*

ドンムアン空港発のA1エアポートバスの始発と終発は何時なのか?

公開日: : 空港やバス関連


LCCのエアアジアやスクートは、ドンムアン空港を利用している。
ドンムアンからバンコク市内へ行くには、エアポートバスの利用が簡単で便利。30バーツとお手頃価格。
もっと安いローカルバスも走っているが、初心者にはわかりづらいし、大きな旅行かばんやスーツケースが邪魔だ。鉄道も同じ理由で却下。エアポートバスが無難。

エアポートバスには、A1とA2の二種類がある。
どちらも、BTS(スカイトレイン、モノレール)ないしMRT(地下鉄)の駅と結んでいる。BTSがモーチット駅、地下鉄がチャトゥチャック駅だ。あとはバスから電車に乗り換えて、好きなところへ移動すればいい。
安全かつ確実な移動方法といえる。

SPONSOR LINK



ドンムアン空港発エアポートバスの始発は?

さて、今回、日本からドンムアン空港に到着したのが午前5時過ぎ。
始発のエアポートバスを利用してバンコク市内へ向かう予定だった。

気になるのは、エアポートバスの始発時間。

前回、モーチットからエアポートA1バスに乗った時に、車内に掲示してあった時刻表がこちら。

A1バス
A1 Airport bus timetable (2)

ドンムアン空港発A1バス
始発:午前7時半
終発:深夜0時

A2バス
A1 Airport bus timetable (1)

ドンムアン空港発A2バス
始発:午前8時
終発:午後9時

ふむ。A1バスの始発は午前7時半のようだ。
A2バスの始発が午前8時ね。

で、今回ドンムアンのエアポートバス案内窓口みたいなところに貼ってあった掲示がこれ。

Don Mueang Air port A1 bus (4)

うむ。同じだな。
やっぱりドンムアン空港発の始発は7時半か。
こりゃあ、7時半まで待つ必要があるなあ。

最後に確認したのが、表のバス乗り場の掲示。

ここがバス乗り場。ドンムアン空港到着フロアの6番出口ね。

Don Mueang Air port A1 bus (2)

アップで掲示を見てみる。
Don Mueang Air port A1 bus (3)

営業時間:7時から24時

ん?
これが正しいとすると、始発は午前7時ということになるのだが。それとも、係の人が午前7時に出勤してくるということか。

うーん、どれが正解なんだか。
さすがアメージングタイランド。

気にしてもしょうがない。
7時前にバス乗り場で待つ。同じようにバス待ちしている旅行者が多数。

すると、ほぼ7時ジャストに、黄色いバスがやって来た。エアポートバスだ。
表示はA2となっている。これはアヌサワリー(ビクトリーモニュメント、戦勝記念塔)行きだ。

(下車時に撮影したもの)
Don Mueang Air port A1 bus (5)

とりあえず乗車してみると、ドライバーいわくA1バスだと言う。

ええい、どっちなんだよ。
そもそも7時発なのかよ。

まあ、地下鉄チャトゥチャック駅ないしBTSモーチット駅まで行くなら、A1でもA2でも同じこと。どちらのバスも経由する。

問題は、モーチット・バスターミナルへ行きたい場合だ。A1は客次第でモーチット・バスターミナルまで行ってくれるようだが、A2バスは行ってくれない。

もしモーチット・バスターミナルへ行きたい場合は、エアポートバス乗車時に必ず確認するようにしましょう。
バスターミナルよりはバスステーションと言ったほうが通じやすいですよ。

7時過ぎに満員の乗客を乗せてエアポートバスは出発。
A2と表示されたバスは、無事にチャトゥチャック駅に到着。
客は全員降りていきましたな。やっぱりA1バスだったのか。

Don Mueang Air port A1 bus (6)

こうして、ドンムアン空港発始発エアポートバスに乗って、地下鉄へ乗り継ぐことができた。

結論

とりあえず、2017年2月時点では、ドンムアン発エアポートバスの始発は午前7時という結論に達しました。
ただし、本来の始発は7時半で、たまたま早くバスが来ただけの可能性もある。
すべては大らかに構えましょう。

ま、ドンムアン空港からエアポートバスに乗りたければ、バス乗り場前で待っておけということです。
タイだよ。細かいことなんぞマイペンライだ。
来たバスに乗り込んで、あとは乗務員に行き先を告げて、そのバスが向かうかどうかを確認すればいいってこと。
エアポートバスなら英語は通じます。
時間を気にする人は、素直にタクシーを使うべし。

ちなみに、モーチット発のA1バスの始発時間を見比べると、バス車内の時刻表では午前6時40分、空港の時刻表では午前7時。
うがあ、どっちが正しいんだ?
ま、これもてきとーな時間に行って、てきとーにバスを待っておけってことですな。
気楽にやろうぜ。1分1秒を気にするなら問答無用でタクシーを使うべし。

SPONSOR LINK

関連記事

magic-food-park-donmuang-airport-5

ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マジックフードコートだ。

記事を読む

関空ANA免税店 (1)

成田や関空内のANA免税店ならタバコも10%割引。さらにマイレージも追加でたまる。ANA、ユナイテッド、アシアナ、エバー航空、エアチャイナ限定。

関空の北ウィング先端駅近くにあるANAの免税店で、タバコを購入。 ユナイテッドマイレージプラス

記事を読む

ドンムアン空港第2ターミナルマジックフードディストリクト (2)

ドンムアン空港第2ターミナルの新フードコート、MAGIC GARDEN・マジックフードディストリクト

ドンムアン空港第1ターミナル リノベーションを終えて、新装オープンしたドンムアン空港第

記事を読む

エアアジア・パタヤマカオ路線

エアアジアがパタヤ・ウタパオ空港で本格運用開始。マカオ路線も新規就航。

タイ・エアアジアが、パタヤ(ウタパオ)空港発着便を増設。 2015年9月25日から、パタヤと中

記事を読む

ドンムアン空港エアアジア (4)

パタヤ(ウタパオ)空港からチェンマイ・ウドンターニー行きエアアジアのフライト就航

先日、ドンムアン空港のエアアジアブースでこんな看板を見つけた。 パタヤ・ウタパ

記事を読む

kix-scoot-delay-3

関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安かったからである。往復で2万円。

記事を読む

タイ航空TGスーパーディール (3)

タイ航空がTGスーパーディールプロモーション中。バンコク往復29000円。10月7日まで。

タイ国際航空(TG)が、プロモーションを展開中。 成田・関空・名古屋・福岡⇒バンコクの

記事を読む

ウドンターニービエンチャン国際バス (1)

ウドンターニー発ビエンチャン行き国際バスの乗り方。始発に乗ればタイのビザ申し込み時間に間に合うのか?

ウドンターニーからラオスのビエンチャンへ移動するには、国際バスに乗るのが便利。 料金は80バー

記事を読む

ノースパタヤバスターミナル横の駐輪場 (4)

ノースパタヤのバンコク行きバスターミナル駐輪場

ノースパタヤにあるバンコク行きバスターミナル。 パタヤとバンコクを行き来する旅行者

記事を読む

cabin-zero-classic-44l-6

LCC機内持ち込み可能。バックパッカー個人旅行向けのおすすめバックバック、キャビンゼロクラシック44L。

LCCは安い。 安いが、大きな荷物を預けるには別料金が必要となる。 せっかく安い航空券を購入

記事を読む

アドステア

アドステア

スヌーズゾテル Snoozzotel pattaya (1)
2017年改築新装オープンホテル、スヌーズゾテル (SnoozZotel)内部見学レポート

ホテル予約サイトを眺めていると、見慣れぬホテル名を見つけた。 ス

スクリーンショット_072317_043908_PM
AIS、12callの7日間ネット使い放題パッケージを使ってみた。おすすめは4Mbps。

わたしがタイで使っている携帯電話の通信会社はAIS。12callと

GINZA ギンザ (1)
【昨日のWS】GINZAリニューアルオープンとBLISSのナースパーティ

昨日7月23日のパタヤの様子です。 晴れ間がさしたり、雨が降った

Soi9 coffee (6)
Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

ソイブッカオのほぼ北端、セブンイレブンのある角を曲がるとサードロー

Ginza ギンザ (2)
【昨日のウォーキングストリート】GINZA開店せず。ハッピーとランウェイ盛況。

快晴のパタヤ 久々に快晴となった昨日のパタヤ。 パタヤ

→もっと見る


PAGE TOP ↑