*

ソイニュープラザのヴィーナーシュニッツェル屋台は80バーツ。ほぼとんかつだけど、味もボリュームも良し。

公開日: : グルメレポート


ソイニュープラザを通りかかると、見慣れぬ固定屋台を発見した。

Schnitzel soi newplaza (4)

こ、これは!?
ヴィーナーシュニッツェルの専門屋台じゃないか。
つい先日まで影も形もなかったぞ。
こんな特殊な屋台がふいに出現するのがパタヤのすごいところ。日本じゃ考えられない。

しかも80バーツとお手頃価格。
これは食べるしかない。

SPONSOR LINK

Schnitzel Wiener Art(ヴィーナーシュニッツェル)

Schnitzel soi newplaza (6)

見本写真には、「Schnitzel Wiener Art mit Pommes und Salat」とドイツ語で書いてある。訳すと、ウィーン式シュニッツェルのポテトとサラダ添え。

つまりヴィーナーシュニッツェルとなる。
ん? 英語ではEscalope(エスカロープ)と書いてあるなあ。違いがよくわからんが、とにかくシュニッツェルだ。
大好物である。気にしない。
さっそく注文した。

テーブルが二つ並んでいるだけの小さな店舗だ。
おばさんが一人で切り盛りしている。

Schnitzel soi newplaza (1)

無料の飲水あり。このあたりはローカル屋台式だ。
近くにドリンク屋台があるし、コンビニで買ってきて持ち込んでもオッケー。
となりのテーブルでは、二人のファランがビール飲みながらドイツ語でずっとだべっている。

コックのおばさんが、屋台厨房でポテトと肉をフライ。
思ったより時間がかかっている。10分近く待っただろうか、ようやくシュニッツェル完成。

どん!
Schnitzel soi newplaza (2)

なかなかの迫力じゃありませんか。
シュニッツェルが2枚。さらに、ポテト。キャベツサラダにきゅうりまで。
真ん中には、ケチャップソース。

ちょっと暗いのでフラッシュを焚いてもう一枚。

Schnitzel soi newplaza (3)

揚げ色がしっかり付いているのがおわかりいただけるだろう。慌てずにじっくりと揚げているのがよくわかる。

食べようとするわたしに向かって、横のテーブルのファランが、「Very delicious」と親指を立ててくれた。

言われずとも、これはうまいに決まっている。

軽くマナオ(ライム)を絞ってから、いただきます。

豚肉はそこそこの厚みがある。ヴィーナーシュニッツェルにしては分厚いほうだと思う。
専門店とでも言うべき、オーストリア料理レストラン「Domicil」のヴィーナーシュニッツェルよりも肉が厚い。
日本の有名チェーン店のとんかつ屋のとんかつよりは薄いけど、充分に肉のうまみが味わえる。
パン粉は少なめだが、衣のサクサク感もあり。
これはおいしいね。しかもボリュームたっぷりだ。
1枚だけでもそこそこの量があるのに、それが2枚もある。
がつがつ食べてもなかなか減らない。

ソースは、普通のケチャップに甘辛いチリソースをブレンドしたような味。
ちょっと独特だが、意外とあっさりしている。
どうしても油っぽいシュニッツェルには、ちょうど合う。

フライドポテトは普通ですな。キャベツはややパサパサ。

なにせ肉の量が多く、さすがに最後のほうはちょっとだけ飽きてきたけど、無事に完食。
満腹です。

完食して「アロイ」と告げると、屋台のおばさんは大喜びしてくれた。
なんでも、お客さんが全部食べてくれるのが何よりの喜びだと語っていた。いい料理人ですね。

満腹になるまで食べて80バーツ。水も無料。
お買い得です。

これぞ本場仕込みのヴィーナーシュニッツェルかと言われれば、ちょっと違うような気もするが、全然オッケー。ドイツ語話しているファラン(たぶん、ドイツ人かオーストリア人)がうまいといっているし、わたしもおいしいと思うから、それでいい。
日本人としては、これ豚カツじゃんかよ、とも思うが、やっぱり違う。いっそのこと、とんかつソースをかけたいくらいだが、やっぱりここはケチャップ味で食べたい。
と言いつつ、ご飯と豆腐の味噌汁を持ち込んだら、とんかつ定食の出来上がりだなあと思うんだけど。

まあ、お好きなように食べてください。
80バーツで、このボリュームと味は文句なしですよ。

営業時間は午後3時から午前2時くらいまで。
店主の気分と客次第だそうです。

地図

開店前の様子がこちら
Schnitzel soi newplaza (7)
矢印の先、青いシートがかけてあるところがシュニッツェル屋台。

他にもミートボールセットがあるようだ。80バーツ。

Schnitzel soi newplaza (5)

こっちには、ご飯かポテトを選択可能と書いてあるなあ。
たぶん、シュニッツェルでもポテトをご飯に変更できそう。
となれば、あとは味噌汁があれば…
まあ、いいか。

あと、カオマンガイみたいなご飯物もあるようだが、詳細不明。

まずはシュニッツェルからどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)

タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系のファストフード店。 タイ全土

記事を読む

コンチネンタルベーカリーカフェ (8)

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

欧米人が集うパタヤには、カフェがとても多い。 コーヒーだけでなく、パンも販売している店もたくさ

記事を読む

串かつとカノムトーキョー (2)

屋台の串かつとカノムトーキョー。パタヤに大阪と東京を見た。

ソイブッカオからソイエキサイト方面へ歩いていると、ふと気になる屋台に出くわした。 通り過ぎそう

記事を読む

ジョムティエンナイトマーケット (2)

ジョムティエンのナイトマーケットは、シーフードからファラン飯まで何でも揃う屋台街

ジョムティエンのビーチロードを走行していると、ナイトマーケットに遭遇した。 こんな場所があった

記事を読む

ブッカオ沿いイサーン屋台 (1)

ソイブッカオ沿いの新しい屋台群のイサーン料理屋。トムセーブがうまい。コームーヤーンもあるよ。

ソイブッカオの通り沿いに新しい固定屋台群ができている。 場所は、LKメトロから行くなら、北へ向

記事を読む

malee-breakfast-5

MALEEのブレックファースト69バーツと99バーツは、可もなく不可もなし

MALEEは、洋食が気軽に食べられるパタヤの有名店だ。 ソイハニーやブッカオの病院前脇道に店舗

記事を読む

パタヤタイのクイジャップユアン (2)

パタヤタイにあるクイジャップユアン。巨大骨付きあばら肉入りスープがうまい。

ウドンターニー、ビエンチャンにつづいて、パタヤで食べられるクイジャップ(クイチャップ)を紹介した

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオ2015 (1)

ブッカオ名無し食堂で久しぶりにガパオムーを食べてみた。味は復活したかな。

ソイブッカオにある青い屋根のローカル食堂。店名はない。 誰が呼んだか名付けたか、ブッカ

記事を読む

カイパロー・ムーパロー (1)

カイパローは、タイ版の豚の角煮と煮玉子。ソイメイドインタイランドの食堂でぶっかけ飯30バーツ。

ソイメイドタイランドで飲んでいると、小腹がすいてきた。 近くに食堂がある。 そこで軽くテイク

記事を読む

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑