パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート ステーキ・洋食

DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

投稿日:2017年1月22日 更新日:


以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。

DOMICILは、オーストリア料理レストランだ。
くどいようだが、オーストラリアではない。オーストリア。

関連記事:オーストリア料理レストラン"DOMICIL"のブレックファースト

日替りメニューが用意されている。
曜日ごとに通常メニューを割り引いて提供しているようだ。

オーストリア料理といえば、なんといってもヴィーナーシュニッツェルである。
ヴィーナーとは、「ウィーンの」という意味ね。
ウィーンは、英語読みではヴィエナ。
ちなみに、わたしはオーストリアへは2回訪問している。
ウィーンとザルツブルグだ。どっちも好きな街。

それはともかく、DOMICILの日替りメニューをいくつか紹介していこう。

SPONSOR LINK



Domicil2号店

ブレックファーストを食べたのは1号店。
日替りメニューは、2号店のほうでいただく。

domicil-breakfast-3

2号店は、パタヤメモリアル病院の目の前にある。
いつでも空いていて利用しやすい。

Domicil Pariser Schnitzel (1)

でも、1号店でもたぶん同じメニューと値段のはずなんで、お好きなほうへどうぞ。

地図

Pariser Schnitzel

日曜日の日替りメニュー。

Domicil Pariser Schnitzel (2)

パリザーシュニッツェルと読めばいいのか、パリゼーシュニッツェルか。つまり、パリ風のシュニッツェルという意味だろう。

どういうものか、まったく想像つかなかった。出来上がってのお楽しみ。
で、出てきたのがこいつ。

Domicil Pariser Schnitzel (3)

どでかくも平べったい豚肉と卵焼きを重ねて焼いたものだった。

上が豚肉、下が卵焼き。

これにケチャップとマヨネーズをかけて食べる。

ちょっと調べてみると、パリザーシュニッツェルとは、パン粉を使わないシュニッツェルのことのようだ。

やや厚みのあるしっかりした豚肉。

Domicil Pariser Schnitzel (4)

うーん、これって、豚平焼きじゃなかろうか。
まあ、おいしいし、ボリュームたっぷりだけど、かなり単調な味で飽きが来るなあ。
何ならお好み焼きソースで食べたいくらいだ。
おねえさん、青のり持ってきて~。

メニューにはWith Riceと書いてあるが、ポテトに変更可能だった。
とにかくポテトの量が多い。
このタイプのフライドポテトは大好き。

Curry Wurst(カリーブルスト)

火曜日の日替りメニューが、カリーブルスト。139バーツ。

Domicil curry wurst (1)

ソーセージもオーストリア名物の一つですな。まあ、文化的にはドイツに近いんで、ドイツ名物カリーブルストも食べられる。

Domicil curry wurst (2)

どんっ! とソーセージ
どばっ! とソース
がつん! とポテト

これぞゲルマン魂。
質実剛健だ。

Domicil curry wurst (3)

カレー風味はわずか。ちょっとカレー粉がふりかけてあるだけ。ほぼケチャップ味か。
すんごくおいしいけど、やっぱり単調さは拭えない。
ホットドッグにして食べたほうがいいかも。
日替わりメニューでは一番安い部類。

Schnitzel(シュニッツェル)

土曜日のスペシャルメニューとして、ついにシュニッツェルが登場。199バーツ。

Domicil Schnitzel Vienna Art (3)

Vienna Artと表記してある。ウィーン式シュニッツェルなんでしょう、たぶん。

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)

大きなカツが一枚。
マナオ(ライム)を絞ってから、どうぞ。
ソースは特に付いていない。テーブルの上に置いてあるケチャップで食べればいいのか。

安いシュニッツェルは、鶏肉を使うことが多い。
ドミシルのシュニッツェルは、豚肉使用。

これぞ本場仕様のシュニッツェルだ。

Domicil Schnitzel Vienna Art (2)

意外と肉は薄めだが、ボリュームたっぷり。
現地オーストリアでも肉は薄くスライスされていることが多いので、こんなもの。

豚カツに限りなく近いような気もするが、やっぱり別ものなんだよなあ。

例によって、ポテトが山盛り。
サラダ少々。でも、茹で野菜が増えているなあ。

肉とポテトを交互に喰らう。
特にポテトは無理やり腹に詰め込む感じだ。
最後は満腹で大満足。

ここのメニューはいずれもフライドポテトが満載。
とにかくポテトで腹を膨らませるというドイツ系料理の意地とプライドを感じさせてくれる。
ついでに、ザワークラフトも付けてくれたらいいのに。

日替わりメニューで腹一杯になれます。

が、残念ながら、ドリンクが高め。
コーラ50バーツ、瓶入りの水が40バーツ。
これはちょっと高いなあ。

ドイツ系らしくビールを頼んだほうがコスパは良さそう。

チャンビールなら瓶で69バーツ、グラス入りの生ビールなら65バーツだ。
ま、これだけ大量に食べてビールも飲んだら、腹が出ることは必至でしょうけどね。

営業時間は、午前10時から午後10時まで。
2号店は水曜日が休みかも。
オーストリアを感じたくなったら、DOMICILへどうぞ。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, ステーキ・洋食

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.