パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

プチ情報・便利帳

タイ・パタヤで使い捨てコンタクトレンズを購入。DUNAマンスリータイプ2ヶ月分で180バーツ。

投稿日:


普段は、常用コンタクトレンズを使っているのだが、どうにも古くなってしまい装着感が悪い。
せっかくタイにいるので、現地のコンタクトレンズを試してみたくなった。
たぶん、安いだろうし。
さすがに常用コンタクトレンズは厳しいだろうから、お手軽な使い捨てコンタクトレンズを探してみた。

場所は、パタヤ、いつものソイブッカオ。
なんでも揃いますな、ブッカオで。

SPONSOR LINK



タイの眼鏡屋でのコンタクレンズの買い方

まずは、てきとうな店に入ってみる。
メガネ屋さん、特にOpticalという店名が掲げられているなら、たいがいコンタクトレンズも扱っているようだ。

I am looking for disposable contact lens.

と、使い捨てコンタクトレンズを探していることを伝える。外国人の多いエリアのメガネ屋では、普通に英語が通じる。

(タイでは、日本と同じで、コンタクトレンズのことを日常用語としてはコンタクトと略している。「サイ コンタクト」で、コンタクトを装着するという意味になる。)

タイプは、二つあると説明された。

デイリータイプとマンスリータイプ。

デイリータイプが一ヶ月分で二箱900バーツほど。
マンスリータイプ(毎日取り外して保存液に入れておく)が二箱で700バーツほど。これは、洗浄液や保存液も合わせた値段。

うーん、相場がさっぱりわからない。それに保存液はすでに持っているから不要だな。やけに洗浄液込みで売り込んでくるし。

あと、できれば一週間連続装着可能な使い捨てコンタクトレンズの値段も知りたい。

2軒目でさらに調査。
タイ各地あるチェーン店、「TOP CHAROEN OPTICAL」。場所は、ブッカオのバンコク銀行支店前あたり。

タイのメガネコンタクレンズ屋CHROEN OPTICAL

ここも品揃えは同じだった。
デイリータイプとマンスリータイプのみ。

マンスリータイプが、一箱180バーツ(約600円)。
おお、安い。
洗浄液の売り込みはしてこないし、店員も好印象。
もう面倒だし、これでいいか。

あとは、自分の度数を伝えればオッケー。在庫があれば、その場で即買える。
わたしは、以前処方してもらった使い捨てコンタクトレンズの空箱を持参していた。
それを見せると、同じ度数のものを用意してくれた。
ほとんど会話はいらない。もちろん、処方箋も不要。診察もなし。

度数のことは、英語で「power」と表記することが多いかな。degreeでも通じると思うが。タイ語はわかりません。

日本でも同じことだけど、自分の度数を把握しておけば、海外でも簡単にコンタクトレンズは買える。

DUNA

今回購入した実物がこちら。

タイの使い捨てコンタクレンズDUNA (1)

DUNA Life

DUNAとは、さっぱり知らないメーカー。おそらくタイのメーカー。

裏面
タイの使い捨てコンタクレンズDUNA (2)
説明文は、英語とタイ語で併記してある。

側面には、きっちり、度数表示と有効期限が書いてある。
タイの使い捨てコンタクレンズDUNA (3)

中身がこちら
タイの使い捨てコンタクレンズDUNA (4)

ここにも度数表示と有効期限。わかりやすい。

一箱に、一ヶ月使い捨てコンタクトレンズが2枚入っている。
つまり、180バーツで、2ヶ月使えることになる。両目なら、360バーツで2ヶ月。1200円ほど。一年なら7200円か。普通のソフトコンタクトレンズを購入するより安くつきそうだ。
なくなったり、破れたりしてもダメージは少ないし。

日本の通販業者で調べてみたが、DUNA製のものは見当たらない。タイ国内限定なのかな。

レンズはやや厚めながら、サイズは小さいような気がする。
装着感は特に問題なし。違和感もない。
何日か試してみたが、目が痛くなることも激しく乾燥することもなかった。

なかなかいいんじゃないでしょうか。
ただ、近くにある文字がちょっと読みにくい気がする。距離をとれば、普通に読めるのだが。乱視の設定が合っていない、もしくは、単純に度数が合ってないだけかもしれないが。

保存液は、街角の薬局でも売っているので、まったく心配はいらない。RENUEなどの有名メーカーものが売っている。
保存ケース付きの100mlサイズの小さなもので90バーツくらいだったような。100mlくらいの容器なら、機内持ち込み可能のはずなんで、常に携行可能かと思う。

なお、常用のソフトコンタクトレンズやハードコンタクトレンズの取り扱いは不明。
2軒しか調査していないが、ざっと品揃えを見た感じでは、どこにも見当たらなかった。
また、以前見かけた1週間連続装用タイプは結局見つけられなかった。たしか、一箱450バーツくらいだったはずのだが(パタヤアベニュー1階のメガネ屋さんで見かけた)。

また、日本で有名なワンデーアキュビューもタイでは見かける。輸入品となり、値段はやや高めのようだ。これなら安心かも。ただ、日本国内の通販で買ったほうが安いかもしれないが。

まとめ

タイでも使い捨てコンタクトレンズは簡単に買える。診察も処方箋も不要。しかも安い。
度数がわかっていれば、即購入可能。不明な場合は、現地で調べてくれるはずだ。

今回購入したDUNAは、装着感も問題なし。
でも、それほど高品質なものではないので、日本の眼科で検査したうえ自分の目に合ったコンタクトレンズを処方してもらうのが一番。
旅行中に急遽必要になった時の代用品としては申し分ないと思う。
わたしはしばらく使い続けるつもり。

また、コンタクト用の目薬も薬局で売っているが、正直、量は少ないのに値段は高い。しかも清涼感がなくて、さしてもあまり気持ちが良くない。

現地調達が基本スタイルのわたしですが、目薬だけは日本から必ず持参するようにしている。
この手のものは、日本製が一番です。

SPONSOR LINK

-プチ情報・便利帳

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.