*

サプライスでエアアジアの航空券を購入。ウェブチェックインできたよ。

公開日: : 最終更新日:2017/02/17 空港やバス関連


今回のタイ旅行は、エアアジアを利用することにした。

まず、本家エアアジアのサイトと、サプライスなどの格安航空券販売サイトの価格を比べる。

すると、サプライスの価格表示はエアアジアサイトと同じものだった。
エアアジアのサイトから予約を入れると、最後の最後にクレジットカード決済手数料がかかる。サプライスは不要。となれば、サプライスのほうが実質的に安くなる。

さらに、サプライスではPONTAポイントが利用可能。そのぶん割引可能。

2681ポイントたまっていたので、一括割引した。

スクリーンショット_013017_023019_AM_021617_122738_PM

お得お得。

さらにリクルートカードで決済すれば、リクルートポイントがたまり、それをPONTAポイントへ交換してやれば、次回以降の割引が可能となる。

スクリーンショット_021617_123000_PM

サプライスでは頻繁にクーポン配布やキャッシュバックキャンペーンをやっており、常に注視しておいて損はなし。
LCCの予約をする際は、かならず本家のサイトとサプライスを見比べる癖をつけておきましょう。

⇒⇒航空券予約 サプライス

サプライスにかぎらず、HIS、DeNA、JTBなども忘れずにどうぞ。
エアアジア本家のほうが価格高騰していても、安いチケットが残っていることがあるんで。

ただし、エアアジアやスクートの大型プロモーション時は、圧倒的にLCC本家のサイトで予約したほうが安いだろう。

SPONSOR LINK

エアアジアのウェブチェックインは?

通常、エアアジアではウェブチェックインが可能。
日本の空港では、ウェブチェックイン済みの列と、未ウェブチェックインの列とに分かれている。ウェブチェックイン済みの列は空いていることが多い。

以前、HIS経由でエアアジアの航空券を購入したことがある。
その時は、ウェブチェックインできなかった。いや、正確にはできないことはないが、同乗者の名前がずらずらと表示されて、ちょっと気持ち悪かった。フルネームと性別までわかる始末。どうやらグループ客扱いされている模様だった。
で、一括してウェブチェックインはできるみたいだったが、さすがに赤の他人のぶんまでチェックインする気になれず、当日窓口でチェックインすることになり、長蛇の列に並んだものだった。

そのHIS系列のサプライスということで、また同じ結果になるかと思いきや、今回は個人名でウェブチェックイン可能だった。
(現在のHISのシステムは不明)

サプライスで予約を終えると、サプライスとは別にエアアジアからも予約確認メールが送られてきた。
そこに、きちんと予約番号が記してある。

で、エアアジアのサイトでウェブチェックインのページへ。
サプライス予約時に登録したメールアドレスと予約番号を入力して、ウェブチェックイン可能となっている。

ただ、ウェブチェックインする前から座席は指定してあった。
(エアアジアのサイト直予約の場合は、ウェブチェックイン時に席が振り当てられるはずだが。)

通路側の席だったため、特に変更は希望せず、そのままウェブチェックイン完了。
席を変更するには別途追加料金が必要だ。

関空のエアアジアチェックインカウンター

ちょっとわかりづらいが、このように列が分かれている。

Airasia KIX (1)

左側が、バゲージドロップ。その下に、WEB&MOBILE CHECKED-INと書いてある。つまり、ウェブチェックイン済みの人が並ぶ列だ。預け荷物の有無は関係ないみたい。
右側が、まだウェブチェックインを済ませていない人向け。

わかりづらい表記のせいか、何だか混在してしまっているが、やはりウェブチェックイン済みの列のほうが空いている。

Airasia KIX (2)

日本の空港では必ずチェックインカウンターで搭乗券を発行してもらう必要があるため、ウェブチェックイン時に搭乗券を印刷する必要はない。紙の無駄。予約確認書だけ印刷しておけばいい。最悪、パスポートを提示するだけでもいい。

(注。タイ入国時のイミグレーションで、タイ出国のEチケット提示を求められるケースがないわけではないんで、予約確認書だけは印刷しておくのがベター。これまで提示を求められたことはないけれど、念のため)

(注。ドンムアン空港では、ウェブチェックインを済ませて搭乗券を印刷しておき、預け荷物がない場合にかぎり、チェックインカウンターはスルーして、直接搭乗口へ向かうことが可能。)

そんなわけで、サプライスでエアアジアの航空券を購入してもまったく問題ありませんでした。
ウェブチェックインもできたし、文句なし。
本家のサイトと同じ価格なら、サプライスで購入したほうが安上がりですな。

Airasia KIX (3)

では、一路、バンコクへ。

SPONSOR LINK

関連記事

パタヤ発スワンナプーム空港行きエアポートバス乗り場 (4)

パタヤ発スワンナプーム空港行きエアポートバスは、前売り購入がベター。3日前から買えるよ。

パタヤからスワンナプーム空港へ行くには、大きく二つの方法がある。 1 タクシー 2 バス

記事を読む

ドンムアン空港エアアジア (4)

パタヤ(ウタパオ)空港からチェンマイ・ウドンターニー行きエアアジアのフライト就航

先日、ドンムアン空港のエアアジアブースでこんな看板を見つけた。 パタヤ・ウタパ

記事を読む

ビエンチャン市内観光 (1)パトゥーサイ

ついにバンコク・ビエンチャン間のエアアジア便が就航へ

これまでどのLCCも就航していなかったバンコク・ビエンチャン間のフライトがついに始まるよ

記事を読む

ドンムアンからパタヤバス (17)

ドンムアン空港からバスを乗り継いでパタヤへ行く方法。バンコク市内への行き方も。

エアアジアXによる日本(成田と関空)とバンコクを結ぶ直行便を利用。 到着はスワンナプー

記事を読む

ノースパタヤバスターミナル (2)

ノースパタヤバスターミナルからパタヤ中心部(ビーチロードやブッカオ)へ移動する方法、ソンテウやバイクタクシーについて。

バンコクからのパタヤ行きバスは、ノースパタヤにあるバスターミナルに到着する。 また、ス

記事を読む

ドンムアン空港行きエアポートバス乗り場 (4)

バンコク市内からBTS・地下鉄とバスでドンムアン空港へ行く方法。エアポートA1バス乗り場。

エアアジアやスクートなどのLCCは、スワンナプーム空港ではなくてドンムアン空港発着となる。

記事を読む

KIXエアポートラウンジ (12)

関西国際空港「KIXエアポートラウンジ」は意外と使える。しかもJCBゴールドなら2時間無料。

関空の一般エリアにあるKIXエアポートラウンジを利用してみた。 ここは、チェックイン前に時間を

記事を読む

ノースパタヤバスターミナル (1)

パタヤからバンコクへバス移動する方法:2016年6月最新版。パタヤ市内のソンテウ乗り継ぎ方法も。

パタヤからバンコク市内へ移動するには、いくつか方法がある。 タクシー、バス、乗り合いバン(ロッ

記事を読む

ドンムアン空港第2ターミナルのマジックガーデン (5)

ドンムアン空港第2ターミナルのフードコート、MAGIC GARDEN拡大中

新装なったドンムアン空港第2ターミナル。 ここは国内線専用のターミナルとなっている。 出発カ

記事を読む

ベルトラベルHP3

ベルトラベルのドンムアン・パタヤ路線が一時運行休止(本日より)

Bell Trave(ベルトラベル)のHPによれば、2015年10月31より、ドンムアン・パタヤ

記事を読む

アドステア

アドステア

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

→もっと見る

PAGE TOP ↑