*

ラノーンからバンコクへ10時間バス移動。ソンバットツアー(SOMBAT TOUR)社のバスは快適だった。


アジア周遊旅行36(バンコクへ)

アジア周遊旅行もいよいよ終わりが近づいた。
ラノーンから一気にバンコクへ移動する。

宿泊しているナリンプレイスホテルからラノーンバスターミナルまでは、バイクタクシーで40バーツ。
昨晩はまったくバイタクが見つからなかったが、この時間帯はあっさりと見つかった。

SPONSOR LINK

ラノーン発バンコク行きバス

ラノーンバスターミナル

前日、ラノーンに到着した際に、バスターミナルの窓口でチケットを購入していた。

ラノーンバスターミナルチケット売り場 (1)

バス会社がいくつかあるようだ。
なんとなくバスの写真が綺麗な会社を選んでみた。
タイ語のみなので会社名はわからないが、とりあえずバンコク行きなのは確かだ。

朝8時10分発のSuperクラス。
料金483バーツ。

あと判明したが、どうやらソンバットツアー(SOMBAT TOUR)という会社のようだ。

ソンバットツアー公式HP(英語あり)
http://www.sombattour.com/

バスターミナル前でカオニャオダムと豚串

出発まで少し時間があったので、近所の屋台で買い食いすることに。
バスターミナルを出ると、学校があって、セブンイレブン前は学生たちで賑わっている。

ラノーンバスターミナル近くの屋台 (1)

屋台もたくさん出ていて、朝っぱらから串焼きの煙がもくもくと。

ラノーンバスターミナル近くの屋台 (2)

豚串屋台が人気で、学生たちに混じって、わたしも購入してみた。
豚串は1本5バーツ。

カオニャオ(もち米)は2種類。カオニャオとカオニャオダム。どちらも5バーツ。
ダムは、黒いという意味。

せっかくなのでカオニャオダムを選択。

カオニャオダムと豚串

おお、見た目はまさに赤飯だ。あずきは入っていないし、名称は黒飯だけど。
味のほうは、普通のカオニャオよりも少しあっさりしているかな。

豚串もうまい。これで合計20バーツは安なあ。
学生たちに人気なのも納得だ。

ソンバットツアー(SOMBAT TOUR)のバス

腹も膨れて、バス乗り場へ。

ソンバットツアーバス (1)

バスの前には、ホテルのベルボーイのような、きっちりした制服を着た若い男性が二人が待っていた。
チケットを見せると、荷物の預け入れから席への案内まで、懇切丁寧に導いてくれた。
しかもけっこうイケメン。まるでカラオケクラブのホストみたいだ。

ソンバットツアーバス (6)

バスは1階建てで、通常の2×2の座席配列。ピッチはかなり広めなので、窮屈感はまったくない。
しかも、ガラガラ。
全部で10人くらいしか乗っていない。
快適そのものだ。

ソンバットツアーバス (4)

ネックピロー(首まくら)が座席に置いてある。もちろんリクエストすれば毛布ももらえる。

ソンバットツアーバス (2)

バスは定刻通りに出発。

添乗員は、そのまま若い男性二人が乗り込んでいた。

スナックとドリンクのサービスが3回もあった。
おしぼりサービスも2回。
もう至れり尽くせりのサービスだ。
イケメンに給仕されたい女性の人は、ぜひどうぞ。

サービスエリアで食事

4時間ほど走ったところで、食事休憩。

ソンバットツアーサービスエリア食事 (4)

システムがよくわからなかったが、係の人がVIP用のレストランへ案内してくれた。

ソンバットツアーサービスエリア食事 (3)

同じバスの乗客と円卓を囲んでの食事となった。

中華テーブルのようにおかずをまわすことができる。

ソンバットツアーサービスエリア食事 (1)

ご飯もおかわり自由。
もちろんすべて無料。

タイ料理ばかりだけど、味はそこそこイケました。
豚肉をゴーヤで包んでスープにした料理(トムチューマラ)がうまい。

ソンバットツアーサービスエリア食事 (2)

わたしの他は全員タイ人だったけど、みんな無言でもぐもぐ食べてましたね。

バンコク南バスターミナルへ

午後5時半頃。
いよいよバスは、バンコク市内へ。

バンコク南バスターミナル (1)

雨が降ってきた。
ところどころで渋滞が起きている。

バンコク南バスターミナル (2)

バンコク南バスターミナルへ到着したのは、午後6時10分。
午前8時10分にラノーンを出発してから、ちょうど10時間の長旅となった。

しかし、苦痛はまったく感じなかった。

確かに10時間は長いけれど、乗り合いミニバン(ロットゥ)に3時間乗車するよりも遥かに楽に思える。

いやあ、いいね、ソンバットツアー。おすすめです。

今回乗ったのは、SUPERクラス。
さらに上位のSUPUREMEクラスだと、1列×2列のゆったりシート配列になるようだ。
(バンコク・ラノーン間のSUPREMEクラスの運賃は644バーツ)

あとで知り合いのタイ人に聞いてみると、ナコンチャイエアやチャンツアーよりもソンバットツアー推しの意見もあった。
この3社の長距離路線はどれも利用したことがあるけど、一番気持ちいいのはソンバットツアーだと思う。ナコンチャイエアは、若い女性添乗員がいるんで、それもいいけどね。

ソンバットツアーには、バンコク・ラノーン間の他にも路線多数。
タイの長距離バス旅行を考えている人は選択肢に入れておきましょう。

というわけで、無事にバンコク到着。
大雨の中、スクンビットへ向かわねば。

SPONSOR LINK

関連記事

ペナン島ゴールデンアップル同楽旅社あと (3)

沢木耕太郎「深夜特急」に登場するペナン島の同楽旅社は、うらぶれた娼館のまま健在だった。

アジア周遊旅行17(ペナン島編) 沢木耕太郎著『深夜特急』第2巻はペナン島が舞台となる。 フ

記事を読む

ペナン島チキンライスカオマンガイ (2)

【ペナン島はB級グルメ天国】チキンライス(カオマンガイ)、カレーラーメン、エビラーメン、ワンタンメン、ぶっかけ飯などなど一気に紹介。

アジア周遊旅行16(ペナン島編) ペナン島には合計3泊滞在した。 朝はゲストハウスの

記事を読む

マレーシアタイ国境イミグレーション (7)

ペナン島からタイ国境の街ダンノック(サダオ)へ。タイ入国イミグレーションは意外と厳しかった。

アジア周遊旅行19(タイ入国編) ペナン島で無事にタイ観光ビザを取得できた。 これで心置

記事を読む

ペナン島空港バス (5)

ペナン空港からジョージタウン・チュリア通りへはラピッドペナンのバスがおすすめ。安くて快適。

アジア周遊旅行15 シンガポールからのフライトでペナン国際空港に到着。 これから、わたし

記事を読む

シンガポールからペナン島タイガーエア (4)

シンガポールからペナン島へのフライト。タイガーエアTR2428便搭乗記。

アジア周遊旅行14 早朝6時半過ぎに、もぞもぞと起床。 ドミトリーの他の宿泊客たちはまだ

記事を読む

クラブアトランティス (1)

23歳ゴーゴー嬢をペイバーしたアンヘレス4日目の夜

アジア周遊旅行9(アンヘレス4日目) アンヘレス滞在も4日目となった。 残りは2日である。

記事を読む

ハジャイMPピンクレディ (1)

ハジャイの夜遊び風俗スポットを昼と夜に徘徊。ハジャイ夜遊び情報2016年最新版。

アジア周遊旅行23(ハジャイ夜遊び編) マレーシア野郎たちのパタヤとも言うべきダンノックをあと

記事を読む

香港141香檳大廈B座 (8)

香港の風俗ー141(香檳大廈B座)訪問レポート

アジア周遊日記3 香港・旺角の怪しいマッサージ屋見学を終えてから、尖沙咀へ戻る。 今回の

記事を読む

アンヘレスQバー

お相手探しに迷走したアンヘレス滞在最終夜

アジア周遊旅行10(アンヘレス5日目) アンヘレス滞在は本日が最終。 翌日夕方にクラーク空港

記事を読む

バンコク南バスターミナル (3)

バンコク南バスターミナルからカオサン、フアランポーン駅行きのローカルバス。地下鉄乗り換えでスクンビットへ。

アジア周遊旅行37(バンコク編) ラノーンを出発して10時間。 バンコク南バスターミナル

記事を読む

アドステア

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑