パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2017年2月パタヤ沈没日記

出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

投稿日:

沈没日記15(おまけ)

あまり意味はないですが、恒例の出費報告を少々。
あと、次回予告もついでに。

2017年2月タイ22泊の出費

今回は全部で22泊。バンコク5泊、パタヤ17泊。

航空券往復4万円
エアアジアで往復。
直前購入のため少し高かった。大型プロモーションを利用できなかったのが痛い。

現地で使った現金が10万円。約3万バーツほど。
別途ホテル代が4万円くらい。

現地で使った現金とホテル代の合計額が14万円
22泊という短い滞在期間のわりには高値となった。

バンコクとパタヤの往復や、ホテルとサービスアパートメント調査でいろいろと渡り歩いたため、ホテル代が高くなってしまった。
でも、いろいろ収穫はあった。
まだ記事にしていない長期滞在向けのサービスアパートメントも見つけた。ホステルにも泊まった。
(そのうち記事にします。)

あと、夜遊びでいうと、最後の二夜連発がでかい。
相場よりは安く遊んでいるけど、それでもけっこうな出費。
ウォーキングストリートでBF1000+ST1500、タニヤで飲み代1000+BF800+ST2000。
これだけで6300B。
ほぼ2万円。こういう遊び方では長続きはしない。

そのかわり、あとはひたすら飲むだけの過ごし方で安上りだった。
まあ、最終的にはバランスが取れたかなと。

そんなわけで、今回の総出費は18万円
パタヤ一箇所に何ヶ月もずっと沈没するなら、マンスリーで宿を借りて、もっと安上がりにできるけど、3週間程度ではどうしてもコスパは悪くなってしまう。
ま、こんなもんでしょう。
やはり、月単位の長期旅行のほうがいいね。

次回予告

日本帰国後は、あれやこれやと事務作業や健康チェックに奔走する。

性病検査。ちょっと心配事があったんで、時期をずらして2回検査してもらったが、それでも異常なし。(病気にかかっていても、きっちり反応が出るにはタイムラグがある。)
血液検査の内臓脂肪(?)の数値が高いから性病は大丈夫だけど生活習慣病に気をつけろと医者からアドバイスしてもらう。
うーむ。やはりタイでの食生活はあまり体にいいものではなさそうだ。ま、日本でも塩分と油分が多いものばかり食べていたら同じことなんで、結局は個人的な問題で国はあんまり関係ないだろうけど。
なるべく野菜と果物は食べるようにしよう。
というか、別に海外だろうが国内だろうが、遊んでいる人は定期的に性病検査すべし。

忙しい人や近くにクリニックがない人は自宅で検査もできる。

性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

が、やはり自分の足で赴いたほうがいい。検査結果を聞きに行く時の足取りと心の重たさといったら半端なし。減量する気のない曙をひきずっているかのようだ。
でも、検査結果異常無しとの報告を受けた瞬間の心の晴れやかさも半端なし。よく晴れたパタヤビーチの青空のごとくに清々しい。砂浜と海は下心どろどろのリビドーで汚れているけどね。

 

虫歯検査。急に歯茎が痛くなったこともあり、歯医者へ。レントゲンを撮影してもらうが異常なし。どうやら根を詰めてパソコン作業をしたせいで、重い肩こりになり、歯茎に悪影響を与えたらしい。へえ、そんなこともあるんだね。肩こりから頭痛になる話はよく聞くけど、歯茎にまで影響を与えるのか。知らなかった。
ついでに歯石取りもやってもらう。
これで当分虫歯の心配はなさそうだ。

役所関係の手続きも終了。

サーバーのデータもバックアップした。
ネット回線が激速な日本で、あれこれいじりたかったが時間切れ。

ひさしぶりにガイドブックも購入した。
さらには、新しいスマフォも購入した。

 

とりあえず、長期旅行の最低限の準備は整った。

次なる旅が始まる。
これまで訪れたことのない土地も行ってみるつもり。

期間は未定。
飽きたり、トラブルがあれば帰国する。
終わりを決めない旅行ほど、わくわくするものはない。

荷造りはほぼ不要。
バッグはそのままにしてある。服を洗濯して入れ替えるだけ。

仕入れたネタもまだすべて消化しきれていないが、旅をしながら前回のネタも取り混ぜて更新していくつもり。

ではでは、次回の旅もお楽しみに。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新)


-2017年2月パタヤ沈没日記

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.