*

タイでコンタクトレンズを購入する第二弾。一ヶ月使い捨て6枚入りで550バーツ。

公開日: : プチ情報・便利帳


タイのコンタクトレンズは安い。

前回紹介したものがこちら。

DUNA Life
タイの使い捨てコンタクレンズDUNA (1)
関連記事:タイ・パタヤで使い捨てコンタクトレンズを購入。DUNAマンスリータイプ2ヶ月分で180バーツ。

一箱180バーツ。1ヶ月使い捨てタイプ。
一箱に2枚入っており、2ヶ月使える。
両目なら、360バーツで2ヶ月。両目1ヶ月分で180バーツだから、540円ほど。そう考えると、かなり安い。

その後、長く使っていたが、わたしの使用法が悪かったのか、目が炎症を起こすようになり一度使用中止。
目が治ってからまた使い始めたが、今度はきっちり洗浄するようにして、問題なく使えた。
また、実際に毎日使用していると、かなりへたってくる。だいたい2,3週間で交換するようにしていた。

SPONSOR LINK

DUNA S

手持ちがなくなったので、新たに購入しようと、パタヤのメガネ屋さんへ。

タイのメガネコンタクレンズ屋CHROEN OPTICAL

パタヤ市内、いやタイ各地に数多く店舗展開しているTOP CHAROEN OPTICAL。

が、あいにくと、在庫切れ。
すると、別のコンタクトレンズを薦められた。

こっちのほうが目には良いとか言っていた。

contact-lens-in-thailand-1

同じく、DUNAという銘柄だ。
DUNA Sと書いてある。

DUNA Lifeの上位版なのだろうか。

これも1ヶ月利用可能で、一箱550バーツ。
でも、一箱6枚入りなので、1枚あたり90バーツちょっと。
以前のものと大差ない。

じゃあ、これで。

せっかくの機会だ。視力検査もしてもらう。
店の奥に検査場があって、やり方は日本と同じシステム。
黒の金属フレームメガネに丸レンズを差し込んでいって、調整するやつね。
一番見やすい度数に変更してもらった。

中には個別包装されたレンズが6枚。

(この画像は、すでに3枚使用済み。)
contact-lens-duna-2

パッケージ裏側には、各国言語で何やら書いてある。

英語:Tinted soft contact lenses in buffered saline

まあ、液体に入ったソフトコンタレンズってことですね。
ヨーロッパ向けに作らているのか、ポーランド語があるのに、中国語や日本語は載っていない。

実際の使用感

DUNA Lifeよりも、レンズは薄いかも。
装着感は、DUNA Lifeよりも上。ごわごわしない。
うん、悪くないね。

わたしの使用パターンとしては、夕方から深夜までの装着が多い。

だいたい数時間後には、かなり乾燥してくる。
コンタクト用の目薬がないと、視界がぼやけることがたびたびあった。

バイクに乗るせいで、乾燥しやすく汚れも付着しやすいのかもしれない。
対向車のライトの乱反射でほとんど視界が効かなくなることがあって、わざわざ停車して目薬を差すこともあった。
目薬をさすと、すぐに回復する。

前回の教訓を活かして、毎日きちんと洗浄するようにした。
コンタクトレンズ洗浄液は、街角の薬局屋で、日本と同じものがたくさん売ってます。しかも安い。
おかげで目のほうは快調。

contact-lens-in-thailand-2

ただ、DUNA Lifeと同じで、やっぱり1ヶ月は持ちませんね。
無理やり使えないこともないだろうが、3週間くらいで、かなりへたってきて、装着してもすぐに外れてしまったり、目に違和感が出ることがあった。
こんな時は、無理に利用を継続せず、あっさりと新品に変えるようにした。

そんなわけで、6枚入りで本来なら6ヶ月使えるはずだが、実際に毎日使うとなると、4ヶ月か5ヶ月くらいしか持ちません。
それでも、両目で1100バーツ。約3300円。

今回購入したDUNA Sのほうが、DUNA Lifeよりも気に入りましたね。
しばらくは、こいつを愛用してやろうかと。

うまく付き合ってやれば、充分使えます。

(注意)
この記事はあくまで個人の使用実感を記載したものです。
コンタクトレンズお買い上げの際は、医師並びに専門家のアドバイスを仰ぐようにしてください。
眼科医の読者の方いわく、ワンデイ以外は薦められないとのことです。
ご使用の際は、ご自身の判断でお願い致します。

タイでは、日本のようなコンタクトレンズ専用目薬は入手しづらい。
あるにはあるけれど、容量が少ない上に割高。
目薬だけは日本で購入しておきましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

散髪屋 (1)

パタヤの散髪屋は100バーツへ値上げ。それでも安くて早くて便利だよ。

恒例のパタヤで散髪をしてきた。 パタヤの大衆理髪店では、80バーツが定番プライスだった。

記事を読む

スクートSCOOT TZ297搭乗記 (11)

関空発バンコク行きSCOOT(スクート)TZ297便搭乗記。飛行時間は6時間だった。

2015年より運行がはじまったSCOOTによる大阪・バンコク便、TZ297。 この便は

記事を読む

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_111516_012239_am

Agodaのポイントマックス利用で宿泊すれば航空会社マイレージが貯まる。最大1万マイル。エアアジアでもオッケー。

いつの間にか、Agodaがポイントマックスという新しいサービスを始めている。 これは、Ag

記事を読む

イミグレーション (12)

タイ、ノービザ入国での30日滞在期間延長申請のやり方。パタヤのイミグレーションオフィス。

現在、日本人がタイへビザなしで入国した場合の滞在期限は空路陸路問わずに30日。 今回、わたしは

記事を読む

ドミノゲーム (1)

バービアでのドミノゲームのルールと遊び方

バービアでのゲーム遊びといえば、サイコロゲーム(ジャックポット)や四目並べ(コネクティン

記事を読む

バンコク銀行

タイで海外キャッシング。バンコク銀行でJCBカードを使えばATM手数料無料。

海外旅行で頭を悩ませる問題の一つが両替と現金の管理。 昔、バックパッカーを

記事を読む

KIXエアポートラウンジ (12)

関西国際空港「KIXエアポートラウンジ」は意外と使える。しかもJCBゴールドなら2時間無料。

関空の一般エリアにあるKIXエアポートラウンジを利用してみた。 ここは、チェックイン前に時間を

記事を読む

Pattaya Klang swimming pool near @mind (2)

アットマインドプレミアスイート近くの私営プールを利用してみた。1日50バーツ。

今回友人2人が宿泊しているのは、パタヤカンソイ12にある、アットマインドプレミアスイートホテ

記事を読む

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

スワンナプーム発エアポートバス値下げ (1)

スワンナプーム空港発パタヤ行きエアポートバスが122バーツに値下げ

スワンナプーム空港からパタヤへ直行するには、ルンルアン社のエアポートバスが一番安くて便利。 ス

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑