っている。
ここはしっかりとしたゴーゴーバーだ。

ドリンク60ペソ。レディドリンクは、シングル150、ダブル250ペソ。
これくらいの料金が一般的みたい。

ステージ上にダンサーが10人ちょっと。それが2交代するようだ。

ウォーキングストリートの大箱には及ばないが、小箱として考えるとなかなかのもの。

まったりとした雰囲気ながら、ウェイトレスやママさんが女を選べとたまに催促してくる。
でもほどほどに放置もしてくれる。
居心地は悪くない。

ママさんおすすめの20歳新人を召喚してみる。
子ども無し。No babyという言い方よりも、本来の英語ではNo kidsのほうがいいかな。ノーベイビーでももちろん通じるけど。

子どもが何人いるかを尋ねる時は、「How many kids do you have?」とでもどうぞ。
すると、おそるおそる指を1本ないし2本立てることが多い。

ママさん紹介のダンサーは本当に子どもがいないそうだ。

顔は並だけど、色白でスタイルがいい。これまた珍しいことにあまり腹が出ていない。
朝までソクソク3回の約束を取り付ける。
サービスにはあまり期待できそうにないが、こいつは拾い物かも。

バーファインは2000ペソ

時刻はまだ昼の3時。
この時間にペイバーするには、さすがに早すぎるような気がした。
時間を持て余しそうだ。
それにたまっているPC作業をしておきたかった。
夜8時に再訪してバーファインすると告げて、一度退店。プロミスといって指切りもしておいた。

で、夜9時に再訪するも、すでに彼女は帰宅したという。
家に帰ったと言われたが、たぶん他の客にバーファインされたのだろう。
ウェイトレスからは、「来るのが遅い」と怒られた。
どうやらプリメタのゴーゴーバーでは、昼間にさくっとペイバーしてしまないとダメらしい。
まあ、いいか。

Baby Dolls

Angeles perimeter bars (6)

別のゴーゴーバーへ。
パタヤの同名店は間違いなく無関係だろう。
ここは2階にある。入り口からして相当に怪しい。
でも大丈夫。問題なし。
小さなステージにダンサーが5人ほど。
やさぐれ感が半端ないがフレンドリー。
ダンサーたちはステージのへりに座って、スマフォをいじったり、おしゃべりしている。
このいい加減さはプリメタ地区ならではか。

一人のダンサーは、わたしが日本人だとわかると、「もしもしあのね~」と変な歌を歌っている。
これ日本語でしょと聞いてくるけど、そんな歌は知らん。

Baby dolls

夜のこの時間帯でもサンミゲルライト75ペソ。安い。

いやあ、おもしろいなあプリメタは。

でもそろそろ閉店の時間が近づく。
プリメタの夜は早いのだ。
この時間からお相手探しはかなり難しい。

ウォーキングストリートでもバーホッピング

で、やっぱりウォーキングストリートへ。
惰性のごとく足が向かってしまった。

ジプニーで8ペソ。もう慣れた。

ひたすらバーホッピングするも、どうにもテンションが上がらない。
やはり昼間に出会った20歳がいい。
前日知り合ったセンタウロの23歳をバーファインしようかとも思ったが、3000ペソがどうにも高く思える。
やめておこう。
そんなわけで、普通に飲むだけ。

EQUUS

Equus angeles

前はジェネシスだったところ。
中箱程度の大きさ。
ダンサーの数が多いけれど、わりと選びやすい雰囲気。
ダンサーたちは立ち位置をくるくると変えてくれるんで見やすい。
レベルもそこそこ。
アンヘレス初心者にもおすすめしたい。

Shipwrecked

Shipwrecked angeles

記憶なし。

LA BAMBA

La bamba angeles

記憶あり。
トラウマになるほどひどいランナップ。
ふくよかなウェイトレスにやたらと気に入られてずっと膝上に乗られた。重たい。

Midnight Cruiser

Midnight cruieser angeles

記憶なし。
いや、ステージに明らかなオカマがいた。しかもラリってそうな変なテンション。
怖かった。

AFTER DARK

After dark angeles

記憶なし。

 

うーん、やっぱりテンションが上がらんな。
これ以上飲み歩いても無駄なだけ。

ちょっと慣れてきたので、帰りもジプニー利用。
フェニックスホテルは通り沿いにあるので、ジプニーを下車してすぐにホテルへ入れる。
玄関では武装したガードマンがお出迎え。
たぶん、治安的には大丈夫そう。

Pheonix hotel angeles (3)

深夜のプールが薄明かりに浮かんで見える。
その脇を通り抜けて、おやすみなさい。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-2017年フィリピン旅行記
-

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.