*

イスラエル料理レストラン「JASMINE」のブレックファースト125バーツ

公開日: : グルメレポート


ソイブッカオの南側には、なぜかは知らないが、イスラエル系の店やゲストハウスが多い。

この旅行代理店も、看板がヘブライ文字となっている。

jasmin-israel-restaurant-8

あまり目立たないけれど、イスラエル国籍者に限らずユダヤ系旅行者や在住者は、パタヤに少なからず存在しているようだ。

旅行代理店の隣には、イスラエル料理レストランのJasmineがある。

jasmin-israel-restaurant-7
タイ人店員に聞いてみると、たしかに「アーハーン イスラエリ」とのこと。
イスラエル料理かあ。
わたしはイスラエルを訪問したことあるけれど、ずいぶん昔の話だし、あんまり何を食べたか覚えていない。
オリーブオイルを使った地中海料理が多かったような。パエリアもあったような。
ゴルゴダの丘とか嘆きの壁とか岩のドームなんかはよく覚えているだけど。

SPONSOR LINK

ジャスミンのブレックファースト

jasmin-israel-restaurant-5

ブレックファースト125バーツの看板が目に入ったので、とりあえず食べてみた。
たぶんイスラエル料理とは関係ないだろうけど。

jasmin-israel-restaurant-6

店内はエアコンが効いている。
屋外席は喫煙可能。

屋外席からの眺め
jasmin-israel-restaurant-1

まずはコーヒー。これは定番のBON CAFEですな。可もなく不可もなく。

jasmin-israel-restaurant-2

本体
jasmin-israel-restaurant-3

ずいぶんと見本写真と違うようですが。

卵が二つ。
ベーコンはまずまず。
タコさんを彷彿とさせるウィンナーは、あきらかな既製品で今ひとつ。味はタコさんウィンナーレベル。
トーストは小さめだが、風味があっておいしい。
豆はいたって普通。
見本写真にあるサラダはどこへ行ったのか?

jasmin-israel-restaurant-4

この内容で125バーツならリピートは無いかな。
80バーツか90バーツが妥当なところ。

その他のメニュー

israel-restaurant-jasmine-menu-1

やはり地中海料理が多いようだ。
トマトをよく使っているみたい。
アラブ料理同様、豆を使った料理も多い。

シュニッツェルなんかも扱っている。

israel-restaurant-jasmine-menu-2

これは、東欧系アシュケナジム移民の影響だろうか。つまり、東ヨーロッパ出身のユダヤ人が好んで食べる料理ね。かのアインシュタインもアシュケナジムの一人。
でも、メニューの説明がヘブライ語だけというのは勘弁願いたい。せめて英語も併記してほしい。サンドイッチ系はおいしそうなんだが、まったく何が何だか。

israel-restaurant-jasmine-menu-3

タイ料理は英語表記だけだし、どこかずれているなあ、このメニューは。

 

ローマ帝国によって古代ユダヤ王国が滅亡してから現代イスラエル国家が建設されるまで約2000年間、ユダヤ人は世界中をさまよってきた。
一般論としては、まとまったユダヤ人社会がないのは、世界の中で日本だけとさえ言われる。

日本ではめったにお目にかかれないイスラエル料理だが、パタヤでは気軽に食べることができる。
興味がある人は、イスラエル料理レストラン「JASMINE RESTAURANT」へどうぞ。

地図

営業時間は、8時から23時まで。

SPONSOR LINK

関連記事

ハーバーパタヤ (27)

ハーバーパタヤは、パタヤの新ショッピングモール。マックスバリュもあるよ。

パタヤカン沿いに新しくオープンした大型ショッピングモール、ハーバーパタヤを訪問してきた。 地下

記事を読む

i-rovers-pattaya-breakfast-3

ソイLKメトロ、i-roversのブレックファーストがうまい。スモール99B、大盛り129バーツ。

ソイLKメトロは、ファラン向けのゲストハウスが何軒も並んでいる。 1階部分はバー&レストランに

記事を読む

パタヤタイのクィティアオ屋 (6)

パタヤタイ、トゥッコム裏手のクイティアオ屋

今回のパタヤローカルグルメレポートはパタヤタイにあるクィティアオ屋。 ここも読者さんからいただ

記事を読む

ルアットムークンシーのクイティアオ

もつスープのルアットムークンシーで、あえてクイティアオを食べてみる

パタヤカンにある有名なモツスープ(クイジャップ)のレストラン、ルアットムークンシー。 数年前に

記事を読む

カオピヤック (1)

カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

アジアといえば麺料理である。 日本、中国、タイ、ベトナム、いたるところで麺料理を食べることがで

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

イサーン屋台 ラーブムー(3)

ラーブムー。ソイレンキー入り口のイサーン屋台がうまい。

ナムトックムーにつづいて、イサーン料理のご紹介。 今回は、ラーブムー。 ラー

記事を読む

カイヨーマー

カイヨーマー(ピータン)入りのジョークを食べよう

ジョークといえば、タイのおかゆ。 米粒の形がなくなるほど、どろどろに煮込まれている。

記事を読む

ブッカオ沿いイサーン屋台 (1)

ソイブッカオ沿いの新しい屋台群のイサーン料理屋。トムセーブがうまい。コームーヤーンもあるよ。

ソイブッカオの通り沿いに新しい固定屋台群ができている。 場所は、LKメトロから行くなら、北へ向

記事を読む

FRYDAYのフィッシュバーガー (2)

FRYDAYのフィッシュバーガー&チップス、99バーツ

以前紹介したフィッシュ・アンド・チップスの名店「FRYDAY」。 場所は、ソイニュープラザ内で

記事を読む

アドステア

アドステア

Working girl (1)
パタヤソイ6のゴーゴーバーめぐりをしてみた。ドールズ、ワーキングガール、パッション。

ちょっと気が向いたので、夕方6時半頃にソイ6へ。 ちょう

Baht bus in soi buakhao (2)
【パタヤのソンテウ2017年】新ルートと新ルール施行。でもほとんど現状維持。

2016年末から2017年初頭にかけて、いろいろと錯綜しているパタ

Walking_street
パタヤで友人たちと合流。初パタヤの初ウォーキングストリート。

沈没日記3 パタヤへ シーロムでタニヤ嬢と一夜の逢瀬を楽しんだあと

Sutus court room (2)
ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)
ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6

→もっと見る

PAGE TOP ↑