*

タイでコンタクトレンズを購入する第二弾。一ヶ月使い捨て6枚入りで550バーツ。

公開日: : プチ情報・便利帳


タイのコンタクトレンズは安い。

前回紹介したものがこちら。

DUNA Life
タイの使い捨てコンタクレンズDUNA (1)
関連記事:タイ・パタヤで使い捨てコンタクトレンズを購入。DUNAマンスリータイプ2ヶ月分で180バーツ。

一箱180バーツ。1ヶ月使い捨てタイプ。
一箱に2枚入っており、2ヶ月使える。
両目なら、360バーツで2ヶ月。両目1ヶ月分で180バーツだから、540円ほど。そう考えると、かなり安い。

その後、長く使っていたが、わたしの使用法が悪かったのか、目が炎症を起こすようになり一度使用中止。
目が治ってからまた使い始めたが、今度はきっちり洗浄するようにして、問題なく使えた。
また、実際に毎日使用していると、かなりへたってくる。だいたい2,3週間で交換するようにしていた。

SPONSOR LINK

DUNA S

手持ちがなくなったので、新たに購入しようと、パタヤのメガネ屋さんへ。

タイのメガネコンタクレンズ屋CHROEN OPTICAL

パタヤ市内、いやタイ各地に数多く店舗展開しているTOP CHAROEN OPTICAL。

が、あいにくと、在庫切れ。
すると、別のコンタクトレンズを薦められた。

こっちのほうが目には良いとか言っていた。

contact-lens-in-thailand-1

同じく、DUNAという銘柄だ。
DUNA Sと書いてある。

DUNA Lifeの上位版なのだろうか。

これも1ヶ月利用可能で、一箱550バーツ。
でも、一箱6枚入りなので、1枚あたり90バーツちょっと。
以前のものと大差ない。

じゃあ、これで。

せっかくの機会だ。視力検査もしてもらう。
店の奥に検査場があって、やり方は日本と同じシステム。
黒の金属フレームメガネに丸レンズを差し込んでいって、調整するやつね。
一番見やすい度数に変更してもらった。

中には個別包装されたレンズが6枚。

(この画像は、すでに3枚使用済み。)
contact-lens-duna-2

パッケージ裏側には、各国言語で何やら書いてある。

英語:Tinted soft contact lenses in buffered saline

まあ、液体に入ったソフトコンタレンズってことですね。
ヨーロッパ向けに作らているのか、ポーランド語があるのに、中国語や日本語は載っていない。

実際の使用感

DUNA Lifeよりも、レンズは薄いかも。
装着感は、DUNA Lifeよりも上。ごわごわしない。
うん、悪くないね。

わたしの使用パターンとしては、夕方から深夜までの装着が多い。

だいたい数時間後には、かなり乾燥してくる。
コンタクト用の目薬がないと、視界がぼやけることがたびたびあった。

バイクに乗るせいで、乾燥しやすく汚れも付着しやすいのかもしれない。
対向車のライトの乱反射でほとんど視界が効かなくなることがあって、わざわざ停車して目薬を差すこともあった。
目薬をさすと、すぐに回復する。

前回の教訓を活かして、毎日きちんと洗浄するようにした。
コンタクトレンズ洗浄液は、街角の薬局屋で、日本と同じものがたくさん売ってます。しかも安い。
おかげで目のほうは快調。

contact-lens-in-thailand-2

ただ、DUNA Lifeと同じで、やっぱり1ヶ月は持ちませんね。
無理やり使えないこともないだろうが、3週間くらいで、かなりへたってきて、装着してもすぐに外れてしまったり、目に違和感が出ることがあった。
こんな時は、無理に利用を継続せず、あっさりと新品に変えるようにした。

そんなわけで、6枚入りで本来なら6ヶ月使えるはずだが、実際に毎日使うとなると、4ヶ月か5ヶ月くらいしか持ちません。
それでも、両目で1100バーツ。約3300円。

今回購入したDUNA Sのほうが、DUNA Lifeよりも気に入りましたね。
しばらくは、こいつを愛用してやろうかと。

うまく付き合ってやれば、充分使えます。

(注意)
この記事はあくまで個人の使用実感を記載したものです。
コンタクトレンズお買い上げの際は、医師並びに専門家のアドバイスを仰ぐようにしてください。
眼科医の読者の方いわく、ワンデイ以外は薦められないとのことです。
ご使用の際は、ご自身の判断でお願い致します。

タイでは、日本のようなコンタクトレンズ専用目薬は入手しづらい。
あるにはあるけれど、容量が少ない上に割高。
目薬だけは日本で購入しておきましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

ぶっかけ飯屋1

長期貧乏滞在者の強い味方。ブッカオ市場のぶっかけ飯屋。

【ブッカオの市場】 タイ語で市場はタラートという。 ソイブッカオには大きな市場が2つある

記事を読む

シーシャ

タイ・パタヤのシーシャ事情と電子タバコ

パタヤのシーシャ事情 シーシャとは、いわゆる水タバコのこと。 アラブ発祥かな。 タイで

記事を読む

Aspire R3-131T-A14D (4)

Acer Aspire R3-131T-A14D/W使用実感レビュー。海外旅行・海外ノマド向けノートパソコンなのか?

2ヶ月にわたるタイ旅行で使っていたノートパソコンがこちら。 Acer Aspire

記事を読む

移動式日本式やきそば屋台

パタヤにある日本式焼きそば屋台

読者さんから質問をいただきました。 「日本の焼きそばのバイク屋台を見かけたのですが、何かご

記事を読む

ボンコットのクィティアオ屋 (2)

ソイボンコットにあるオススメのクィティアオ屋。ナムトックのスープが絶品なり。

ソイボンコット(SOI BONGKOCH)にあるクィティアオ屋がとてもおいしかったのでおすすめし

記事を読む

パタヤ雨降り2016年1月15日 (1)

【パタヤ近況】季節外れの大雨と、TTカレンシーのレート

ビエンチャンやウドンターニーのネタがたまっているため、なかなかブログ更新が追いつきませんが、わた

記事を読む

スクリーンショット_030616_073717_AM

本日朝10時からスクートがプロモ開始。バンコクまで8000円。

何かというとプロモーションばかりやっている印象のLCC、スクート(SCOOT)。 今回のプ

記事を読む

パタヤのエアアジア窓口 (3)

エアアジアなどのLCC航空券は、直接予約よりHISのほうが安いことがある

次回のタイ訪問へ向けて航空券を探していると、エアアジアもスクートもすでに安いチケットが見当たらな

記事を読む

ジェットスタープロモ201510 (2)

JETSTARがプロモーション中。台北990円、マニラ5000円、バンコク5000円など。

LCC、Jetstar(ジェットスター)がハイパーセールと称したプロモーション中。

記事を読む

ノートパソコン

次回のパタヤ沈没に向けて購入したものとソンクラーン対策

新たなるパタヤ沈没に向けて、日本にいる間にいろいろと買い物しておくことにした。 ノートパソコン

記事を読む

アドステア

アドステア

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑