*

タイ・パタヤでのアパート滞在。1ヶ月の生活費はいくら?


パタヤで6ヶ月ほどアパートを借りて滞在してみて、おおよその生活費が見えてきた。
家賃、電気代、水道代、洗濯代、通信費、食費などなど。
ごく普通に生活を送るために必要最低限必要な出費について、おおまかな金額をあげてみたい。

実際にアパート暮らしをしていたのは2年ほど前の話だが、現在でもそれほど大きな違いはないと思う。
その後もホテルを月借りして何度も中長期滞在をしているので、パタヤの実情はわかっているつもり。
ただ、アパートには一軒しか借りたことがないし、あくまでわたし個人の場合です。
どれだけ参考になるかはわかりませんが、タイでアパート暮らしをしようと考えている人の参考になれば幸いです。

SPONSOR LINK

生活費全般

家賃

6,000バーツ

アパート2
キングサイズのベッド、二人がけのソファー、21型くらいのテレビ(ケーブルテレビチャンネル付き)、
一般的な家庭サイズの冷蔵庫、大きなクローゼット、化粧台とイス、電気式シャワー、ベランダ。

浴室とトイレはこんな感じ

アパート4

場所はブッカオとサードロードの間で、どちらかというとサードロード寄りの立地。

たぶん、これくらいが相場。
もう少しブッカオ寄りで広い部屋なら8000バーツくらい。

電気代

1ヶ月約2500バーツ
1ユニット7バーツで計算。
昼間部屋にいる時と、蒸し暑くて寝苦しい夜間はつけっぱなしのことが多かった。

イサーン方面などへ旅行へ出かけていたり、日本に一時帰国している間はもちろん安くなる。

この明細書は実質半月ほどしか滞在しなかった時のもの。一月まるまる滞在だと、この倍くらいかかる。
アパート明細書

アパート暮らしだと、電気代がかなりのネックとなる。
できるだけエアコンを使わないようにしていたが、暑季のタイではおのずと限界がある。
暑がりの人は、一日中エアコンつけっぱなしになる。そうするともっと電気代は高くなるだろう。
また、部屋が大きくなれば、その分、高くなる。
バンコクの一軒家で暮らしている友人の話では、エアコンつけっぱなしで1ヶ月の電気代が7000バーツ以上かかると言っていた。
節約したいなら、扇風機を購入するか、はじめから天井ファンが付いている部屋を借りるのも手だ。

水道代

約200バーツ

請求書を見ると、1ユニットあたり30バーツとある。
シャワーと洗面所を普通に利用するだけなら、ほとんど気にする額にはならない。

洗濯代

約300バーツ

ベッドシーツ、バスタオル、衣服を自分で洗濯。
ほとんどの場合、コインランドリーを使用した。
小型の洗濯機なら一回20バーツ。
これを3日に1回ほど利用。月10回で200バーツ。
洗剤は安いのでほとんど考えなくていいかな。一袋20バーツくらいで10回は使える。
(最近は20バーツの洗濯機が減ってきており、一回30バーツが相場。)

コインランドリー

ベッドシートに下に敷くマットだけは、ランドリーショップに依頼。一回50バーツくらいだったような。
それが月に2回ほど。

なお、アパートによっては、お抱えのメーバーン(家政婦)がいて、掃除洗濯サービスを有料で行っているところもある。
また、ランドリーショップによっては、1ヶ月定額制サービスを実施している。
自分で全てやるよりも割高にはなるだろうけど、手間はだいぶ減る。

生活雑貨費

約300バーツ

歯ブラシ、シャンプー、石鹸など。
これは安い。せいぜい300バーツほどだ。

ただし、アパート入居時にバスタオルなどは自分で調達する必要がある。
玄関マット、風呂場の足拭きマットなども購入。
あと、掃き掃除用のほうきや雑巾も必要だった。

ベッドシーツ類ははじめから付属していた。

通信費

約200バーツ

わたしの滞在していたアパートはWi-Fiの利用が無料だった。
アパートによっては、別途500バーツほど徴収されるケースもあるようだ。
また、ケーブルテレビの利用代も無料。

よって、自分の携帯電話料金のみ。
この頃はスマートフォンを所有しておらず、ノキアのガラケーのみ。
1-2callのチャージがせいぜい200バーツくらい。

アパートによっては、自力で電話線を引いてインターネットを開設する必要なところもあるだろうし、ケーブルテレビも同様だ。
そうなればもっと高くなる。

 

以上が、アパートで生活するのに最低限の出費。

合計:9500バーツ

おおよそ1万バーツくらいはかかる計算になる。

あとは飲食費だ。

飲食費関連

飲料水代

ホテルならば、500mlペットボトル飲料水が1日1本ないし2本は毎日補充される。
もちろんアパートは無し。
大きめのペットボトルを毎日購入していた。
月に300バーツほど。

アパートの下には、濾過水の自動販売機が置いてあったが、今ひとつ信用できないので使わなかった。
これなら1リットルで1バーツとたいへんお得。
電気ポッドで煮沸してから飲むのならまったく問題ないはずだ。

食費

約5,000バーツ

これは人によってピンきり。
わたしの基本路線は昔も今も1日100バーツが目安。
ローカル屋台と食堂中心なら100バーツでも充分まかなえる。
が、たまには、人に奢ってあげたり、レストランでおいしいものが食べたくなることもある。
そんな時は1回200バーツ以上かかる。
その他、牛乳やおかしなども購入。

このスタイルとだと、1ヶ月でおおよそ5000バーツは必要だ。
完全ローカル仕様で食生活を送れるなら、1ヶ月3000バーツでも何とかなる。
わたしは無理。たまに贅沢したい。

自炊はまったく考えなかった。
炊飯器を買ってきて、日本米を炊いて食べる人もいるだろう。
おかずだけ買ってくれば、少しは安上がりかも。
ただ、5,6千バーツ程度のアパートにはキッチンがない。
ベランダに水道が通っているので、自作キッチンを作れば料理も可能だけど、正直、外食の安いタイでわざわざそこまでする気にはなれなかった。

総合計

アパート滞在費食費を合わせた総合計:1万5千バーツ

これだけあれば、とりあえず、タイ・パタヤで日本人が我慢できそうな最低限の生活ができる。
決して贅沢な暮らしじゃなくて、部屋にアリが出たりもするけど、まあ、じゅうぶん許容範囲の生活レベル。

2012年は空前の円高バーツ安だった。
1万5千バーツ=約37,500円とかなり安く生活できた。
現在のレートなら、54,000円くらい。

安く上げようと思えば、もっと安くできる。
アパートのランクを下げて、1ヶ月2000から3000バーツの部屋にすればいい。
もちろん、Wi-Fiもケーブルテレビもエアコンもない。
ホットシャワーなんてぜいたく品だ。
ヘタするとベッドすらなくて、薄いマットレスが一枚置いてあるだったりもする。
タイ人はそんなところに2,3人で住んでいる
実際、そんな部屋を見せてもらったことがあるけど、日本人にはかなりきついと思える環境だった。
電気代水道代は定額300バーツだそうな。
ブッカオからサードロードへ行くソイにそのような安アパートが固まっている。

食事代はもちろん屋台か食堂のみ。
1日100バーツを30日間。これで月3000バーツだ。
アパート代電気代などを合わせて5000から6000バーツ。

何の娯楽もせず、ただ引きこもるだけでよければ、その額でいけるかも。
修行僧のような生活になりそうなんで、わたしには無理ですが。

飲み代、夜遊び代、遊興費など

さて、大事なこと。
パタヤといえば夜遊びだ。
各種バーはそれこそ星の数ほどある。
ほとんどの男性諸氏にとっては、これこそ、パタヤ最大の出費となろう。
もちろん健全なロングステイヤーもたくさんいると思うけど。

が、これはもう人によってあまりにもピンキリの出費となる。
ゼロから無限大まで。
ここでは詳しく論じません。

夜遊び代飲み代などもろもろ込みの滞在費に関しては、以下の記事で公開しているので、参照にしてください。

参照記事:パタヤ1ヶ月滞在の生活費と夜遊び代のまとめ。2014年9月から10月編
参照記事:沈没生活まとめ。パタヤ一ヵ月半の滞在費と夜遊び代

またアパートでの生活費に関しても、タバコなどの嗜好品は除外してあります。
アパート生活を始めるにあたって必要な費用も除外です。
あくまで設備の整った環境下のアパートで生活するための最低限度の費用にいくらかかるのか、その参考程度に考えてください。

SPONSOR LINK

関連記事

ブッカオステーキ屋看板

【2017年追記あり】ブッカオ・ソイPPの49バーツステーキ屋のBBQリブは意外と本格的でうまかった

当パタヤ沈没日記の読者ならお気付きのように、わたしのパタヤでの食生活は基本的にタイ料理、それもロ

記事を読む

新旧フィリピンペソ紙幣

ひさびさにフィリピン旅行する人は、旧フィリピンペソ紙幣が使えなくなっているのでご注意を。2016年旧紙幣から新紙幣への移行終了。

2016年7月、今回4年ぶりのフィリピン旅行となった。前回が2012年のこと。 それ以前にもフ

記事を読む

かばんの中身電化製品

厳選!タイ旅行に必要な荷物

前回の投稿では、旅行かばんについて論じてみた。 わたしの場合は、 バックバック→キャ

記事を読む

ヒルトンパタヤ・ホライズン (7)

HILTON PATTAYAの屋上ラウンジ「HORIZON ホライズン」

つい先日、ヒルトンホテルパタヤの屋上にあるラウンジ「HORIZON」に行ってみた。 ここから眺

記事を読む

楽天カード (8)

楽天カードの期間限定ポイントの有効期限には気をつけよう。あっという間に失効してしまうよ。

楽天カードでは、新規カード申し込みキャンペーンを頻繁に行っている。カードを作成してから、実際にカード

記事を読む

パタヤのエアアジア窓口 (3)

エアアジアなどのLCC航空券は、直接予約よりHISのほうが安いことがある

次回のタイ訪問へ向けて航空券を探していると、エアアジアもスクートもすでに安いチケットが見当たらな

記事を読む

イミグレーション滞在期限延長手続き (7)

タイ・ノービザ入国30日滞在期間延長の必要書類が追加。最新手続き方法。

タイにノービザで入国した場合の滞在期限は30日。 イミグレーションオフィスで手続きすれば、さら

記事を読む

バンコク銀行

タイで海外キャッシング。バンコク銀行でJCBカードを使えばATM手数料無料。

海外旅行で頭を悩ませる問題の一つが両替と現金の管理。 昔、バックパッカーを

記事を読む

イミグレーション(7)

タイの居住証明書の取得方法。タイの運転免許証取得や銀行口座開設に必要。パタヤイミグレーション。(追記あり)

通常の旅行者には無用かもしれないけれど、熱心なタイリピーターならば、タイ現地での運転免許証や銀行

記事を読む

ハーバーパタヤ (27)

ハーバーパタヤは、パタヤの新ショッピングモール。マックスバリュもあるよ。

パタヤカン沿いに新しくオープンした大型ショッピングモール、ハーバーパタヤを訪問してきた。 地下

記事を読む

アドステア

アドステア

Sutus court room (2)
ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)
ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑