*

コラートのMP嬢がパタヤにやって来た

MP嬢オイ1

コラートからパタヤへ戻る

MP嬢オイちゃんとの肉欲まみれの2泊3日を終え、コラートからパタヤへ戻る。
インドネシア遠征の準備をしなくては。

日本からタイへは、キャスター付きのスーツケースに荷物を入れていた。
でも、これではインドネシア遠征に不向き。
各地を転々とするので、背負えるカバンのほうが便利だ。
久々にバックパックを購入した。
800バーツ。
バックパッカー時代を思い出す。
がぜん、やる気が湧いてきた。

パタヤでの滞在先は、この当時の定宿、ドゥアンナムイン。
もうホテルの人ともすっかり顔なじみだ。
インドネシア遠征中は、スーツケースを預かってもらうことにしていた。

ドゥアンナムイン
ドゥアンナムイン1

オイちゃんがパタヤへ突然やって来る

MP嬢オイ3

数日、パタヤでだらだら過ごす。

すると、突然、コラートのMP嬢オイちゃんから電話がかかってきた。

今、バンコクのモーチットにいる。これからパタヤへ行くナ

突然もいいところ。
まったくタチの悪い女だ。

大好き

夕方、ノースパタヤのバスターミナルに迎えに行く。
無事に再会。

で、再会を祝してとりあえず一発。
無事に祝砲を上げた。

こんなことばっかりやってるような気もするが、まあ、しょうがない。
男と女なんてそんなものだ。

エビっ子オイちゃん

エビ大好きのオイちゃんがムーガタを所望。

ノースパタヤにあるムーガタへ。
ここでもエビを食べまくるオイちゃん。

一皿食べ終わるたびに、
クン(えび)」と一言。

はは、仰せのとおりに。
シーフードを焼いているグリルのところにエビを取りに行くわたし。
金払うのこっちなのに。
ま、エビで鯛が釣れれば安いものか。

さんざんエビを食べて満足したオイちゃん。
わたしもお腹いっぱいだ。
セカンドロードのソイ1からブッカオまで、歩いて戻る。
オイちゃんが歩きたいと言ったのだ。
珍しい子だなあ。

で、夜もまた一発。
エビ好きのオイちゃんをエビ反りで悶えさせた(ウソ)。

肉欲の日が終わり、旅立ちの朝が来る

MP嬢オイ2

翌日はプールか海に行く予定だったけど、部屋でだらだら。
せっかく水着も買ってあげたのに。

飯、だらだら、ブンブン、エビ、ブンブン、だらだら、飯、ブンブン、エビ

なんて自堕落な日々なんだ。
人間が腐っていく。

最高。

でも、そろそろ旅立ちの時。
インドネシアへの出発日だ。

スワンナプーム空港までは普段ならバスを利用するが、午前中の早い便だったので、しかたなくタクシー利用。
オイちゃんも同乗。
なんでも、バンコク近郊にいる親戚に会いに行くのだそうな。
それから故郷のチェンライに帰るらしい。

スワンナプームでオイちゃんとお別れ。
オイちゃんは、そのままタクシーに乗って、親戚の家へ。
いろいろと面倒な女だけど、酒に酔わないかぎりいい女だ。
また会いたい。

後日談となるが、この2ヶ月後、わたしはチェンライを訪れた。
オイちゃんに電話してみたが、まったく繋がらず。
向こうからの連絡もなし。

完全に途絶えてしまった。

腐れ縁もあれば、一期一会もあり。
その瞬間瞬間で、楽しまないとね。

タイをあとに、一路ジャカルタへ。

(次回から、インドネアシア編スタート)


関連記事

サメット島旅行代理店

サメット島へ一緒に行くタイガールを探せ

サメット島行きの準備 コラートからパタヤへ戻る。 もちろん、K氏は彼女連れ。 S氏とわたしは一

記事を読む

ボロブドゥール

はじめてのインドネシア・シンガポール夜遊び旅行まとめ。ジャワ島横断の予算は?

インドネシアとシンガポールをめぐる今回の夜遊び旅行。 ルート、予算、夜遊びについてまとめてみた。

記事を読む

サメット島アオパイビーチ3

サメット島二日目。早くもパタヤへ戻る。バンペー埠頭からパタヤへソンテウとバスで帰る方法。

サメット島二日目の朝 南の島の朝は早い。 7時頃には起床した。 レストランに6人が集合して朝食

記事を読む

ソンクランバービア嬢

パタヤで初めてのソンクラーンを体験。ペイバー不可嬢連れ出し作戦

ゴーゴー嬢ボーちゃんとのプチ同棲生活を解消し、独り身となったわたし。 ここからは、新たな相手を

記事を読む

korat

コラートで観光とMPめぐり

ピマーイからコラートへ 本日はピマーイを離れて、コラートへ行く。 またしても、知り合いの元バービ

記事を読む

アパート2

ゴーゴー嬢とアパートでのプチ同棲生活

同棲生活のはじまり そんなわけで無事にアパート入居。 生活に必要な家具は一式そろって

記事を読む

バンドン2

バンドゥン(バンドン)の置屋街はまさに魔窟だった。地図あり。

バンドゥン(バンドン)へ さっさとジャカルタに見切りをつけ、次なる目的地へ。 向かったのは、バン

記事を読む

vientian1

ビエンチャンへ

バンビエンからビエンチャンへ バンビエンの幻の美少女をあきらめて、一路ビエンチャンを目指す。 ま

記事を読む

khonkean-lady

コンケーンの夜遊び情報とホテル(地図あり)

前回の続き。 コンケーン夜遊び情報 ホテルに戻り、一休みしてから、夜遊びスポットの捜索開

記事を読む

myanmar-flag

メーサイとタチレク。タチレクの置屋めぐりをしてみた

本日はメーサイとタチレクに挑む。 どちらも初訪問の土地だ。 昔、バックパッカーをやってい

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑