*

スリンからパタヤへ帰還。第1次イサーン遠征終了。


イサーン遠征編10

スリンからどこへ行くか?

スリンの夜。
次の行動先を考えていた。
元々の予定では、スリンからウボンラーチャターニーへ行くつもりだった。
ウボンからは、さらにイサーンを北上して、ムクダハンとかカラシンとかを経由しつつノンカーイあたりまで行こうかと。

どうしようかと思案していると、携帯電話が鳴った。
それも念のため日本から持ってきているドコモの携帯だ。
着信番号を見てみると、+66のタイの電話番号になっている。知らない番号だが心当たりはあった。

そのまま電話に出ると受信側も通話代がかかるので、タイの電話を使ってかけ直す。

案の定、日本からタイへ遊びに来た友人だった。
パタヤに着いたとのこと。
そういえば、わたしが日本を出る前に一緒に飲んだ時に、パタヤへ行くと言っていたなあ。すっかり忘れていたよ。

パタヤには2泊するとのこと。
わたしがスリンにいると言うとびっくりしていた。

さすがに、すぐにはパタヤへは帰れない。
次の日の朝のバスに乗れば、夕方にはパタヤに戻れるだろう。

せっかく日本から友人がパタヤに来てくれたのだ。
せめて一日くらいは会っておきたい。

いや、正直に言うと、ちょっとイサーンの田舎に飽きてきていたのだ。
やっぱり、パタヤが恋しくなった。

明日の朝のバスがあればパタヤ帰還。バスがなければ、イサーン遠征続行。
この方針に決めた。

SPONSOR LINK

スリンからパタヤへのバス

翌朝。
スリンバスターミナルへ。

surin-to-pattaya-bus-8

前日のうちに、ナコンチャイエアの時刻表は調べてあった。
ラヨーン行きのバスに乗ればパタヤへ直接戻れる。

スリン発ナコンチャイエアの時刻表
surin-to-pattaya-bus-9

ラヨーン行きは、1日6便。パタヤで途中下車すればいい。

(バンコク行きは1日10便もある)

狙いは、8時35分発のラヨーン行き。GOLDクラスなので、かなり快適な座席のはずだ。シルバークラスは遠慮したい。

7時50分頃、ナコンチャイエアの窓口へ。
残念ながら、チケットは売り切れとのこと。しかも、この日のラヨーン行きは夜行便以外すべて満席だという。
さすが一番人気のナコンチャイエアだ。事前予約は必須だなあ。

どうしたもんだろうと、うろうろしていると、客引きのおじさんがパタヤ行きバスを案内してくれた。
まず連れて行かれたのは、イエローバス。ムクダハンから出ているバスだな。
が、出発は午前11時過ぎになるという。

「ヤーク パイ トンニー(今、行きたいんだ)」と強調すると、おじさんはわかったわかったと、ターミナルの外れにある乗り場へ連れて行ってくれた。

surin-to-pattaya-bus-11

ああ、これは、SMK(シーモンコン)だな。
パタヤからコラートまで乗ってきたバス会社だ。

関連記事:パタヤからコラートへの行き方とSMKバス。コラートからパタヤへの帰り方も。

確かにこのバスならパタヤが終点となって便利だ。

SMKチケット窓口
surin-to-pattaya-bus-12

午前8時15出発のバスチケットが購入できた。

時刻表を見ると8時半みたいだけど、チケットには8時15分と書いてある。

どうにもはっきりしないが、あとは、10時、19時、20時15分、21時、22時30分とパタヤ行きがあるみたい。

バス運賃は、373バーツ。

あれ? 安いぞ。パタヤからコラートが350バーツだったのに。
コラートからスリンはそこそこ距離があるのに、差額がたったの23バーツとは。これまたよくわからない料金設定。

でも、チケットには、500バーツって書いてあるし。
まあ、いいか。

コンビニで軽く食料を調達してから、バス車内へ。

surin-to-pattaya-bus-13

2階建ての2階席。VIPバス仕様なので、1列×2列の仕様。
わりと広くて快適だ。

車内は、がらがら。
数人しか座っていなかった。

8時10分頃、フライングで出発。
とりあえず、これでパタヤへ戻れることになった。

 

スリンからパタヤへのバスをまとめると、こうなる。

・ナコンチャイエア(Nakhonchaiair)
・イエローバス(Yellow Bus)
・シーモンコン(SMK)

ナコンチャイエアとシーモンコンの時刻表は上掲画像参照のこと。

イエローバスの時刻表とルートと料金は、ホームページで確認できる。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_110616_041038_pm
Yellewbus

これによると、ムクダハン発ラヨーン行きが1日4本。
スリン発が、11時40分、21時30分、22時25分の3本だけ。4本目のVIPバスはスリンには停車しないようだ。
午前11時40発で、パタヤ到着が20時30分。パタヤまでの所要時間は、9時間くらい。
アランヤプラテートを経由というのがおもしろい。
どんなルートなんだろうか。
今度試してみよう。

スリンからバンコクへのバス

なお、バンコク行きのバスは山ほど出ている。
おすすめは、やはりナコンチャイエア。
前売りで購入しておくべし。
(時刻表は上掲画像参照のこと)

SOMBAT TOUR(ソンバットツアー)も評価上々。
かなりのサービスぶりでわたしもお気に入り。

関連記事:ラノーンからバンコクへ10時間バス移動。ソンバットツアー(SOMBAT TOUR)社のバスは快適だった。

バンコク・スリンの時刻表
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_110616_041038_pm
http://www.sombattour.com/en/schedule/Bangkok-Surin

他のバス会社もたくさん出ているはずです。

SMKバスでスリンからパタヤまでの道のり

8時10分にスリンを出発。

さらばスリン
surin-to-pattaya-bus-10

お約束のイサーン大平原を突っ走ること3時間。

surin-to-pattaya-bus-14

コラートのお堀が見えてきた。

surin-to-pattaya-bus-15

午前11時10分。
コラート新バスターミナルで食事休憩となる。

surin-to-pattaya-bus-2

バスを降りたところで、シーモンコン地上係員が食堂まで案内してくれる。
VIPクラスなので食事は無料だ。乗車券に付いている食券は無くさないように。

surin-to-pattaya-bus-16

surin-to-pattaya-bus-1

ん?
パタヤからコラートまで350バーツで、スリンからパタヤまで食事付きで373バーツ。
やっぱり変だな、シーモンコンの料金設定は。

パタヤ・ウドンタニー間の407バスで何度も利用したVIP食堂だ。
もう利用するのは10回近いかも。

surin-to-pattaya-bus-17

本日のメニューは鶏肉のガパオでした。
あと、おやつ付き。
VIP食堂なので、水やソフトドリンクは飲み放題。

 

30分ほど休憩して、再出発となった。

おっと、コラートからけっこうな数の乗客が乗り込んできた。
ほぼ満席だよ。

このルート名物の山越え。

surin-to-pattaya-bus-3

やっぱりのろのろ運転。

午後4時半。チョンブリー郊外のバスターミナルへ。

surin-to-pattaya-bus-4

ここからシーラチャーを経由して、パタヤへ。
すでに日が暮れ始めている。

パタヤタイの手前でスクンビットをUターン。

最近オープンしたRUBBER LAND(お子様向け遊戯場です)
surin-to-pattaya-bus-5

火事で焼けてから再建したMAXムエタイスタジアム(毎週テレビ生中継してます)
surin-to-pattaya-bus-6

そしてパタヤカンからサードロードに入って、シーモンコンのバス停へ。

surin-to-pattaya-bus-7

時刻は、午後6時5分だった。

約10時間かかったことになる。
コラートからが長いんだよなあ。のろのろ運転の山越えも時間がかかるが、チョンブリーからは夕方のスクンビットを走るため、渋滞に巻き込まれやすい。おかげで時間がかかる。

まあ、しょうがない。
とにかく戻ってきたぜ、パタヤ。
なんだろうね、たった5日ほどしか離れていないのに、この帰郷感の半端なさは。
やっぱりパタヤがホームだ。

これにて、イサーン遠征終了。
いや、一旦中断と言ったほうがいいかな。第1次イサーン遠征終了ということで。
しばらくパタヤに滞在してから、またイサーン遠征を再開する。次は、ノンカイ、ウドン方面の予定だ。
イサーン攻略戦はあきらめないぜ。

SPONSOR LINK

関連記事

soi7-kebab

20歳スレンダーバービア嬢をペイパー。古き良きパタヤはまだ生きている。

パタヤ沈没日記31 パタヤ滞在残り日数はあとわずか。 この沈没日記もさらにスピードアップさせ

記事を読む

smk-bus-1

前売りチケットを買って無理やりパタヤ脱出へ

パタヤ沈没日記20 カラオケ嬢の事件から1週間近くが経過した。 彼女から何の音沙汰もない

記事を読む

mama-kimuchi

さらに続くだらだら同棲生活も、徐々に不満がたまる

パタヤ沈没日記15 ようやく友人が帰国。 深夜便だったため、夕方まで付き合う。 ジ

記事を読む

koh-chang-beerbar-1

チャン島初日夜は、20歳バービア嬢をペイバー

沈没日記9(チャン島編3) チャン島初日。 夜遊び予備調査を終えて、しばし部屋でまったり。

記事を読む

pattaya-beach-night

やっぱりイサーンよりパタヤでしょ。バービア嬢をさくっとペイバーして濃厚サービス。

パタヤ沈没日記21(後半戦スタート) イサーン遠征編10からの続きとなります。 スリンか

記事を読む

club4-pattaya-3

クラブ4でパタヤ初のバタフライ。ソイボンコットにカッレブランも移転してきたよ。

パタヤ沈没日記12 チャン島旅行からパタヤへ戻ってきて、数日は友人とだらだら過ごす。 昼

記事を読む

thai-food-7

ぐーたらイサーン娘との怠惰な同棲生活。その食事ぶりは?

パタヤ沈没日記3 もはやパタヤ沈没生活は、ぐーたらイサーン娘とのただの同棲生活と化してきた。

記事を読む

korat-ginza

コラートで日本に遭遇する。銀座、東京、大阪、そして神戸。

沈没日記イサーン遠征編2 というわけで、パタヤから6時間かけてコラートに到着。 コラ

記事を読む

chang-island-bar-beer-lady-1

チャン島2日目は、アルバイトバービア嬢をペイバーしてお持ち帰り

沈没日記10(チャン島編4) バービア嬢と朝食 チャン島二日目の朝は、20歳バービア嬢とともに迎

記事を読む

busterminal

カラオケ嬢と再会して、またもやキーキアットな生活が始まる

パタヤ沈没日記14 バンコクの友人はパタヤに2泊して帰っていった。 滞在中は2泊とも同じ

記事を読む

アドステア

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑