*

サプライスでエアアジアの航空券を購入。ウェブチェックインできたよ。

公開日: : 最終更新日:2017/02/17 空港やバス関連


今回のタイ旅行は、エアアジアを利用することにした。

まず、本家エアアジアのサイトと、サプライスなどの格安航空券販売サイトの価格を比べる。

すると、サプライスの価格表示はエアアジアサイトと同じものだった。
エアアジアのサイトから予約を入れると、最後の最後にクレジットカード決済手数料がかかる。サプライスは不要。となれば、サプライスのほうが実質的に安くなる。

さらに、サプライスではPONTAポイントが利用可能。そのぶん割引可能。

2681ポイントたまっていたので、一括割引した。

スクリーンショット_013017_023019_AM_021617_122738_PM

お得お得。

さらにリクルートカードで決済すれば、リクルートポイントがたまり、それをPONTAポイントへ交換してやれば、次回以降の割引が可能となる。

スクリーンショット_021617_123000_PM

サプライスでは頻繁にクーポン配布やキャッシュバックキャンペーンをやっており、常に注視しておいて損はなし。
LCCの予約をする際は、かならず本家のサイトとサプライスを見比べる癖をつけておきましょう。

⇒⇒航空券予約 サプライス

サプライスにかぎらず、HIS、DeNA、JTBなども忘れずにどうぞ。
エアアジア本家のほうが価格高騰していても、安いチケットが残っていることがあるんで。

ただし、エアアジアやスクートの大型プロモーション時は、圧倒的にLCC本家のサイトで予約したほうが安いだろう。

SPONSOR LINK

エアアジアのウェブチェックインは?

通常、エアアジアではウェブチェックインが可能。
日本の空港では、ウェブチェックイン済みの列と、未ウェブチェックインの列とに分かれている。ウェブチェックイン済みの列は空いていることが多い。

以前、HIS経由でエアアジアの航空券を購入したことがある。
その時は、ウェブチェックインできなかった。いや、正確にはできないことはないが、同乗者の名前がずらずらと表示されて、ちょっと気持ち悪かった。フルネームと性別までわかる始末。どうやらグループ客扱いされている模様だった。
で、一括してウェブチェックインはできるみたいだったが、さすがに赤の他人のぶんまでチェックインする気になれず、当日窓口でチェックインすることになり、長蛇の列に並んだものだった。

そのHIS系列のサプライスということで、また同じ結果になるかと思いきや、今回は個人名でウェブチェックイン可能だった。
(現在のHISのシステムは不明)

サプライスで予約を終えると、サプライスとは別にエアアジアからも予約確認メールが送られてきた。
そこに、きちんと予約番号が記してある。

で、エアアジアのサイトでウェブチェックインのページへ。
サプライス予約時に登録したメールアドレスと予約番号を入力して、ウェブチェックイン可能となっている。

ただ、ウェブチェックインする前から座席は指定してあった。
(エアアジアのサイト直予約の場合は、ウェブチェックイン時に席が振り当てられるはずだが。)

通路側の席だったため、特に変更は希望せず、そのままウェブチェックイン完了。
席を変更するには別途追加料金が必要だ。

関空のエアアジアチェックインカウンター

ちょっとわかりづらいが、このように列が分かれている。

Airasia KIX (1)

左側が、バゲージドロップ。その下に、WEB&MOBILE CHECKED-INと書いてある。つまり、ウェブチェックイン済みの人が並ぶ列だ。預け荷物の有無は関係ないみたい。
右側が、まだウェブチェックインを済ませていない人向け。

わかりづらい表記のせいか、何だか混在してしまっているが、やはりウェブチェックイン済みの列のほうが空いている。

Airasia KIX (2)

日本の空港では必ずチェックインカウンターで搭乗券を発行してもらう必要があるため、ウェブチェックイン時に搭乗券を印刷する必要はない。紙の無駄。予約確認書だけ印刷しておけばいい。最悪、パスポートを提示するだけでもいい。

(注。タイ入国時のイミグレーションで、タイ出国のEチケット提示を求められるケースがないわけではないんで、予約確認書だけは印刷しておくのがベター。これまで提示を求められたことはないけれど、念のため)

(注。ドンムアン空港では、ウェブチェックインを済ませて搭乗券を印刷しておき、預け荷物がない場合にかぎり、チェックインカウンターはスルーして、直接搭乗口へ向かうことが可能。)

そんなわけで、サプライスでエアアジアの航空券を購入してもまったく問題ありませんでした。
ウェブチェックインもできたし、文句なし。
本家のサイトと同じ価格なら、サプライスで購入したほうが安上がりですな。

Airasia KIX (3)

では、一路、バンコクへ。

SPONSOR LINK

関連記事

パタヤ駅 (2)

バンコク(ドンムアン空港・ファランポーン駅)からパタヤへ列車で行く方法

バンコク・ドンムアン空港からパタヤまで列車で移動してみた。 やってみると実に簡単なのだが、

記事を読む

ビエンチャンタラートサオバスターミナル (1)

ビエンチャン・タラートサオバスターミナルの場所が少し移転。タイ行き国際バス乗り場と売り場も変更に。2016年1月情報。

2016年1月、ビエンチャンを訪れてみると、タラートサオ・バスターミナルが移転していた。

記事を読む

香港空港エアポートA21バス (1)

香港空港から市内(尖沙咀・チョンキンマンション)への移動方法はバスがおすすめ。往復で買うと割り引き。クレジットカードも使えるよ。

香港国際空港到着後、香港中心部へ移動するには、いくつか手段がある。 ・エアポートエクスプレ

記事を読む

ドンムアン空港第2ターミナルのマジックガーデン (5)

ドンムアン空港第2ターミナルのフードコート、MAGIC GARDEN拡大中

新装なったドンムアン空港第2ターミナル。 ここは国内線専用のターミナルとなっている。 出発カ

記事を読む

Don Mueang Air port A1 bus (5)

ドンムアン空港発のA1エアポートバスの始発と終発は何時なのか?

LCCのエアアジアやスクートは、ドンムアン空港を利用している。 ドンムアンからバンコク市内へ行

記事を読む

ウドンターニービエンチャン国際バス (1)

ウドンターニー発ビエンチャン行き国際バスの乗り方。始発に乗ればタイのビザ申し込み時間に間に合うのか?

ウドンターニーからラオスのビエンチャンへ移動するには、国際バスに乗るのが便利。 料金は80バー

記事を読む

香港エクスプレス航空 (4)

香港エクスプレス航空、香港・バンコク間の運行開始。日本からGoConnect乗り継ぎでドンムアンまで。

香港のLCC、香港エキスプレス航空が、香港とバンコク・ドンムアン空港を結ぶ路線の運行を開始する。

記事を読む

ノースパタヤバスターミナル横の駐輪場 (4)

ノースパタヤのバンコク行きバスターミナル駐輪場

ノースパタヤにあるバンコク行きバスターミナル。 パタヤとバンコクを行き来する旅行者

記事を読む

donmuang-airport-3

バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20分。 急いでイミグレーシ

記事を読む

スクート荷物タグ

バンコク発関空行きスクートTZ298便搭乗記。スクートの機内持ち込み荷物重量制限は意外とザルな件。

今回の帰国便は、SCOOTを選択した。 理由はエアアジアより安かったからである。 以

記事を読む

アドステア

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑