*

【ウォーキングストリート】新規ゴーゴー店フロッグクイーンとシャーク復活

公開日: : 最終更新日:2017/02/15 夜遊び情報

年明け以来、ひさしぶりにウォーキングストリートを訪れてみると、いくつか変化があった。
簡単にレポート。

フロッグクイーン Frog Queen

サイモンバービア群の横にひっそりと新しいゴーゴーバーがオープンしている。
1月9日夜の時点では、店頭のネオンサインは何もない。店名も表示していない。

frog-queen-3

PRボードによれば、店名はFrog Queen(フロッグクイーン)。

frog-queen-1

隣りにあるフロッグバービアの系列店なんでしょうな、たぶん。知らんけど。

とりあえず入ってみた。
長細い作りながら、横幅もあって、それほど狭隘な雰囲気ではない。天井も高め。
ちょっと高級そうなイメージを出そうとしているのだろう。
照明は、緩急を付けすぎていて、たまに目がちかちかする。

話を聞いてみると、まだオープンして5日とか。
で、毎日チェンジチェンジとか言っている。
内装にしろ外見にしろ、これから整えるということみたい。

ステージ上のダンサーは5,6人ほど。他にも待機嬢が15人ほどはいたような。
ちょっと年齢層高めの綺麗どころ(整形含む)を集めてみましたといったラインナップ。
どちらかというとファラン受けしそうな感じかなあ。LKメトロのクイーンクラブを連想させた。

でも、ママさんは、日本語ぺらぺら。元日本在住。いくつかパタヤのゴーゴーバーを転々としているみたい。
フレンドリーなママさんだし、ドリンクのたかりもないんで、わりと話はしやすいと思う。

特に目を引くダンサーは見当たらなかった。
呼び込みの一人は、日本人好みの顔立ちですね。ご本尊は現地で拝んでね。

バーファインは、ダンサーとコヨーテで異なる。
が、詳しい額を失念してしまった。
夜12時以降は、800と1200だったかなあ。12時前はそれぞれプラス500くらい。
詳細な額はママさんに聞いてほしい。
もうバーファインの額は複雑になりすぎてしまい、手におえません。その場その場できっちり確認しましょう。

ハッピアワーの有無は不明。ドラフトビールは扱っていない模様。
瓶ビール150B、コーラ110B、水90Bといったところ。

そのうちフルオープンしたら、もう一度再訪してみよう。評価はそれからということで。

(追記)
その後、ドラフトビールとハッピアワーを導入している。
Frog queen
20時半から22時まで59バーツ。以降80バーツ。

日本語が話せるママさんは移籍済み。たしかLKメトロのゴールドにいるような。

シャーク復活

ソイ15にあるスパイスクラブが、以前からの推測どおり、シャークへ改名した。

shark-1

写真ではわかりづらいけど、ソイの上にせり出している丸いネオンサインも、きちんとSHARKの文字に変わっている。

shark-2

とはいえ、中身の変化は特になし。
ステージはそのままだし、ドリンク価格体系も変わっていないようだ。

ダンサー数はちょっと増えたような印象。
レベルはあまり変わらず。

月曜日の夜12時頃の訪問だったが、客入りは上々。
しばらくすると、DJブースからママさんがアナウンスを流す。
ステージ上のダンサーが全員降りて、ステージを取り囲む。
すると20バーツの札束を持ったファラン二人がステージに登って、バラマキ開始。
乱舞する20バーツ札。飛び交う黄色い歓声と悲鳴。
楽しそうで、よろしい。

PACHAが新規オープン予定

さて、旗艦店が復活したシャークグループが、新たに大型店をオープンさせるようだ。
名前は、PACHA。
2月1日オープンという。

pacha-2

場所は、バカラの隣ですな。

つい先日までは、露店に隠れていた場所。

walking-street

現在は、ちょっとした看板がお見見えしている。

pacha-1

着々と工事進行中。
完成すれば、「ウォーキングストリート最大のゴーゴーバー」となるそうです。
バカラ、センセーションズ、サファイアクラブを越える規模となるのか。
シャークグループは勢いがあるからなあ。本当にやりかねないな。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

walking-street-201612

2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王崩御から30日の娯楽自粛期間は

記事を読む

MPナタリー (2)

ひさしぶりのMPナタリーは、やはり極上のラインナップだった

バンコクのホイクワンにある、超有名お風呂屋さんナタリー(Nataree)を久々に訪れてみた。 たぶ

記事を読む

ビエンチャンソクサイフォンホテル

とにかく若い!ビエンチャン夜遊び風俗最新情報2016年1月。ラオンダオ1・2、ソクサイフォン、帝豪(ティハウ)ホテル。

2016年1月、実際に訪れたラオス・ビエンチャンの最新夜遊び風俗情報をどうぞ。 それほど目新しい店

記事を読む

Heaven Gentleman's lounge (1)

ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていった先にあるのが、ジェントルマン

記事を読む

korat-mp-6

コラート夜遊び情報2016年最新版。MP、古式按摩などなど。

コラート(ナコンラチャシーマー)の夜遊び状況を2日間に渡って調査してきた。 2012年から13

記事を読む

Thepprasit soi8

テパシット・ソイ8のローカル置屋の現状レポート2017年5月

昨晩の夜8時過ぎ、テパシットソイ8のローカル置屋をのぞいてきた。 過去レポートはこちら。 ⇒

記事を読む

ビーチクラブ

【昨晩のウォーキングストリート】改装後のビーチクラブとインフィニティ、あとバカラ

一週間ぶりにウォーキングストリートへ足を運んでみた。 深夜0時半頃だったが、客足は多い。

記事を読む

禁酒日のウォーキングストリート (1)

意外と営業店舗多し。昨晩、禁酒日のウォーキングストリート、ゴーゴーバーの様子。

昨日、2月22日はマカブーチャというタイの仏日だった。 酒類販売が禁止。いわゆる禁酒日だ。

記事を読む

nana-plaza-1

バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットの現状レポート

パタヤの夜遊びに関しては、ほぼ復活している。 では、バンコクはどうなのか? 一昨日の夜、スクンビ

記事を読む

Walking street 201704 Palace

GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリートへ出向いてきた。 LKメ

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑