*

タイ・パタヤで使い捨てコンタクトレンズを購入。DUNAマンスリータイプ2ヶ月分で180バーツ。

公開日: : プチ情報・便利帳


普段は、常用コンタクトレンズを使っているのだが、どうにも古くなってしまい装着感が悪い。
せっかくタイにいるので、現地のコンタクトレンズを試してみたくなった。
たぶん、安いだろうし。
さすがに常用コンタクトレンズは厳しいだろうから、お手軽な使い捨てコンタクトレンズを探してみた。

場所は、パタヤ、いつものソイブッカオ。
なんでも揃いますな、ブッカオで。

SPONSOR LINK

タイの眼鏡屋でのコンタクレンズの買い方

まずは、てきとうな店に入ってみる。
メガネ屋さん、特にOpticalという店名が掲げられているなら、たいがいコンタクトレンズも扱っているようだ。

I am looking for disposable contact lens.

と、使い捨てコンタクトレンズを探していることを伝える。外国人の多いエリアのメガネ屋では、普通に英語が通じる。

(タイでは、日本と同じで、コンタクトレンズのことを日常用語としてはコンタクトと略している。「サイ コンタクト」で、コンタクトを装着するという意味になる。)

タイプは、二つあると説明された。

デイリータイプとマンスリータイプ。

デイリータイプが一ヶ月分で二箱900バーツほど。
マンスリータイプ(毎日取り外して保存液に入れておく)が二箱で700バーツほど。これは、洗浄液や保存液も合わせた値段。

うーん、相場がさっぱりわからない。それに保存液はすでに持っているから不要だな。やけに洗浄液込みで売り込んでくるし。

あと、できれば一週間連続装着可能な使い捨てコンタクトレンズの値段も知りたい。

2軒目でさらに調査。
タイ各地あるチェーン店、「TOP CHAROEN OPTICAL」。場所は、ブッカオのバンコク銀行支店前あたり。

タイのメガネコンタクレンズ屋CHROEN OPTICAL

ここも品揃えは同じだった。
デイリータイプとマンスリータイプのみ。

マンスリータイプが、一箱180バーツ(約600円)。
おお、安い。
洗浄液の売り込みはしてこないし、店員も好印象。
もう面倒だし、これでいいか。

あとは、自分の度数を伝えればオッケー。在庫があれば、その場で即買える。
わたしは、以前処方してもらった使い捨てコンタクトレンズの空箱を持参していた。
それを見せると、同じ度数のものを用意してくれた。
ほとんど会話はいらない。もちろん、処方箋も不要。診察もなし。

度数のことは、英語で「power」と表記することが多いかな。degreeでも通じると思うが。タイ語はわかりません。

日本でも同じことだけど、自分の度数を把握しておけば、海外でも簡単にコンタクトレンズは買える。

DUNA

今回購入した実物がこちら。

タイの使い捨てコンタクレンズDUNA (1)

DUNA Life

DUNAとは、さっぱり知らないメーカー。おそらくタイのメーカー。

裏面
タイの使い捨てコンタクレンズDUNA (2)
説明文は、英語とタイ語で併記してある。

側面には、きっちり、度数表示と有効期限が書いてある。
タイの使い捨てコンタクレンズDUNA (3)

中身がこちら
タイの使い捨てコンタクレンズDUNA (4)

ここにも度数表示と有効期限。わかりやすい。

一箱に、一ヶ月使い捨てコンタクトレンズが2枚入っている。
つまり、180バーツで、2ヶ月使えることになる。両目なら、360バーツで2ヶ月。1200円ほど。一年なら7200円か。普通のソフトコンタクトレンズを購入するより安くつきそうだ。
なくなったり、破れたりしてもダメージは少ないし。

日本の通販業者で調べてみたが、DUNA製のものは見当たらない。タイ国内限定なのかな。

レンズはやや厚めながら、サイズは小さいような気がする。
装着感は特に問題なし。違和感もない。
何日か試してみたが、目が痛くなることも激しく乾燥することもなかった。

なかなかいいんじゃないでしょうか。
ただ、近くにある文字がちょっと読みにくい気がする。距離をとれば、普通に読めるのだが。乱視の設定が合っていない、もしくは、単純に度数が合ってないだけかもしれないが。

保存液は、街角の薬局でも売っているので、まったく心配はいらない。RENUEなどの有名メーカーものが売っている。
保存ケース付きの100mlサイズの小さなもので90バーツくらいだったような。100mlくらいの容器なら、機内持ち込み可能のはずなんで、常に携行可能かと思う。

なお、常用のソフトコンタクトレンズやハードコンタクトレンズの取り扱いは不明。
2軒しか調査していないが、ざっと品揃えを見た感じでは、どこにも見当たらなかった。
また、以前見かけた1週間連続装用タイプは結局見つけられなかった。たしか、一箱450バーツくらいだったはずのだが(パタヤアベニュー1階のメガネ屋さんで見かけた)。

また、日本で有名なワンデーアキュビューもタイでは見かける。輸入品となり、値段はやや高めのようだ。これなら安心かも。ただ、日本国内の通販で買ったほうが安いかもしれないが。

まとめ

タイでも使い捨てコンタクトレンズは簡単に買える。診察も処方箋も不要。しかも安い。
度数がわかっていれば、即購入可能。不明な場合は、現地で調べてくれるはずだ。

今回購入したDUNAは、装着感も問題なし。
でも、それほど高品質なものではないので、日本の眼科で検査したうえ自分の目に合ったコンタクトレンズを処方してもらうのが一番。
旅行中に急遽必要になった時の代用品としては申し分ないと思う。
わたしはしばらく使い続けるつもり。

また、コンタクト用の目薬も薬局で売っているが、正直、量は少ないのに値段は高い。しかも清涼感がなくて、さしてもあまり気持ちが良くない。

現地調達が基本スタイルのわたしですが、目薬だけは日本から必ず持参するようにしている。
この手のものは、日本製が一番です。

SPONSOR LINK

関連記事

スクリーンショット_012316_030457_PM

【パタヤ近況】タイにも寒波襲来?パタヤの夜は肌寒い

ただいま、タイ時間1月25日の深夜4時ころ。 部屋の中では短パン半袖で大丈夫ですが、その格好で

記事を読む

ヒルトンパタヤ・ホライズン (7)

HILTON PATTAYAの屋上ラウンジ「HORIZON ホライズン」

つい先日、ヒルトンホテルパタヤの屋上にあるラウンジ「HORIZON」に行ってみた。 ここから眺

記事を読む

スマフォ機種変更 (1)

AISの格安スマートフォンLAVA iris353をレビュー。タイで購入したスマフォ設定の注意点など。

旧型のサムスンギャラクシーがちょこちょこフリーズを起こして使い物にならなくなってきたので

記事を読む

sandal

タイ旅行は足元から。ビルケンシュトックのサンダルは頑丈で歩く人向け。

つい先日のこと、3年以上に渡り愛用してきたサンダルがついにご臨終を迎えた。 このサンダルで、パ

記事を読む

ブッカオ火金市場 (1)

ソイブッカオの火金市場。安い衣料とローカル気分を求めるならここへ。

ソイブッカオの南端で、火曜日と金曜日限定で開かれる大型市場。 テパシットの週末ナイトマーケット

記事を読む

ボンコットステーキ屋 (6)

ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

以前より気になっていたソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 ようやく行く機会があったので

記事を読む

しゃぶし (1)

Shabushiは359バーツで寿司としゃぶしゃぶ食べ放題の店。シャブシ。

oishi系列店であるShabushi。 看板には「しゃぶしゃぶの寿司」と掲げている。

記事を読む

サードロードのバミー屋台jpg (1)

サードロードのバミー専門店のスープは赤くて美味いのであります。

どうも。 安くてうまい屋台を求めて、日夜パタヤをさまよい歩いております。 体重が少し増え

記事を読む

SERENOTELHOTEL2

ソイ10の新築ホテル、セレノテルパタヤ(SERENOTEL PATTAYA BEACH FRONT)

ビーチロード・ソイ10にオープンしたての新築ホテル、セレノテルパタヤ。 2015年

記事を読む

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ラヨーン人 より:

    はじめまして。
    毎日楽しく拝読させてもらってます。
    私もDUNAコンタクトを使用しています。
    ちなみにDUNAはボシュロムのブランドです。
    製造はボシュロム(アイルランド)、パッケージングはボシュロム(香港)のようです。
    …と、パッケージに書いてあります。
    余計なお世話でスミマセン。
    これからも
    ブログ楽しみにしてますので、よろしくお願いします。

    • 千夜一夜 より:

      はじめまして。コメントありがとうございます。
      ろくに説明書き読んでませんでした。なるほど、ボシュロム系ですか、それなら安心かもしれませんね。
      とにかく安いですねえ。
      これからも当ブログのご愛読のほどをよろしくお願いします。

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑