パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2016年8月~パタヤ沈没日記 イサーン遠征編

スリンってこんなところ。観光、ラックムアン、ホテル情報。

投稿日:


イサーン遠征編8

スリン(Surin)の街を散策してみた。

お隣のブリラム(Buriram)とは違い、スリンは「地球の歩き方」に掲載されている。
とはいえ、今回のイサーン遠征旅行ではガイドブックのたぐいを持ってきていない。
しいていえば、雑誌から切り取ったGダイアリー最強マップくらいだが、そもそもスリンは未掲載。
そんなわけで、スリンの街を、素の状態でふらふらしてみた。

SPONSOR LINK



スリン市街地散策

わたしが実際に歩いたルート沿いに描写していこう。

スリンバスターミナルからホテルへ

到着したのは、スリンバスターミナル。
スリンのバスターミナルは一つだけだ。迷う心配はない。

buriram-to-surin-bus-terminal-1

まずは、バスターミナルからホテルへ移動。

バスターミナル裏手に駐車場みたいな一角がある。
ここは、欧米人向けのバーとレストランが少々。

ファランコネクション(FARANG CONNECTION)
surin-5

レストラン兼バーみたいな店だ。ファランとは、タイ語で白人や欧米人のこと。
レンタルバイクとレンタカーも扱っているようだ。

路地を入っていき、寺の境内へ。

surin-6

ワットノンブア
surin-7

蓮池でタンブン(喜捨)でもしましょう。

さらに、寺の境内を抜けていく。

大通りを渡って、TESABARN 2 ROADを入っていく。

surin-8

ここにホテルがある。
The Lion Residenceというサービスアパートメントだ。

surin-9

部屋は広くて快適。すばらしい。
(以下、登場するホテルは、最後に詳しく紹介します。)

荷物を置いて、散策へ。

SIRIRUT ROAD(シリラット通り)

surin-11

スリンで一番賑やかな通りは、このシリラット通りとなる。
標識にも街のシンボルである象が乗っている。

ホテルからは徒歩数分。

道路を渡るとシリラット通りだ。
surin-10

トンタリンホテル
surin-12

少し歩くと、この街一番の巨大ホテル「トンタリンホテル(THONGTARIN HOTEL)」が右手に現れる。

surin-13

まあ、でかい。
ホテルは敷地の奥にある。

敷地内には、ビアガーデン、レストラン、カラオケ屋など。

さらに、トンタリンホテルの隣が、ディスコやパブやバーが密集する歓楽街となっている。
雰囲気は、ブリラム駅前通りの繁華街によく似ている。同じ名前のディスコもあるような。

surin-16

surin-15

道路向かい側にもローカルなパブがいくつもある。

コンビニや屋台もあって、とにかくにぎやかだ。
まあ、昼間は大人しいけど。

 

トンタリンホテル向かい側の道を西へ進むと、バスターミナルへ出られる。

このあたり、かなり狭い範囲に固まっていて、余裕の徒歩圏内。

バスターミナルのすぐそばに、わりと大きめのホテル。
スリン・マジェスティック・ホテル(SURIN MAJESTIC HOTEL)だ。

surin-29

バスターミナルには、近距離移動用と思しきソンテウが止まっていた。

surin-30

ソンテウというより、トラックだな、こりゃあ。
他にも普通のソンテウも走っていたが詳細不明。

スリン鉄道駅

surin-32

バスターミナルからスリン駅までは、せいぜい徒歩5分。
何かと便利な街だ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_110416_051001_pm

スリン(Surin)は、象祭りで有名な街。

駅前広場では、象の親子と象のゆるキャラがお出迎えしてくれる。

surin-34
surin-33

駅舎のレリーフも象をあしらっている。どれだけ象が好きなんだ。
ちなみに、スリンを中国語表記すると、素林となるみたい。わかりやすい。

surin-36

スリン駅構内
surin-35

インドなら、駅構内でもあっても神聖な牛が寝っ転がっているものだが、スリン駅に象はいなかった。

駅の北側には、何もないようだ。

駅前には、地球の歩き方にも掲載されている安宿、ニューホテル(NEW HOTEL)

surin-31

写真で見た限りでは、バルコニーもあって、ちょっとくたびれた雰囲気だ。

駅やバスターミナルの雰囲気はブリラムにそっくりだ。
というか、タイの地方都市はどこも似たような構造となっている。

駅前ないしバスターミナル周辺が栄えていて、少し離れると田舎。
まあ、世界中似たようなものか。

ラックムアン

駅前からまっすぐ延びるのは、トンサーン通り。
小さな商店が並ぶ。

ロータリーをさらに直進する。

surin-37

お寺がいくつか点在している。

はっきりしないが、おそらくワットクラン(WAT KLANG)
surin-38

その先の交差点を西へ曲がると、赤い社があった。
タイの寺というより、クメール風の作りだ。

surin-44

ラックムアンといって、その土地を護る柱が安置してあるようだ。

surin-1

説明書きがしてあるが、タイ語のためよくわからない。
調べてみると、ラックムアンはタイ各地にあるみたい。
その土地土地に合わせた社を作るようだ。

ラックムアンの斜め向かいには、老舗のメモリアルホテル
surin-2
マッサージの看板が気になるところだ。

さて、歩き疲れたので、ここいらで一休み。

スリンのおいしいラートナー食堂

ワットクラン前に、客でにぎわっている食堂があった。

具材から察するにラートナー屋のようだ。

surin-42

店の名前は、たぶん、ณ ราดหน้ายอดผักหม้อดิน

フェイスブックページによれば、ナーラートナーヨードパックと読むのか。

よくわからないが、注文は、「ラートナーミークロップムー」と言ってみた。

ミーグロップが、黄色い乾麺のことで、ムーは豚肉だ。
ラートナーとは、とろみのあるスープを麺にぶっかけた料理のこと。
「ラート」がぶっかけるとか乗せるとかいう意味で、「ナー」は顔。

土鍋に入ったラートーナが到着。よし、狙い通りのものが来た。

surin-39

写真では小さく見えるが、そこそこボリュームがある。

麺の下にしっかりとスープが入っている。

surin-40

とろみは大人しめで、とてもすっきりした味だ。
麺と豚肉とスープの相性が抜群。

ラートナーは、どうしても腹にずっしりと来てしまい、最後まで完食するのがきつい。
が、ここのラートナーは、つるっとイケた。
ひょっとしてラートナーを完食したのは、これが始めてかもしれない。
それくらいおいしかった。

メニュー
surin-41

ラートナー1人前とファンタ1本で、合計50バーツ。
ラートナーが35バーツかな。
イサーンの食事は安い。

 

腹も満たされ、これにてスリン市街地歩き終了。

ホテルへの帰り道の標識
surin-4

南の方に向かうと、象のショーが見られるスタジアムがあるみたい。

けっきょく、街中で生きた象は一匹も見なかったなあ。

やはり、象を見るなら、象祭りのシーズンにスリンへ来るべし。
スリンの象祭りは、例年は11月中旬から下旬の土日に開催される。2016年は11月19日と20日の開催予定だったが、国王崩御に伴い、延期になったとの報道もある。(このあたり、どうにもはっきりしないので、要確認です)。

スリン市街地地図

地図

一応、地図を作っておいた。

が、スリンは小さな街。
ほとんどガイドブックも地図も不要。
昼間は徒歩でオッケー。
テキトーに歩いていれば、テキトーに何かにぶち当たるでしょう。
ラートナーを紹介したように、なんとなく地元民で流行っていそうな店に入れば、おいしいローカルグルメにも当たるはずです。

次は、夜のスリンを捜索だ。
犬が出ないことを切に願う。

スリンのホテルについて

スリンのホテル事情は、かなり厳しい。
いや、正確に言うと、事前予約するとなると、かなり物件が限られてしまう。

これは、アゴダでスリンのホテルを検索した地図(少し補足を加えた)。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_110516_022052_pm

見ての通り、鉄道駅ないしバスターミナル近辺で予約できるホテルは非常に限られている。
ほんの数軒しかない。スリン全体では、約40軒。

アゴダのスリンホテル一覧

ホテル取り扱い件数が多いはずのブッキングドットコムでは、駅近くとなると、なんと1軒だけ。スリン全体でも7軒しか取り扱っていない。

トンタリン ホテル (Thongtarin Hotel)

surin-13

スリンで最も有名なホテルかも。
高級そうに見えるし、実際にスリンでは高級ホテルの部類に入るが、予約していけば1泊1000バーツほど。しかも朝食付き。
夜は、敷地内のビアガーデンで生演奏あり。隣の敷地は、ローカルパブやディスコが立ち並ぶ。
バスターミナルまで徒歩5分。鉄道駅までは徒歩10分。コンビニ至近。ホテル周辺ですべて完結する便利さ。
ここはネットで予約可能。そこそこのレベルのホテルに泊まりたければ、ここでいいでしょう。

スリンマジェスティックホテル(Surin Majestic Hotel)

surin-29

バスターミナルの隣りにあるホテル。スリンで最高級との噂。
立地条件も設備も素晴らしいが、なぜか予約サイトでの取り扱いがない。
ウォークインもしくは、直接予約で。
デラックスルームで1泊1200バーツ。

http://www.surinmajestic.com/contact.html

メモリアルホテル(Memorial Hotel)

surin-43

ラックムアンの斜め前にあるローカル向けホテル。
ファンのみ300バーツと書いてあった。エアコン付きは、たぶん500バーツくらい。
予約サイト取り扱いなし。ウォークインでどうぞ。

ニューホテル(NEW HOTEL)

surin-31

駅前にある中華系っぽい格安ホテル。バックパッカー向けでしょうかね。
ファンなしの一番安い部屋なら200バーツ以下。エアコン付きでも400バーツ程度らしい。
もちろん、ウォークインでどうぞ。

 

わたしが実際に宿泊したのは、ライオンレジデンス。
予約サイトで取り扱っている中では、料金的にもお手軽でもっともおすすめできる。
少し詳しく見ていこう。

ザ ライオン レジデンス (The Lion Residence)宿泊レポート

バスターミナルからの詳しい行き方は、上の街歩き記事と地図を参考にどうぞ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_110516_031616_pm

バスターミナルからは、ゆっくり歩いても10分かからない。地理がわかっていれば5分で行けるかも。

surin-the-lion-residence-1

ホテルというより、サービスアパートメントのような形態。
ほぼタイ人向けのようだが、看板には英語が併記してある。

surin-the-lion-residence-13

受付は英語が通じた。デポジット200B。
レセプションは売店を兼ねており、飲み物やジュースが買える。
夜間は無人となり、玄関はオートロックとなる。カードキーでドアを開ける。

surin-the-lion-residence-12

朝食は付いていないが、無料のコーヒーやクッキーが置いてある。

surin-the-lion-residence-11

VIPルームという部屋を予約した。でも、たぶん、これが一番下のグレードだと思われる。

surin-9

surin-the-lion-residence-4

広い。清潔。快適。文句なし。
ソファーもある。

ベッドの枕元は間接照明でおしゃれ。さらに窓もある。
surin-the-lion-residence-2
大きな冷蔵庫の上に、無料の水が2本。コップとトイレットペーパーと灰皿もあり。
surin-the-lion-residence-6

Wi-Fiは部屋内部でばっちり使える。もちろん無料。パスワードは室内の壁に貼ってある。

作業机がやたらと広くて使いやすい。
surin-the-lion-residence-5
テレビは、ケーブルテレビを直接操作するタイプ。チャンネル数は多い。

クローゼットもでかい。
surin-the-lion-residence-3
セーフティボックスは付いていない。これは、タイの地方都市では普通。

浴室も広い。

surin-the-lion-residence-10
surin-the-lion-residence-8

が、シャワーブースとの仕切りがない。
床は洗面台とトイレまでずぶ濡れになるタイプ。

アメニティは、小分けにされたシャンプー、コンディショナー、石鹸。
surin-the-lion-residence-9

室内禁煙ながら、バルコニー付きでなので外で吸える。

surin-the-lion-residence-7

なお、バルコニーは少々アリさんが出ます。
また、夜間は、どうしても虫が寄ってくる。なるべく灯りは付けないようにしましょう。これは、高級ホテルだろうが安ホテルだろうが、タイ全土で同じこと。
室内に虫は出ませんでした。

近所には、ローカル系のコンビニあり。
大通りに出れば、屋台も出ている。
ディスコやパブが密集するエリアまでは、徒歩5分くらい。
徒歩で遊びに行けます。

とにかく部屋が広くて快適に過ごすことができた。
何なら一ヶ月単位で借りて住みたくなったくらいだ。

これだけの設備で、1泊600バーツほどだった。

予約先がいくつもあるのも便利。
各予約サイトや日程によって価格は異なる。お好きなところでどうぞ。
わたしは、じゃらんで予約したが、チェックインの際は、バウチャーを見せずにオッケーだった。じゃらんは、実質的にエクスペディアのシステムを使っているので、「I have booking by Expedia」と告げると話が早い。ま、パスポートを見せるだけでも大丈夫のケースがほとんどだけど。

なお、じゃらんでのホテル予約時に、こんな表示が出ていた。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_092416_022037_am

宿泊料金とは別に現地で市税が徴収されるとのこと。
だが、実際に請求されることはなかった。

ザ ライオン レジデンス (The Lion Residence)予約先

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

じゃらん

他にも、ローカル向けのホテルはいくつもあるはずだが、見つけるのは面倒くさい。
象祭り、ソンクラーン、年末年始といった一大イベントがある日程以外は、どこかしら空き室があるはず。
無理に予約していかずとも、ホテルには泊まれるだろう。
が、日程が決まっているなら、あらかじめ予約していったほうが精神的にも肉体的にも楽ですね。

SPONSOR LINK

-2016年8月~パタヤ沈没日記, イサーン遠征編
-, ,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.