*

DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

公開日: : グルメレポート


以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。

DOMICILは、オーストリア料理レストランだ。
くどいようだが、オーストラリアではない。オーストリア。

関連記事:オーストリア料理レストラン”DOMICIL”のブレックファースト

日替りメニューが用意されている。
曜日ごとに通常メニューを割り引いて提供しているようだ。

オーストリア料理といえば、なんといってもヴィーナーシュニッツェルである。
ヴィーナーとは、「ウィーンの」という意味ね。
ウィーンは、英語読みではヴィエナ。
ちなみに、わたしはオーストリアへは2回訪問している。
ウィーンとザルツブルグだ。どっちも好きな街。

それはともかく、DOMICILの日替りメニューをいくつか紹介していこう。

SPONSOR LINK

Domicil2号店

ブレックファーストを食べたのは1号店。
日替りメニューは、2号店のほうでいただく。

domicil-breakfast-3

2号店は、パタヤメモリアル病院の目の前にある。
いつでも空いていて利用しやすい。

Domicil Pariser Schnitzel (1)

でも、1号店でもたぶん同じメニューと値段のはずなんで、お好きなほうへどうぞ。

地図

Pariser Schnitzel

日曜日の日替りメニュー。

Domicil Pariser Schnitzel (2)

パリザーシュニッツェルと読めばいいのか、パリゼーシュニッツェルか。つまり、パリ風のシュニッツェルという意味だろう。

どういうものか、まったく想像つかなかった。出来上がってのお楽しみ。
で、出てきたのがこいつ。

Domicil Pariser Schnitzel (3)

どでかくも平べったい豚肉と卵焼きを重ねて焼いたものだった。

上が豚肉、下が卵焼き。

これにケチャップとマヨネーズをかけて食べる。

ちょっと調べてみると、パリザーシュニッツェルとは、パン粉を使わないシュニッツェルのことのようだ。

やや厚みのあるしっかりした豚肉。

Domicil Pariser Schnitzel (4)

うーん、これって、豚平焼きじゃなかろうか。
まあ、おいしいし、ボリュームたっぷりだけど、かなり単調な味で飽きが来るなあ。
何ならお好み焼きソースで食べたいくらいだ。
おねえさん、青のり持ってきて~。

メニューにはWith Riceと書いてあるが、ポテトに変更可能だった。
とにかくポテトの量が多い。
このタイプのフライドポテトは大好き。

Curry Wurst(カリーブルスト)

火曜日の日替りメニューが、カリーブルスト。139バーツ。

Domicil curry wurst (1)

ソーセージもオーストリア名物の一つですな。まあ、文化的にはドイツに近いんで、ドイツ名物カリーブルストも食べられる。

Domicil curry wurst (2)

どんっ! とソーセージ
どばっ! とソース
がつん! とポテト

これぞゲルマン魂。
質実剛健だ。

Domicil curry wurst (3)

カレー風味はわずか。ちょっとカレー粉がふりかけてあるだけ。ほぼケチャップ味か。
すんごくおいしいけど、やっぱり単調さは拭えない。
ホットドッグにして食べたほうがいいかも。
日替わりメニューでは一番安い部類。

Schnitzel(シュニッツェル)

土曜日のスペシャルメニューとして、ついにシュニッツェルが登場。199バーツ。

Domicil Schnitzel Vienna Art (3)

Vienna Artと表記してある。ウィーン式シュニッツェルなんでしょう、たぶん。

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)

大きなカツが一枚。
マナオ(ライム)を絞ってから、どうぞ。
ソースは特に付いていない。テーブルの上に置いてあるケチャップで食べればいいのか。

安いシュニッツェルは、鶏肉を使うことが多い。
ドミシルのシュニッツェルは、豚肉使用。

これぞ本場仕様のシュニッツェルだ。

Domicil Schnitzel Vienna Art (2)

意外と肉は薄めだが、ボリュームたっぷり。
現地オーストリアでも肉は薄くスライスされていることが多いので、こんなもの。

豚カツに限りなく近いような気もするが、やっぱり別ものなんだよなあ。

例によって、ポテトが山盛り。
サラダ少々。でも、茹で野菜が増えているなあ。

肉とポテトを交互に喰らう。
特にポテトは無理やり腹に詰め込む感じだ。
最後は満腹で大満足。

ここのメニューはいずれもフライドポテトが満載。
とにかくポテトで腹を膨らませるというドイツ系料理の意地とプライドを感じさせてくれる。
ついでに、ザワークラフトも付けてくれたらいいのに。

日替わりメニューで腹一杯になれます。

が、残念ながら、ドリンクが高め。
コーラ50バーツ、瓶入りの水が40バーツ。
これはちょっと高いなあ。

ドイツ系らしくビールを頼んだほうがコスパは良さそう。

チャンビールなら瓶で69バーツ、グラス入りの生ビールなら65バーツだ。
ま、これだけ大量に食べてビールも飲んだら、腹が出ることは必至でしょうけどね。

営業時間は、午前10時から午後10時まで。
2号店は水曜日が休みかも。
オーストリアを感じたくなったら、DOMICILへどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

15バーツわんこクイティアオルア (2)

パタヤにあるアユタヤボートヌードルは15バーツわんこクイティアオ。濃厚で辛めのスープがしびれる。

パタヤタイのトゥッコム裏、1杯10バーツで食べられるクイティアオルアは以前に紹介した。 まさに

記事を読む

big-bowl-noodle-11

特盛りクイティアオ!BIG BOWL NOODLE@ソイローングナムケーン

ふらふらとブッカオとサードロードの間を走っていると、見慣れぬクイティアオ屋ができていた。

記事を読む

Prajanban foods (12)

カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストランがある。 それがカオトムプラ

記事を読む

Olala breakfast (1)

Olala soi7 レストランのブレックファーストと洋食メニュー

パタヤビーチロードのソイ7とソイ8を結ぶ路地の角に建つレストラン、Olala Restauran

記事を読む

パタヤタイのカノムジーン (2)

パタヤタイのカノムジーン屋は種類豊富。ウォーキングストリートからも近くて便利。

カノムジーン タイ風カレーそうめんとも言うべき「カノムジーン」 カノム=お菓子

記事を読む

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

Tun Chiangmai2 Khao soi (5)

【パタヤでカオソーイ】トゥンチェンマイ2号店

夜7時半頃、晩飯を求めてサードロードを走っていると、どんぶりと箸の看板を見つけた。 バイクを止

記事を読む

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない

記事を読む

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

イサーン料理屋ギンニャンの料理

気軽に食べられるイサーン料理専門食堂@パタヤアベニュー裏。生肉サラダも置いてるよ。

セカンドロードとブッカオの間で気軽に食べられるイサーン料理専門店をご紹介。 かなりローカルな雰

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑